これだけは知りたい
災害時の母と子の支援

2019年7月5日(金) 13:45~16:30(開場13:20)
札幌エルプラザ4階 大研修室

NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会
災害時の乳児栄養 特別講演会

災害時、乳幼児にしっかり栄養を与えるためにはどうすればいいのでしょうか?
「意外と知らない母乳やミルクの話」

乳児栄養救援について、国内のしくみや国際ガイドラインについて学び、
自治体や地域でどのように災害時の母子支援体制を
整えていけばいいのかを考えます。

プログラム

13:20 会場
13:45 開会のあいさつ 
    瀬川雅史(医療法人社団のえる小児科院長)
14:00 「災害時小児周産期リエゾンとは?」 
    長和俊(北海道大学病院衆参母子センター診療教授)
14:30 休憩
14:45 「国際規準からみた災害時の乳児栄養支援のあり方」
    本郷寛子(東京大学院医学系研究科国際地域保健学教室客員研究員/
    母と子の育児支援ネットワーク代表/災害時の母と子の育児支援共同特別委員会代表)
16:15 質疑応答
16:30 閉会

申し込み方法

本文に「お名前、ご所属、連絡先電話番号」
件名に【災害時の母と子の支援】とご記入のうえ、下記までお申込みください。

FAX:022-725-8561
メール:info★jalc-net.jp (送信時に★を@に書き換えてください)

参加費1,000円は当日払いです(領収書を発行いたします)

募集人数:80名 事前申し込み(当日キャンセルは可能です)
準備の関係上、参加について事前登録をお願いしております。定員に達し次第事前申し込みを締め切ります。



後援
札幌市、北海道助産師会、母と子の育児支援ネットワーク、NPO法人ラ・レーチェ・リーグ日本、母乳育児支援ネットワーク