設立1981年(昭和56年)横浜市セフティー電気用品株式会社 TEL. 045-833-8221
 命を守る「備えと防災」
対策の優先順位
災害をイメージすること

イメージできない災害には、適切な心構えや準備が困難を極めます。
災害のイメージを持つということは例えば「地域の特性」を理解すること
その土地の過去の被災状況や近隣の被災近況などから家屋倒壊・津波・火災、など、どんな災害が命を脅かす可能性が高いのかを見定めます。
災害を具体的に正しく理解するということは、「正しく恐れること」
災害を恐れ過ぎず、恐れなさ過ぎず、正しく適切に恐れることが大切です。
正しく恐れれば、適切な対応策・回避方法が分かり、事前準備がしやすくなります。

防災対策の目的

防災対策には災害発生から被災後で時系列で必要な準備が異なってきます。取り組む順番として間違えてはいけないことが、防災対策の最大の目的は災害から「命を守る」ことです。

災害で命を落とさない、そのためにどんな装備や備品が、どの段階で必要になってくるでしょうか、所持品を確認し、優先順位と照らし合わせ不足分を準備してゆきます。

防災対策の優先順位

災害のタイムテーブルでは1災害前.2災害発生.3災害収束などが考えられます。
例えば「地震」を例に挙げ事前準備の優先順位を考えて見ましょう
地震対策では、1.発生前 2.発生中 3.収束後、この順番で事態が進行していきます。
そうなると、まず出来ることが、建物を頑丈にして倒壊などから命を守ること、次にできることが、棚やガラスなどの飛散物から命を守ること最後にできることが脱出経路の確保、ハシゴやハンマーなど
いずれも目的は、大地震が発生した際の強い揺れで「即死」をしない環境を作ることです、また地震による二次災害から速やかに避難が出来るための準備を行うことです。事前準備が逆で、最優先のものが無い場合、

防災対策の目的

防災対策には災害発生から被災後で時系列で必要な準備が異なってきます。取り組む順番として間違えてはいけないことが、防災対策の最大の目的は災害から「命を守る」ことです。

災害で命を落とさない、そのためにどんな装備や備品が、どの段階で必要になってくるでしょうか、所持品を確認し、優先順位と照らし合わせ不足分を準備してゆきます。

備えの優先順位を考える

防災優先順位
建物の地震対策
建物の地震対策
防災対策の優先順位
防災対策は「命を守る環境」を作ることが重要で、防災グッズをセットで買ってくればよいというものではありません。地震対策や防災備蓄など行いやすい対策、安全な土地探しや長期の食料備蓄などの難易度が高い対策まで、実施の流れを解説します。
建物の地震対策

「地震対策」は、最初に取り組みやすい「防災対策」になります。

なぜ地震が最初なのかと言えば、日本の場合ではどこに住んでいても巨大地震に襲われる可能性があり、他の自然災害は事前に避難できる可能性が高いのに比べ、地震だけは必ず不意打ちで発生し、それが生死に直結する可能性が高いためです。

 そして何を優先し準備するのか、具体的な実施内容として

1)建物を頑強にすること

2)家具の固定やガラスの飛散防止対策などを行うこと

3)避難経路の保全、停電対策などを準備しておくこと

地震が発生した際の「即死」を防ぐ環境を作り、避難が必要であれば

速やかに避難できるよう準備を行うことです。

建物の地震対策

「地震対策」は、最初に取り組みやすい「防災対策」になります。

なぜ地震が最初なのかと言えば、日本の場合ではどこに住んでいても巨大地震に襲われる可能性があり、他の自然災害は事前に避難できる可能性が高いのに比べ、地震だけは必ず不意打ちで発生し、それが生死に直結する可能性が高いためです。

 そして何を優先し準備するのか、具体的な実施内容として

1)建物を頑強にすること

2)家具の固定やガラスの飛散防止対策などを行うこと

3)避難経路の保全、停電対策などを準備しておくこと

地震が発生した際の「即死」を防ぐ環境を作り、避難が必要であれば

速やかに避難できるよう準備を行うことです。

防災用照明に押さえておきたい3つの性能

必ず点灯できること 
停電したら使えなくなる、メンテナンスを忘れるとバッテリーが上がって使用できなくなるなど急な事態にいつでも対応できる照明が求められます。 

誰でも取り扱えること 
力のある男性がいないと重くて設置できない、操作が複雑で機械に強い人がいないと操作できないなど、緊急時の環境では誰でも操作できる機器があれば安心です。

使う場所を選ばないこと 
排気ガスが出るため屋外でしか使えなかったり、雨が降ってる場所で使えなかったり、様々な環境に対応できなければ持っていてもいざという時に役に立たない照明になってしまいます。
使う場所を選ばないこと 
排気ガスが出るため屋外でしか使えなかったり、雨が降ってる場所で使えなかったり、様々な環境に対応できなければ持っていてもいざという時に役に立たない照明になってしまいます。
 
操作は簡単であればあるほど、とっさに誰でも周囲を照らせます。
照らしたい部分が刻一刻と変化しても、ネジや工具での照射角度の変更作業は無いほうが便利です。
夜間に災害が起きたとき、停電が発生してしまった時、
現状を確認し安全を確保するのにも、その場から直ぐ避難するのにも
真っ先に必要となるのが照明です。

東京都立広尾病院
防災担当 男性(30代) 2017年3月
いつか製品を導入したいなと思い、約2年間机にDMを保管していました。
先日熊本で被災した際の病院の話で「自家発電が発動するまでに時間が掛かった」と伺い院内にも同様の自家発電設備はあるが、同様のことが起きた場合、どうするのかと対策を検討したところ保管していたDMを思い出した。
使用方法は各階のポイントに配置して災害時まで保管し、有事の際は避難、脱出経路の安全確認や、被害の確認用の照明として使用を考えている。
また収束後は、屋外仮設トイレの夜間誘導や屋外の使用も考えている。
デモ機をお借りして防災センターで使用したところ非常に明るかったのが決め手になりました。


安価なバッテリー式投光器で、定期的な充電作業を怠ると、バッテリーが上がってしまい二度と使用できなくなると伺います、毎日作業で使用したり、充電を怠らない環境では便利ですが、いざという時のために備える照明としては適切ではないと考えます。「セフティーライトは」仮に1年充電を怠ったとしても4.5時間点灯可能なリチウムイオンバッテリーを採用しています。

フル充電時は、連続14時間、省エネ片側点灯モードでは最長14時間連続点灯が可能です。

充電式LED投光器セフティーライトは横浜市の販路開拓支援事業(行政課題解決型)
として平成25年度より3年連続認定を受けた製品です。

資料が欲しい

製品について、カタログ、その他必要な資料がございましたらお気軽にご相談ください。
セフティー電気用品株式会社
〒234-0054神奈川県横浜市港南区港南台 8-34-16
TEL.045-833-8221(平日08:30~17:30)
FAX.045-833-8223
safety@safetydenki.co.jp

主な採用実績

東京都 東京都立広尾病院

品川消防署
神奈川県 横浜市消防局

鎌倉女学院

横浜市立野毛山動物園

横浜市立金沢動物園

神奈川県内幼稚園

神奈川県内保育園

横浜市内造船業

品川消防署

お問い合わせご質問お気軽に

T045-833-8221(平日08:30~17:30)

セフティー電気用品株式会社
〒234-0054神奈川県
横浜市港南区港南台 8-34-16
FAX.045-833-8223
safety@safetydenki.co.jp