元農家が教える
「あと一品!」が

ほしい時の

野菜メニューの
とり入れ方



「今日はお肉にしよう!」と決めたものの
「やっぱり野菜も、子どもたちに食べさせなきゃ」と 思うことありませんか?

『あと一品!』を野菜で作ろうとすると
思い浮かぶのは 野菜炒めやサラダぐらい・・・。

せっかく野菜を買ったのに
いつもワンパターンのメニューになりがちな事って
多いですよね!

レシピ検索をしたり
料理本を読んだりして
作ることはできるけれど

その都度、探すのって意外と大変!!!

冷蔵庫にある野菜をみて
「サッと一品つくることができたら
いいな・・・」と思われませんか?

旬の野菜は
栄養価も高くて、リーズナブル。

ご自宅で過ごす時間が増えるこの時期、
「野菜を賢くつかって
時間もお金も節約できちゃう」 絶好のタイミングなんです。

体調管理が大切な今こそ、

育ち盛りのお子さんや
だんなさまにたっぷり野菜を食べさせて
あげたいですよね!

毎日の料理をラクにし
「ご家族の健康を守りたい!」と強く願う
お母さんのための体験会です。

体験会でお伝えさせていただくこと

旬の野菜「きゅうり」について
ミニ講義で学んで いただきながら

野菜メニューの取り入れ方を
知っていただく体験会です。

野菜1つとっても、
たくさんの種類があり

向いている料理も
向いていない料理もあること
ご存じでしたか?

メインのおかずにあわせて
どう料理したらいいのかも お伝えさせていただきますね。

今回は、 講義形式となりますので
野菜を買ったり
調味料を用意したりする手間もありません。

メインのおかずに合わせた
「野菜メニューの取り入れ方」を知り、

旬の野菜【きゅうり】を使ったカンタンメニューで
野菜料理の第一歩を踏み出すことができる。

そんな体験会をお届けします。


こんな方におすすめの体験会です!

料理がニガテ。
毎日のことだから
少しでも
ラクにできるような方法を
知りたい。
レシピ本はあるが、
5個以上の工程があると
やる気がなくなる。
こんな私でもできる料理って?
仕事をしたり、
子どもの宿題を見ていると
時間が足りない!
パッと簡単にできる料理を
知りたい。
仕事をしたり、
子どもの宿題を見ていると
時間が足りない!
パッと簡単にできる料理を
知りたい。
レパートリーが少ない。
今日も「あれでいいか・・・」と
あきらめ半分で
メニューを決めている。
テイクアウトや
デリバリーが多くて
出費がかさむ。
料理を覚えて、お金を貯めたい!
イマイチ献立が
うまく立てられない。
ストレスなく
毎日のごはんを作れるように
なりたい。
イマイチ献立が
うまく立てられない。
ストレスなく
毎日のごはんを作れるように
なりたい。

はじめまして、宍倉ゆきと申します


私は、茨城県の農家で米と野菜を育ててきました。
採れたて野菜を使った「まかないごはんづくり」も
担当し、調理した野菜は100種類超にのぼります。

また、お子さま向け料理レッスンでは
苦手な野菜を「料理しながら好きになるメソッド」を
お伝えしてきました。

農家さんが一生懸命作った野菜を
おいしく食べていただきたい。

そして野菜の特徴を知り
サッと料理ができる人を
1人でも多く増やしたい!

そんな願いをこめて
「1つの野菜から、いろいろな料理をつくるコツ」や
「野菜の美味しさを引き出す料理法」で

日々の食事をラクに、おいしく、
段取りよく作ることをお伝えしています。

継続レッスン「菜園キッチン」生徒様の声

ニガテだった料理が、楽しくできるようになりました。何よりも嬉しいのは家族からの「おいしい♪」の一言。

今までセロリを避けていた家族が、パクパク食べてくれたり「ママ、お代わり~」の声も増えたんです。

野菜の選び方も教わったので、もう迷いません。

レパートリーも増えたことも嬉しいですね! 料理が充実すると、人生のクオリティもあがる気がしています。

木下椿彩様
野菜について学びながら料理をするレッスン、よかったです。

普段は食べないようなブロッコリーの茎を活かしたり、栄養成分などを知ることは、とてもためになりました。

野菜って、料理の仕方で味が変わるので面白いですね。あの「にんじんソース」の甘さにはびっくり!!!生まれて初めて食べました
そしてニガテ野菜のたまねぎは「苦みを抜く方法」を教えてもらい、食の幅が広がりました。

カンタンでおいしい野菜料理、リピートしています。

Sam Mita様

野菜について学びながら料理をするレッスン、よかったです。

普段は食べないようなブロッコリーの茎を活かしたり、栄養成分などを知ることは、とてもためになりました。

野菜って、料理の仕方で味が変わるので面白いですね。あの「にんじんソース」の甘さにはびっくり!!!生まれて初めて食べました
そしてニガテ野菜のたまねぎは「苦みを抜く方法」を教えてもらい、食の幅が広がりました。

カンタンでおいしい野菜料理、リピートしています。

Sam Mita様

野菜が主役のお洒落なレシピで、家族そろってモリモリ食べています!!!

