【現役編集者を招いてのプレゼンコンペ付き!】

商業出版で著者デビューしたい人のための

出版企画書づくり3日講座

  • ※商業出版とは印税をもらう形式の出版のこと(著者の持ち出しはゼロ)

  • 2019年11月23日(土)、11月30日(土)、12月1日(日)

    の3日間講座(宿泊付きの合宿ではありません)

  • 講師:山口拓朗(作家・伝える力「話す・書く」研究所所長)

    山口朋子(株式会社アップリンクス代表取締役・女性のためのネットスキルアップ塾彩塾代表)

  • 2019年11月23日(土)、11月30日(土)、12月1日(日)

    の3日間講座(宿泊付きの合宿ではありません)

あなたが著者になるための実践的な出版セミナーです

セミナー内容

多くの人が「自分が本を出すなんてムリだ」と思っています。
しかし、それは本当でしょうか?

単に「出版する方法」が分からないだけではないでしょうか?
つまりは「情報不足」です。

出版業界の「仕組み」と、出版までの「正しい道筋」を理解し、
そこに適切なアプローチをかけることで、出版の確率は飛躍的に高まります。

今回の合3日講座は超実践スタイルです。

1日目の冒頭で出版について学んでからは、
一人ひとりの企画書作りの作業になります。
企画書&プロフィール作りについて、随時、講師がアドバイスをしていきます。

1週間後の2日目は、各自作り上げた企画書をさらにブラッシュアップさせます。
企画書に入れる構成案(見出し)を作り、どこの出版社にもそのまま提出できるところまで作りこみます。

3日目は、午前中は企画書のプレゼンの練習会を行い、質疑応答に備えての準備をします。
3日目の午後に、現役編集者の前でプレゼン(コンペ)を行います。

編集者の手があがれば、企画の実現に向けて
具体的に動き出していただきます。

出版デビューの夢は、待ちの姿勢ではなく、
攻めの姿勢でつかみ取るしかありません。

この機会にぜひ出版デビューのチャンスを手にしてください。

著者になることのメリットとは?

出版文化が根づいている日本において
著者の立ち位置は「先生/専門家/達人」です。

著者になると「信用度」が格段にアップします。

また、ブランド力(ネームバリュー)がアップし、
ご自身のビジネスや活動がしやすくなります。
(集客効果や販売効果が驚くほど高まります)

また、テレビや雑誌をはじめとした
マスコミから声がかかりやすくなるほか、
講演やトークショーなどの登壇依頼や書籍や雑誌の執筆依頼も増えます。

出版は人生のステージを数段上げるパーツといえます。

今が最も著者デビューしやすい時代!

20年前に約6万冊だった年間の出版点数が、
現在は約8万冊までふくらんでいます。

単純に〝2万冊分のチャンスが増えた〟ということです。

出版社(編集者)は懸命に著者志望者を探しています。

またとないこの機会をお見逃しなく。

講師 今回の講座は、元出版社の編集者であり、自身も国内外で30冊以上の書籍を出版している山口拓朗と、
女性のための起業塾を11年運営しており、出版もしている山口朋子の2名の講師が、あなたを著者にするべく講義と企画書のアドバイスを行います。
出版への最短距離となる「プレゼンコンペ」

この講座の目玉は、最終日に行うプレゼンコンペです。

数名の現役編集者の前で、2日間かけて作り上げた企画を発表。

いい企画は編集者に「一本釣り」していただきます。

参加資格

とくにありません。
仕事や趣味の実績・経歴が豊富な方や、一芸に秀でた○○をお持ちの方、ブログを長く書き続けてきた方、希少な情報やノウハウをお持ちの方、講師、コンサルタント、士業の方……などなど、「我こそは!」という方のご参加をお待ちしております。

なお、著者デビューしたい人だけでなく、2冊目、3冊目を出版したいという人もご参加いただけます。

出版形態

今回の出版講座での出版形態は、電子書籍ではなく、紙の商業出版です。
(出版が決まっても、私たちには印税のシェアや手数料などは不要です。
 印税はすべてご自身がお受け取りください)

漫画、文芸、詩などは今回は対象外です。

会場

セミナー会場は、アップリンクスセミナールームになります。
有楽町線、副都心線の地下鉄成増から徒歩2分。
あるいは東武東上線 池袋から急行・準急で1駅の成増から徒歩3分のアクセス便利な場所にあります。
アクセス https://access.saijuku.jp/

