ロレックスのオーバーホールで
注意したいこと

ロレックスを手に入れた方の中には、オーバーホールが初めての方もいるでしょう。通常の時計とは事情が異なっているため、いくつか注意したいことがあります。オーバーホールを利用するコツを紹介します。

ロレックスのオーバーホールの必要性

・数年に一度のオーバーホール
ロレックスを長く使うためにも、数年に一度のオーバーホールが必要です。使っている状況にもよりますが、3~4年ごとにオーバーホールに出すケースが多くなっています。オーバーホールを怠るとパーツの不具合が生じやすくなり、余計な修理費がかかる恐れがあります。

・清掃を行う
ロレックスの多くは機械式自動巻きムーブメントです。繊細な機械で構成されており、定期的に清掃を行う必要があります。細かなパーツがスムーズに動くためにも、パーツを分解して汚れを除去しなければなりません。清掃が終わると、歯車にオイルをさして終了です。

・パーツの交換
摩耗や破損が見られるパーツがあれば、オーバーホール時に交換します。すべての部品を分解してチェックしていくため、パーツのダメージ具合もわかります。故障してからパーツを交換するより、定期的にオーバーホールを受けながら交換すると手間がありません。

お店の選び方

・正規店を利用する
ロレックス正規店を利用して、オーバーホールを受ける方法があります。正規店は東京にサービスセンターがあるため、近くに住んでいる方なら持ち込みしましょう。郵送での受付も可能で、遠方から正規店にオーバーホールを依頼することもできます。

・民間業者を利用する
正規店だと保証制度が充実していますが、その代わりオーバーホールの費用が高くなります。できるだけ安くオーバーホールしたい場合は、民間業者の利用がおすすめです。評判の良い業者であれば、安心して依頼できるでしょう。価格は半額くらいまで下げられている店舗もあります。

民間業者の選び方

・規模が大きな店舗
民間業者を利用する場合は、出来るだけ規模が大きな業者を選びましょう。小規模でも優良なお店は多数ありますが、ロレックスのように費用が高額になるケースは、部品を多く取り揃えられる大手が安心です。部品があればすぐに修理が可能です。

・1級時計修理技士がいる
時計修理の人材の中でも、1級時計修理技士は技術力が高くなっています。小さな店舗や、安い価格で修理を行う業者では、1級時計修理技士がいないケースもあります。小さな店舗でも技術力があるスタッフがいるなら、安心してオーバーホールを任せられます。

・ネットでの口コミがいい
民間の業者を利用する際には、ネットの口コミを事前にチェックしましょう。評判がいいお店なら、オーバーホール後の利用も安心です。価格の安さだけで決めないで、利用者の声を参考にしてみてください。

オーバーホールにかかる費用

・基本技術料
正規店でのオーバーホールは、基本技術料がかかります。モデルによって基本料が異なるため、事前に確認しておきましょう。費用は4~7万円くらいかかります。思ったより基本料が高いのは、パーツを分解し、洗浄してから再び組み立てる必要があるためです。

・交換部品代
ロレックスのオーバーホール費用は、基本料に交換部品代がプラスされます。結果的に7~10万円程度かかるケースは少なくありません。素材によっても部品代は異なるため、総額が10万円を超える場合もあります。金無垢など高価な部品を使っている場合は、費用が高くなると考えておきましょう。

・民間なら3万円程度から
民間業者のオーバーホール費用は、正規店の半額~7割程度のお店が多くなっています。モデルによっては、3万円程度でオーバーホールできるところもあります。価格を抑えたい方は、民間業者の中から信頼できるところを比較してみてください。

ロレックスを売却する場合

・オーバーホールは不要
ロレックスを売却するときは、オーバーホールをする必要はありません。事前にオーバーホールすると売却費用が高くなる感じがしますが、実はそれほど影響がありません。ロレックスのオーバーホール代は高く、思ったより買取が高値とならないでしょう。

・買う側にメリットがある
売却前にオーバーホールをする理由は、買う側にメリットがあるためです。買取価格を上げるだけの理由なら、事前にオーバーホールの必要性はありません。知り合いに売るなど買取側にメリットがあるなら、事前にオーバーホールしましょう。
ロレックスのオーバーホールなら、下記から比較できます。

まとめ

ロレックスを入手したら、数年ごとにオーバーホールを活用しましょう。
定期的にメンテナンスすることで、時計の価値を保つことができます。
故障を防ぐためにも、適切な時期でオーバーホールを活用するようにしてください。
オーバーホール店は正規店と民間業者から比較できます。