たくさんのご応募ありがとうございました!部屋にぴったりの名前が決まりました!

5月22日~31日の期間で47票の投票をいただきました。大変ありがとうございました!
皆様のご協力感謝致します。

決まった名前は、皆さまの想いの詰まった名前になっており、大変嬉しいです!

この名前を通して、宿泊ゲストさんが佐賀のこと見聞きすることも増えると思います。楽しみです。

下記が、各部屋の概要と決定した名前と理由を紹介していきたいと思います。

今後とも、佐賀インターナショナルゲストハウスHAGAKUREをよろしくお願いします。

KUSUNOKI(くすのき・楠)

理由:佐賀県木・花が「楠」であるため。
名付け親:T.Mさん

NABESHIMA(なべしま・鍋島)

理由:直正公銅像も出来て,来年は明治維新150年を迎えるにあたり「その時、日本は佐賀を見ていた。佐賀は世界を見ていた 」のコピーの元で「鍋島直正」が注目されると思います。「鍋島」は焼き物やお酒など世界に通用する言葉であるため。
名付け親:T.MさんとT.Kさんのお二人です!

HIZEN(ひぜん・肥前)

理由:佐賀県は昔、肥前国と言われていたし,今も県内に肥前を使う地名も多い。「肥前さが幕末維新博覧会」や「肥前やきもの圏」などイベント名にもよく使われているため。ミックス=混合=交じり合う≒「肥前」であると思うから。
名付け親:T.Mさん

SAKAE(さかえ・栄)

理由:佐賀の県名は,『肥前国風土記』に伝えられる,楠の木が生え盛るこの地を指して日本武尊が言った「栄の国」に由来してのちに佐賀県となったという事なのでそこから・・・。「栄の国」では長いし「栄」の方が言葉が柔らかいし女性用に合うかと。それとゲストハウスHAGAKUREが繁栄する事も願って!!
名付け親:T.Mさん