震災SNSセミナーとは?

電話は断線したら使えない。
道路は地震で崩れたら進めない。
しかし、空中を飛び交うSNSは、
物理的な制約を飛び越え、
通信する事が出来る。

これはまさに、
現代の異常気象に対する
福音

申し込み

セミナー内容

日本における地震の回数ってご存知ですか?

日本国内で人体に感じる有感地震の回数は年に1,100回以上。
これは1日あたり3~4回の割合で地震が起きているという事です。

また、昨今、「異常気象」が続発しています。
「観測史上初」とか「過去最大級」とかありすぎて
「あれ?去年も観測史上初とか言ってなかったっけ?」
と思うほど、ニュースは異常気象を伝え、
その被害を伝えるニュースは毎日のように流れます。

私が(36)が子供だった頃、台風や地震の時は、
天候に関するニュースはよく見た記憶ありますが、
ここ最近ではむしろ「天候のニュースが先」になり、
環境が大きな変遷期を迎えている事は想像に難くありません。

それらに対応するため、環境の異変を即時に、
吸収するシステムや警報の発達・・・そして、
被害時の情報伝達手段も変化を遂げてきています。

だからこそ、震災時にSNSを使う事を、
しっかりと押さえておく必要があります。

このことを、情報発信のプロとして仕事をしている私が、
2018年9月6日。北海道胆振東部大震災を経験し、
ブラックアウトの中、いかに情報を取得し、
そして発信したか。

また、その時に自治体はどう動いたか?
どういう情報をとっていけばいいのか。

そんな事をお話しさせて頂きたいと思います!

東京渋谷開催で、先日、関東で地震があり、
今九州では豪雨被害が・・・

まさに、「震災」に対する備えとして、
防災用具を整える事もそうですが、
時代の側面に見合った情報取得手段を知っておくことの、
貴重性をお伝えしたいと思います!

お申込みは下記コメントにイベントページURLあり

前回、2017年11月9日に開催したセミナーについて

メディア取材を頂きました!

朝日新聞様

HBC 今日ドキッ!

インタビュー

一回目のゲスト

株式会社ビズホープ 
代表取締役 寺田 望 

行政経験を経て、民間コンサル会社で幅広い業種の新規立ち上げに関わり広報PRを担当する。
2013年第1子妊娠中に広報企画会社ビズホープ設立、
2014年静岡県三島市に県内初の子連れOK女性起業家のためのサポートオフィス「コトリスラボ」をオープン、
デザイナーやカメラマン、翻訳家、税理士など様々な職業を持った女性70名以上が集う。
地元企業から行政からの依頼に応じてチームを組織し、
開設から4年で100件以上の販促PRや新規事業を受託している。
2016年11月にテレビ東京「ガイアの夜明け」にて取り組みが紹介される。

二回目ゲスト

株式会社ペライチ
創業者 山下 翔一氏

1983年佐賀県生まれ。広島大学大学院理学研究科数学専攻 博士課程前期修了。
2014年4月:株式会社ペライチを創業、翌年4月にペライチをリリース
2016年4月:神田昌典氏の『マーケティング白熱会議』にて登壇
■ペライチ以外の活動
『2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進
首長連合』 代表サポーター(経産省と推進)
全国2000ヶ所 2000万人を目指す『応援村(経産省連携)』 実行委員・PRリーダー
環境省主導の国家プロジェクト『地域循環共生圏プロジェクト』メンバー
真の地域活性化を目指す『一般財団法人カブジチコンソーシアム』 代表理事
『一般社団法人 ネッパン協議会(略称、名誉理事 平将明 前内閣府副大臣、
代表理事 オプトグループ CEO 鉢嶺登)』 委員長
『応援を世界のカルチャーに〜おうえんフェス〜』 発起人&会長
過去2回で4万人以上を巻き込み、10年以内に世界最大のフェスを目指す
産業界の次世代グローバルリーダーを育成する『i専門職大学』 客員教授
佐賀県有田町 顧問 他、複数自体の顧問やアドバイザー
その他20以上の企業・団体・Projectの代表・役員や顧問等を務めている。

編集画面では動画は再生されません。
出演時動画

第三回開催詳細について

日程:2019年7月10日 10:00〜12:30
参加費:5,000円。
●現地払い。

定員:16人 
場所:東京都渋谷区道玄坂1-17-9

ページ下部のボタンよりお申込みください

スピーカー

(株)DREAM-FIGHTER.STELLA
 代表取締役 関 聖二

独立するまで17回ほど転職を繰り返す。
23歳の時に、ネット通販のファッション店舗の壁を叩き、これぞ「天職」と感じ、IT業界で生きていくことを誓う。
25歳の時には店長として、楽天で月商7,000万円の売上や、4時間タイムセールの礎などを築き、楽天三木谷会長より、直に賞を頂いた実績あり。
2016年6月、個人事業主として独立。EC系コンサルタントを中核にしつつ、IT系全般のコンサルタントとして業務を請け負う。
石狩市の専従事業者として、クラウドソーシングでの女性の働き方改革支援や、クラウドファンディングを用いた地方創生セミナーなどを実施。
2017年7月、法人化し、東京のITベンチャーと協業しつつ、自らのアパレルサイトもオープン。
2018年3月に「応援を世界のカルチャーに」を合言葉の『おうえんフェス』に賛同し、発足45日間で2.3万人を巻き込んだイベントの北海道サポーターを務める。

会場


東京都渋谷区道玄坂1-17-9

会場サイトはこちら

お申し込み
★取材などのお問い合わせもコチラより★

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信