天井高3.6mの開放的な空間で、見やすい液晶モニター、Wi-Fi完備で、各自ノートPCを持参して、作業をしていただきます。

定員

最少催行人数 8名

最大参加人数 16名

合宿の日程

1日目:2019年11月23日(土)10:00〜17:00

2日目:2019年11月30日(土)10:00〜17:00

3日目:2019年12月1日(日)10:00〜17:00解散予定

参加費

通常、このような出版講座の参加費といえば、30〜50万円が相場です。

しかも、通常の出版セミナーでは、出版についてのノウハウは学べるけれど
そこからどうやって出版社にアプローチするかまでは教えてくれません。

今回は、出版について学び、企画書作りまで指導し、出版コンペ参加権も付いています。
出版社の編集者とのつながりができ、企画にアドバイスももらえる貴重な機会ですが、
178,000円(税別)と破格でご参加いただけます。

今が最も著者デビューしやすい時代!

20年前に約6万冊だった年間の出版点数が、
現在は約8万冊までふくらんでいます。

単純に〝2万冊分のチャンスが増えた〟ということです。

出版社(編集者)は懸命に著者志望者を探しています。

またとないこの機会をお見逃しなく。

山口拓朗 プロフィール

伝える力【話す・書く】研究所所長。
出版社で編集者・記者を務めたのちに独立。
22年間で3000件以上の取材・執筆歴を誇る。

現在は執筆活動に加え、講演や研修を通じて「文章術」をはじめとする実践的ノウハウを提供。
マンツーマンで行う出版・執筆コンサルティングも人気で、著者志望者の企画・執筆・販促をサポートしている。
現在、中国の5大都市で「SuperWriter養成講座」も定期開催中。

著書は国内外で25冊以上。
文章作成やコミュニケーションの本質をとらえたノウハウは言語の壁を超えて高く評価されており、中国、台湾、韓国など海外でも翻訳されている。

山口朋子 プロフィール

株式会社アップリンクス代表取締役。
女性のためのネットスキルアップ塾「彩塾(さいじゅく)」代表。

独学でホームページ制作・インターネットビジネスについて学び、2001年起業。
インターネットで月収100万円を稼ぐ主婦起業家として、経済ニュース番組『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)、『あさイチ』(NHK)、『バイキング』(フジテレビ)、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、雑誌『日経WOMAN』、『STORY』、『anan』、などメディアに多数取材される。

 2008年より、女性の自立支援を目的に、女性のためのネットスキルアップ塾「彩塾」を主宰。これまでに800名以上の門下生を輩出している。

「主婦でもインターネットを活用して起業することで自立できる」という信念のもと、ビジネスで自己実現を目指す女性に、インターネットを使って好きな分野で起業するノウハウを伝えている。

推薦者の声

商業出版をしたい方に朗報! 

私は、約2年半前に、商業出版をすることができました。
今では、版を重ねて5刷になりました
もともと文章力0、企画力0、発想力0だった私……。

でも、商業出版をしたいという想い、夢だけは、誰よりも強く持っていました。
そんな時、商業出版を叶えるべく運命のチャンスがありました。
私が勝手に「師匠」と呼んでいる山口拓朗さんに、商業出版するための企画書を作るサポートをお願いしたのです。
そして、山口さんのコンサルティングのお陰で、ぶじ商業出版する夢を叶えることができました。 

 そして、なんと! この度、山口さんと奥様のMOMOさんが一緒に商業出版合宿をするとのこと。
これは、マジでオススメです! 
私のように商業出版をしたいと心から願っている方は、ぜひ参加することをオススメします。

『"来てほしいお客様"で溢れる! 「サロン集客」の教科書』
著者 阿部弘康(サロン集客ヘルパー)

出版合宿に参加された方の声

小室尚子さん
やまたくさん、MOMOさんの出版講座に参加して、
2冊の本を出版することが出来ました!
 

