なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

10万円台でお風呂リフォームをした体験談

自宅の浴室が長年の使用で不具合が起こるようになったので、リフォームをすることにしました。

とはいえ、貯金もほとんどなく収入も少ないため、一般的な浴室のリフォームの予算である数十万円という金額は出すことはできません。

そこで知人に紹介してもらったのがタウンライフリフォームです。

タウンライフリフォームは利用者の要望を最大限に取り入れるとのことだったので、予算の限界10万円台でのお風呂リフォームでお願いしました

担当者の男性は快く引き受けてくれて、現地調査に訪れて、10万円台で行えるプランを提案してくれました。

こちらの無理難題に嫌な顔一つせずプランを考えてくれたことで、希望通りのお風呂を手に入れることができてよかったです。

失敗しないお風呂リフォーム業者の選び方

このビデオでは、バスルームの塗装方法をわかりやすく紹介しています。また、在来工法の浴室の床タイルを10万円で張り替えることも可能です。

自立型バスタブとは、在来工法の浴室で床に置くタイプのバスタブです。在来工法の浴室で独立型浴槽を交換する場合の費用は、約15万円から16万円です。

在来工法の浴室の壁や床のタイルの張替えは、20万円前後でできます。パネルは、モルタルやコンクリートなど下地が凸凹している在来工法の浴室によく使われます。

また、在来工法の浴室をユニットバスにする方法としても人気があります。埋め込み式バスとは、在来工法の浴室の床にバスタブの約3分の1が埋め込まれているものです。

浴槽交換リフォームの費用をわかりやすくご紹介していますので、参考にしてみてください。

インターネットで「エコバスリフォーム」、「浴室再生リフォーム」、「浴室塗装」などで検索してみてください。

10~30万円でできるお風呂のリフォームとは?

古くて汚くて合わないお風呂のドアを交換するのは、およそ10万円以下でできます。その際、既存のドアと互換性があるかどうか、必ずメーカーに確認してください。

既存のドアが生産中止になっている場合は、オーダーメイドになります。バリアフリー化の一環として、バスルームに手すりを設置するケースが増えています。

手すり自体はメーカー純正品でも3万円以下とリーズナブルなので、10万円以下で設置することができます。東レの「バスナフローレ」は、従来のタイル張りの床や古いユニットバスの床に貼ることで、清潔で冷たい浴室の床を実現します。

また、浴室暖房も20万円前後の予算で導入できます。高級な浴槽は80万円ほどしますが、人工大理石やFRP製の安価な浴槽であれば、20~30万円ほどで作ることができます。

グレードの低い人工大理石やFRP製の浴槽でも、既存の浴室の大きさに支障がなく、壁や床の大規模な補修をしないのであれば、20万円~30万円の予算で取り付けることができます。

"物件 "や "リフォーム会社 "によって、費用や施工方法が大きく異なる場合があります。

お風呂リフォームの費用を抑えるコツ

内窓の設置は、在来工法の浴室では難しいリフォームですが、寒さ対策に効果があるため、秋から冬にかけて人気のリフォームです。

また、20万円程度の予算があれば、浴室暖房機や給湯器を交換することも可能です。浴槽の交換は、在来工法の浴室ならではのリフォームです。

もともとの浴室がユニットバスなのか在来工法の浴室なのか、また戸建てなのかフラットなのかによっても費用が変わってきます。

費用の違いは、主に防水パンの養生、取り外し、取り付けの費用に関係しています。これは戸建住宅ではあまり使われていませんが、フラットなどの集合住宅では防水対策として義務づけられていることが多いようです。

一方、在来工法の浴室をユニットバスにリフォームする場合、戸建住宅では費用が高くなります。これは、床の敷設や基礎の補修などのコストがかかるためです。

特に在来工法のバスルームでは、雨漏りを放置すると深刻なシロアリ被害につながります。国や自治体の補助金、介護保険などを活用するのが望ましい。