重症膝痛専門院として
3.5日営業で

月商
150〜200万を達成できる

膝痛治療技術



治療技術を
売り上げに直結する

「魅せ方」「使い方」


2つ同時
に学べる
セミナー

見出し

このようなお悩みをお持ちの方は
是非ご参加ください!


何年にもわたって膝の痛みを抱えている方の多くは
病院・整形外科では痛み止めやシップ、膝に溜まった水を抜く、ヒアルロン酸注射と言った処置や
鍼灸整骨院ではマッサージや漫然とした筋力トレーニング、整体院では体の歪みの矯正や筋膜リリースなどの対象料を受けてこられています。

それでも根本から改善することなく点々と治療院を渡り歩いているのが現状です。

そう言ったどこに通っても改善してこなかったような重症な膝痛にお困りの方々に対する施術で当院は改善率97.3%という高い実績をあげています。

先生がもし、重症な膝痛の改善に不安を感じているなら


PT・OT・Drのみが習得することを許された
神経-筋促通手技

脳神経学的の知識を応用した
体幹トレーニング

運動パフォーマンスを劇的改善するための
バイオメカニクス
(生体力学)的アプローチ


を学んで

改善率も売り上げも
根こそぎUP

させませんか?
膝痛にお悩みの患者様の多くは

「人工関節の手術」

に不安を感じています。


人工関節への手術を避けたくて色々な治療や対処法を試されていますが、どれもうまくいかず、最終的には「手術宣告」を受けたられています。


確かに一定数は手術が必要な方がいらっしゃるのも事実です。


しかしその反対に手術宣告を受けられている方でも適切な治療を行うことで、手術を受けなくても膝痛が改善されている方も数多くいらっしゃいます。

これからは

本物だけが残る時代

になります。


先生も

「ライバル院とは違う」

「本物の膝痛治療」

を学んで、地域の膝痛でお困りの方を一緒に救いませんか?
膝の痛みを抱えている方の多くは
膝が痛くなるような体の使い方(パフォーマンス)に原因があります。

そのため膝痛を改善するために最も重要なことは
膝が痛くならない体の使い方を獲得することであり、そのために必要なことは筋肉の使い方を変えることです。

神経-筋促通手技により筋肉の使い方を変えることが
膝痛改善のためのファーストステップになります。
体幹、いわゆるコアの安定化は膝痛の改善には必要不可欠です。

コアをしっかりと働くようにするためには
一般的に言われている筋肉で固めるような体幹トレーニングでは不十分であり、本当の意味での安定化を図るためには脳の神経路を活性化させなければいけません。

本セミナーでは単なる体幹トレーニングだけでなく、脳の神経路を活性化させる本当の意味でのコアトレーニングを学んでいただきます。


膝痛を抱えている方のほとんどで「歩行・階段昇降・しゃがみ込み」と言った「動き」の中で痛みを訴えます。

と言うことはマッサージや骨格矯正などで一時的に痛みを落ち着かせても「動き」が変わらない限り必ず痛みがぶり返します。

しかしほとんどの治療家は「動きを見る」ことができていません。

動きを見れない治療家はノウハウ(方法論)に逃げ、その場しのぎの治療ばかり追うようになります。

動きを変えるためには「力学」と言う学問を生物の動きに当てはめた「生体力学」と言う学問が必須です。

この生体力学を活かした動作指導やアプローチを行うことでパフォーマンスを劇的に改善することが可能となります。

自宅近くの整形外科に
週1回、約2年通い続けても改善しなかったが
初回通院時に回数券〇〇円購入

なぜ、整形外科でも改善に難渋するような膝痛の方がこれほどまでに良くなられているのか?

それには
3つの理由があります
この業界には様々な手技のセミナーが存在します。

実際にどのセミナーも素晴らしい内容・手技を伝えていると思います。

しかし現実としては、セミナー参加者のほとんどがその手技を活かしきれていない状態が起こっています。

あなたもこんな経験が
ありませんか?

セミナー会場でその手技を他の参加者と行うと

「すごーい!軽くなったー!!」

だとか

「凄い曲がるようになったー!!」

と言ったように劇的な変化が出るのに出るのに

いざ現場で患者さんにその手技をやると

先生「どうですか?」

患者さん「えっ?はい…なんか少し良くなった気がします…」

みたいな微妙な反応…


これはセミナー会場では同じ施術者同士でやっているので、その手技を使うと体がどう変化するのかがわかっているからです。

(セミナーに参加している時点で凄いものと言うフィルターもかかっていることもありますが…)

なので、施術効果を感じ合えるのですが、

素人の患者さんにはそれはわかりません

なので患者さんには施術の効果が伝わらず

改善に導くことができないのです
膝痛を本当の意味で根本から改善するためには
運動パフォーマンスを変える必要性があります。

手技だけでに頼っていては長期的にみて
痛みは必ずぶり返してきます。

そのためには歩行や階段昇降、しゃがみ込みなど
膝が痛くなる動作の中から原因を見つけることが絶対に不可欠です。

しかし、多くの治療家は「動作を見る」ということに対して
非常に苦手意識を持っています。

あなたはどうですか?

当セミナーでは手技だけでなく
その主義を最大限活かすために必要な

動作を見るための「コツ」を

包み隠さずお伝えしています。


結論からお伝えして治療家の手技だけで
膝痛を改善することは不可能です。

これは重症になればなるほど不可能です。

手技アプローチ以上に重要なことが患者自身が

自分の体と向き合うこと

です。


そのために必要なことが

確実に効果があり

難しくなく

誰にでも継続可能

なセルフケア指導が必要となります。


患者さんが良くなってもらうためにも、
私たち治療家が院を経営していく為にも
患者さんにリピートしてもらうことが重要です!

