セラミック治療の特徴や
大阪でおすすめのクリニック

歯が美しい人は第一印象も良いと言われています。そのため、歯の美しさを保つためにセラミック治療をする人もいるでしょう。今回はセラミック治療の特徴や大阪でおすすめのクリニックなどについて紹介していきます。

セラミック治療の特徴

セラミック治療と言ってもどんなものか分からない人も少なくありません。こちらでは、セラミック治療がどんな特徴を持っているのかについて見ていきましょう。

 ・芸能人も多く受けている

芸能人やスポーツ選手なども積極的に受けているものがセラミック治療です。テレビなどに映る場合、歯が綺麗じゃないと悪目立ちをしてしまう部分があります。そのため、自分の印象を良くするために歯を美しくしようと考えるのです。

 ・短期間で治療が終わる

歯並びを美しくするために矯正治療を行う人もいます。セラミック治療は矯正治療と比較しても遙かに短期間で治療が終わるものです。そのため、長期間の通院が難しい人にもおすすめされています。

 ・デザインも自由に行える

セラミック治療は「人工物」です。そのため、審美的なデザインなども自由に行えるという特徴を持っています。人工物ではありますが確実性が高く手軽な治療と言えるのです。

セラミック治療の種類

セラミック治療と言っても1種類ではありません。複数種類あります。こちらでは、どんな種類のセラミック治療があるのかを見ていきましょう。

 ・セラミッククラウン

虫歯や欠損治療に用いられることもありますが、歯並びを整える目的でセラミッククラウンを用いることもあるようです。歯列のデコボコなどが気になっている人にもおすすめです。

 ・セラミックブリッジ

失った歯の両側の歯を支えにして人工歯を固定する治療方法です。セラミックブリッジは高い強度が必要とされるので、人工物でありながらも咀嚼能力などにも長けています。

 ・ラミネートベニア

歯の表面に薄い板状のセラミックを貼りつける治療方法のことを指します。他の治療方法と比較すると歯を削る料が少ないので歯への負担も最小減で済む特徴を持っています。ただ、強い力が加わることで剥げる・割れるなどのトラブルが起こる場合もあるようです。

セラミック治療のデメリット

セラミック治療にはメリットも多くありますが、デメリットもあります。こちらではどのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・歯を削る

治療上どうしても歯を削らなければいけない特徴があります。一度削った歯は二度と元に戻ることはありません。治療方法によっては削る量も多くなり、歯に大きな負担がかかってしまうのです。

 ・神経を取る

セラミック治療は神経をとる可能性がある治療方法です。歯の神経を取ると歯の寿命が短くなると言われています。未熟な技術の歯科医の場合、不必要な神経までとるところがあるので気をつけましょう。

 ・歯より弱い

セラミックは人工物なので歯よりも強度が弱いです。そのため、先述したように割れたり剥げたりする可能性があります。割れてしまった場合、修理は不可能でありかぶせものを外して最初からやり直しをしなければいけません。

大阪でおすすめのセラミック治療クリニックとは?

大阪にはセラミック治療に対応しているクリニックが数多くあります。こちらでは、その中でも比較的リーズナブルで評判の良いクリニックについて見ていきましょう。

 ・西本歯科医院

歯の健康だけではなく身体の健康にも注目した治療を心掛けてくれるクリニックです。患者がどんな希望を持っているのかをしっかりカウンセリングしてから治療に取りかかってくれます。早期治療にも対応していて高い技術力を誇るクリニックです。

 ・心斎橋デンタルクリニック

質の良いセラミック治療をリーズナブルな価格で提供してくれるクリニックです。患者の大多数が考えている費用面の負担をなるべく軽減できるようにしてくれます。他にも実績の高さにも定評があり、患者からの評判が高いクリニックです。

 ・日野歯科医院

トラブル回避のために事前説明をしっかりしてくれるクリニックです。患者が疑問に思っている部分がゼロになってから治療に取りかかるので、患者自体も安心して臨むことができます。分かりやすい説明と丁寧な対応に定評があるクリニックとして評判です。事前説明をしっかり行っていることもあり、患者からの不満がないクリニックと言えるでしょう。

大阪にあるセラミック治療クリニックについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

手軽な治療としてセラミック治療は有名です。
ただ、メリットだけではなくデメリットがあることもしっかり覚えておきましょう。
デメリットを考えずに治療してしまうと、
後から「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。
そうならないためにも、分からないことは積極的に歯科医師に質問をするようにしてください。