正直、お野菜って「付け合わせで出すイメージ」でした。食べ盛りの子どもや量がたっぷり欲しい大人でも、罪悪感もなくたくさん食べることができる料理っていいなあと。

レッスンで教えていただくメニューは、「おいしい!」と家族からも評判がいいんです。

義務感から作っていた料理も、楽しくなってきました。

うちの子、ニガテなセロリをお代わりしたんですよ~。野菜嫌いのお子さんがいるご家庭に、おすすめしたいです。
やましたちえこ様

オンラインの料理教室って、作った料理をすぐ食卓に出して家族と一緒に食べることができるんですね!

最初は少し心配でしたが、みなさんとワイワイ言いながら作るのも楽しかったですし、先生の手元をクローズアップして見ることができるのでわかりやすかったです。

自身では難易度の高かった揚げ物。
ちょっとしたコツでおいしくカンタンに作れることを知り、料理に対するハードルがひとつ下がりました。

野菜の保存方法も教えていただいたので、「特売品」をまとめて買い、賢く保存することもできるように。料理をすること自体が、楽しくなりました!

N様

オンラインの料理教室って、作った料理をすぐ食卓に出して家族と一緒に食べることができるんですね!

最初は少し心配でしたが、みなさんとワイワイ言いながら作るのも楽しかったですし、先生の手元をクローズアップして見ることができるのでわかりやすかったです。

自身では難易度の高かった揚げ物。
ちょっとしたコツでおいしくカンタンに作れることを知り、料理に対するハードルがひとつ下がりました。

野菜の保存方法も教えていただいたので、「特売品」をまとめて買い、賢く保存することもできるように。料理をすること自体が、楽しくなりました!

N様

どこでも受講ができる!
オンライン体験会

元農家が教える あと一品!が
ほしい時の 野菜メニューのとり入れ方

<開催日時>  
2021年8月29日(日)
    9月5日(日)

各日10時~11時15分  
*日本時間での開催となります。

<受講費> 事前お振込み 
¥3,300(税込)

お支払い:銀行振込

*振込先は、ゆうちょ銀行となります。
*海外の方は、ご相談ください。
*振込手数料は、ご負担をお願いしております。

<受講形態>
オンライン会議システム「ZOOM」にて開催

*「ZOOM(ズーム)」という無料アプリを利用します。
*今回の体験会では  
  調理はございません。  
  講義形式となります。

 

*パソコンかスマホがあれば オンライン会議システム 「ZOOM」を使い、
どこからでも受講することができます。

お申し込みの流れ

STEP 1
お申込みフォームを送信
フォームに沿ってご記入をお願いします。

STEP 2
登録完了メールを確認
登録完了メールが届きます。
レッスン費用のお振込み先を記載しておりますので、ご確認ください。
STEP 3
レッスン費用のお振込み
お申込み日を含め、4日以内にレッスン費用のお振込みをお願い致します。
STEP 3
レッスン費用のお振込み
お申込み日を含め、4日以内にレッスン費用のお振込みをお願い致します。

講師紹介

宍倉ゆき(シシクラユキ)

「菜園キッチン」主宰

冷凍食品業を営む父と、小学校教師の母の共働き家庭で育つ。

両親ともに電子レンジや冷凍食品を駆使した、時短料理を実践。

2008年、野菜ソムリエを取得。

社会人向け農業学校に通い理論と実践を学ぶ。

農家で、米と野菜の栽培に携わる。

新鮮な採れたて野菜を使った「まかない食」を担当し、2年間で2,190食を調理。

冬の漬け物・餅つき・あん炊き、春は筍掘りなど、農家ならでは食体験を積む。

千寿ねぎ、三浦大根、隼人瓜などの地方野菜を含めて調理した野菜は100種類超。

農閑期には、甥っ子2人(0歳~4歳)の子育てに参加。

2018年より、「旬の野菜を食べる」をテーマに、料理教室を開催。

ご自宅訪問型の「子ども野菜料理レッスン&作り置きサービス」を経て

元農家が教える!野菜で家族が健康になりお財布にも優しい

野菜料理が苦手なママのための「菜園キッチン」をスタート。

最後に、みなさまへのメッセージです

野菜料理を通じて、
毎日の食事を美味しく・楽しく感じることができ 「家族や自身の健康を守りたい」と考える方々の 役に立ちたい! そんな願いを込めて「菜園キッチン」をお届けしています。
料理がラクになり、美味しい食事が日々の活力となるよう 心を込めてお伝えさせていただきます。