多くの先生がこのリピートに悩まされています。

講師の池田佳未自身も現在も治療院経営をしており
1回の施術20分11,000円にも関わらず

2回目リピート98%
5回目リピート94%
10回目リピート83%

を1年以上継続しています。

本セミナーでは、どうしたら高単価でありながら
リピートしてもらえるのか?

ここで徹底的に解説しています。

静岡県 鍼灸師

膝痛治療での売り上げ0円
⬇︎
膝痛治療での売り上げ月40〜50万UP
奈良県 柔道整復師

膝痛治療での売り上げ70万円
⬇︎
膝痛治療での売り上げ月200万円
柔道整復師
田内浩二 先生
理学療法士
田内浩二 先生
パーソナルトレーナー
木山恵太 先生
運動パフォーマンス改善
リハトレメソッド考案

池田佳未(いけだよしみ)

初めまして。

私は現在、兵庫県伊丹市で重症膝痛専門院を経営しております。

今でこそ週3.5日営業で月商150〜200万を安定的に売り上げていますが、ここまでには多くの失敗と挫折がありました。

私自身、開業前には理学療法士とし関西の一般病院で10年、訪問事業所の管理者として3年の治療家歴があり、

その間に整形外科疾患はもちろん、脳血管疾患、内科疾患、進行性疾患、小児、難病など一般の柔整師や鍼灸師、トレーナーが経験出来ないような重症症例へのリハビリに携わってきました。

そして、そう言った患者様のリハビリで確実に結果を出すために総額1,500万円以上をかけて知識や技術を学んできました。

自分自身の治療に自信があった私だったので、開業時には

「どんな患者が来ても大丈夫だ!
 きっとすぐに繁盛治療院の仲間入りだ!!」

と絶対的な自信がありました。


しかし、いざ開業した初月で


売り上げ立ったの2万円…


新規客は一定数来客はあるが施術効果が出せないことで

リピートが続かない。


そうこうしているうちに貯金もあっという間に底をつき夜のコンビニで連日早朝までバイトの日々…


本当に最悪な状況でした。

「このままだと廃業するしかない…」

そんな不安と恐怖で毎日眠れぬ日々を過ごしていました。


朝から晩までポスティングをして、夜は家族を置いて深夜のコンビニで朝までバイトを続ける生活。


「こんなはずじゃ無かった」


自分は今の施術技術と知識を身につけるまでに途方もない「時間」と「お金」を使ってきて勤めていたころは誰よりも治療成果をあげてきたはず。


自分がやりたい治療と家族との時間を手に入れるために開業したのに

毎晩、家族を残して深夜のコンビニでバイト、一緒にご飯を食べる時間さえもなく、迷惑かけてばかり…

これなら雇われていたほうが良かったんじゃないか…


そんな中、妻のある一言で自分の治療を一から見直していきました。

そこで気づいたのが、苦手だと思っていた膝痛治療が実は私が最も得意とする

神経-筋促通手技
脳神経学的体幹(コア)アプローチ
生体力学的アプローチ

を使って


運動パフォーマンス
(体の使い方)を変える


アプローチ方法がが最も使える症状ではないかと気づきました。


その私が最も得意とするアプローチとそのアプローチを目の前の患者さんに理解し納得してもらえる
「説明」と
「魅せ方」を

徹底追求していった結果


現在では

週3.5日営業で
月商150〜200万円

を安定的に売り上げるまでになりました。


本セミナーでは
私が今でも実際に現場で使って改良し続けている
確実に効果の出る

治療技術

その治療の効果を跳ね上げるための
「魅せ方」「使い方」

この2つを包み隠さず全てお伝えしています。


ぜひ先生も
運動パフォーマンス改善メソッドを取り入れて


地域の膝痛患者様を改善し売り上げを劇的UPさせませんか?

重症膝痛患者を集客に自費治療のターゲットにするメリット・デメリットをお伝えします。

良い点と悪い点を理解することで、先生の院でどのように取り入れていけば良いのか不安が解消されるからです。
なぜ、当セミナーでは重症な膝痛を改善し、患者自身で症状の戻りもコントロールできるようになるのか?

当協会が重症膝痛改善のために有効だと考えるアプローチの概論について解説していきます。


そもそも

なぜ、池田が膝痛患者をメインターゲットにしているのか?

そこには大きな理由が3つあります。

この3つの理由を理解していただくことで今、膝痛を集客の症状の一つにする利点を理解していただけます。
重症な膝痛を改善するために当協会が推奨しているのは

運動パフォーマンスを変える

と言うことです。

そのためには具体的にどういった治療技術の習得が必要なのか?

そして習得した技術をどのような

「魅せ方」「使い方」

をすることで

患者様に信頼して通い続けてもらい売り上げに繋がるのかまで包み隠さずご説明いたします。
5,000円
↓↓↓
10月18日(月)までのお申し込みで

特別価格

500円

ZOOMでの
オンライン開催

90分程度

人数制限有り
お早めにお申し込みください
10月11日(月)22時〜
     残り1名➡︎満席御礼

10月14日(木)21時〜
     残り1名➡︎満席御礼

10月18日(月)22時〜
     残り2名➡︎満席御礼

10月21日(木)21時〜
     残り3名➡︎満員御礼
※お申し込みのタイミングで満席となっている場合もございます。予めご了承ください。
お申し込みやお問い合わせは以下のLINE登録ボタンから友達登録していただき

「膝痛セミナー」

とメッセージをください。
友達登録直後に送られてくるメッセージを確認していただき、メッセージを送っていただけた方に特典動画をプレゼントさせていただいております。