なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

マイクロニードルパッチでほうれい線の深さが減った

マイクロニードルパッチの存在を知ったのは、もともと目元のたるみや小じわで悩んでいて、「ヒアロディープパッチ」のホームページを見つけたことがきっかけでした。

チクチクした感じが初めは驚きましたが、クセになって気持ちよく感じるようになりました

そして、50歳の母にヒアロディープパッチの効果を話すと、「ほうれい線に試してみたい。」ということでプレゼントしました。

母が試した結果、笑った時の変化は分からないが普段鏡を見て化粧をするときなどに、ほうれい線の深さが減ったような気がすると話していました。

そう言われて見てみると、確かにほうれい線の深さに変化があるように感じました。

まだ試して少ししか経っていないのにこの変化には二人とも驚きです。

一緒にきれいになっていきたいねって話しています。



ほうれい線のケアにヒアルロン酸が活躍

肌老化の象徴のひとつがほうれい線です。鼻の横から口角にかけての溝は、厳密にはシワではなく、表情筋の境目です。若い頃は表情を変えたときに一時的に現れますが、年齢を重ねると肌に深く刻まれ、無表情でも目立ってきます。

ほうれい線は老けて見えるだけでなく、不機嫌で疲れた印象を与えてしまいがちです。放置しておくと、慢性的な乾燥によってほうれい線がどんどん深くなってしまうので、早めにしっかりとした対策をとることが大切です。

そこで活躍するのがヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水を保持することができるため、若々しく美しい肌を保つためには欠かせない保湿成分です。水分を含むとゼリー状になり、細胞間の隙間に入り込んで肌に弾力を与えます。

しかし、ヒアルロン酸は外部からは肌の真皮まで浸透することができません。これは、分子が大きすぎるためです。

スキンケア製品におけるヒアルロン酸の役割は、肌の表面を潤いのベールで包み、肌内部の水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激をシャットアウトすることです。

分子が大きいほど保湿力が高くなり、肌のバリア機能も向上します。

水分量の多いヒアルロン酸が角質の細胞を埋めると、肌を内側から押し上げるようなハリが生まれ、ほうれい線や小じわが目立たなくなります。

マイクロニードルパッチがほうれい線に効く理由

ヒアルロン酸は分子の大きさから体内に吸収されにくく、食品やサプリメントで摂取しても、そのほとんどが消化器官で分解されてしまいます。

一方、ヒアルロン酸の入った化粧水や美容液をつけて、毎日スキンケアをしていれば、効率よく肌細胞に成分を届けられます。

さらに、週に1回マイクロニードルパッチを使った集中ケアを加えれば、より一層の美肌効果が期待できます。

マイクロニードルパッチは数多く販売されていますが、浸透性を重視したものを選ぶのがおすすめです。

マイクロニードルパッチの効果的な使い方

マイクロニードルパッチの使い方は、就寝前の通常のスキンケアの後に貼るだけ。一晩でヒアルロン酸がお肌の隅々まで浸透します。

ポイントは、パッチを貼る前に化粧水をたっぷりと肌に染み込ませることです。そうすることで、ヒアルロン酸が先に塗った水分と結合し、肌の潤いを長く保つことができます。

また、パッチの粘着力を弱めないように、クリームをしっかりと肌になじませることも大切です。

パッチを貼った直後、人によってはチクチクとした痛みを感じることがありますが、これは水分が肌に届いている証拠で10~15分程度でおさまります。

お手入れの頻度は、週に1~2回が目安です。ほうれい線対策だけでなく、目元の小じわ対策にも効果があります。ただし、いくら良いパッチだからといって、ずっとそれに頼っていてはいけません。

肌の老化の原因となる紫外線を浴びないようにし、良質な睡眠とバランスのとれた食生活を心がけることも大切です。

また、ほうれい線に深い溝を作る肌のたるみは、加齢による表情筋の衰えと密接に関係しています。表情筋を鍛えるエクササイズをするのも良いでしょう。