「本を出版したい!」と思ったものの、何から始めて良いのか全く分からなかった私。

そんな私に出版のいろはを教えてくださったのは、やまたくさんこと山口拓朗さんでした。  

多くの本を出版されている山拓さんですが著者としての視点だけでなく、元編集者としての視点でもご指導してくださったことを、とても感謝しています。

中でも一番印象に残っているのが、「著者が書きたい本を書くのではなく、売れる本が一番良い本なんだよ」というお言葉です。

そのおかげで、自分が書きたい内容を書くのではなく、実際の書店の書棚からヒントをいただきつつ、「今、何が求められているのか?」ということを常に頭に入れながら文章に向き合う、という習慣が出来ました。  

合宿では、出版社の方を前にしたプレゼンに非常に緊張しましたが、おかげ様で2社からオファーをいただき、そこから無事に出版後、おかげ様で2社とも増版しております。

これも、やまたくさんから「本を書くことだけは著者の仕事ではない。売ることも著者の仕事だよ」との教えがあるからです。おかげ様で出版社の方とは、今でも友好な関係が続いています。  

多くの方は、本を一冊出版することをゴールとしているわけではなく、その後も2冊3冊と出し続けることをしたい、と思っているのではないでしょうか?

そのためには、出版会議に通る企画書を書くだけではなく、出版後のこともご指導くださる方に教えていただくのが、未来に繋がる大きな力となると考えております。

そういったことも含め、やまたくさん達の出版セミナーを強くおすすめいたします。

著者 小室尚子(日本親勉アカデミー協会代表理事)

伊東稔さん
無名の地方在住の整体師」が「著者」になれた!

かねてから出版したい思いはありましたが、チャレンジしてもなかなか実を結ばずにおりました。
そこで2016年、富山にて出版合宿に参加しました。

この合宿で「ハッ」と気付かされたことが多々あります。
専門家としての、自分の中では「当たり前」のことでも、他人からすると知らないことだったりします。
より多くの人の健康に役立つメソッドの掘り起こしをしたら、「猫背」にたどり着きました。
私にとっては、猫背を治すのは簡単すぎるほど簡単なこと。
「得意」というより、出会った人がいい姿勢になるのは「当たり前」のことでした。
その「当たり前」の「得意」なことを、いかに出版企画書に落とし込んでいくのかが出版合宿での大きな収穫でした。

出版合宿では出版企画書を作るだけではなく、それを決められた時間内でプレゼンテーションする機会も得ました。
上っ面の言葉を並べた企画書ではなく、本当に自分が読者に提供できることをしっかりと作り込み、それを自分の言葉で発表します。
プレゼンテーションのターゲットは出版社の編集者です。

「この著者(私)はこんないいもの持ってますよ」「私だからこそ、この企画に対して文章が書けるのですよ」「これをこうすれば、ほらすぐにこうなりますよ」
ターゲットを絞り、ギリギリまで余計なものを削ぎ落とした企画書とプレゼンテーションが出版に結びつくのだと確信を得ました。
その後、「猫背」に特化した内容で、出版が決まり、9ヶ月後には著書が書店に並んで、晴れて「著者」伊東稔が誕生しました。

この出版合宿は、出版について知ることができる・出版企画書を著者レベルにまで高めることができる・プレゼンテーションのダメ出しとアドバイスをしっかりとしてくれる・合宿後のアフターフォローがしっかりとしているので、いつでも親身に相談に乗ってもらえるというものです。
ただ講義を聴いて「分かったような気になる」セミナーではなく、手を動かし、確実に出版への道筋を見つけることができる内容でした。
山口拓朗さん、MOMOさんの講義とアドバイスにより、多くの方が出版の夢を現実のものにしていただきたいと思います。

ねこ背を治す教科書
著者 伊東稔(カイロプラクティック伊東 院長 )
伊東稔さん
無名の地方在住の整体師」が「著者」になれた!

かねてから出版したい思いはありましたが、チャレンジしてもなかなか実を結ばずにおりました。
そこで2016年、富山にて出版合宿に参加しました。

この合宿で「ハッ」と気付かされたことが多々あります。
専門家としての、自分の中では「当たり前」のことでも、他人からすると知らないことだったりします。
より多くの人の健康に役立つメソッドの掘り起こしをしたら、「猫背」にたどり着きました。
私にとっては、猫背を治すのは簡単すぎるほど簡単なこと。
「得意」というより、出会った人がいい姿勢になるのは「当たり前」のことでした。
その「当たり前」の「得意」なことを、いかに出版企画書に落とし込んでいくのかが出版合宿での大きな収穫でした。

出版合宿では出版企画書を作るだけではなく、それを決められた時間内でプレゼンテーションする機会も得ました。
上っ面の言葉を並べた企画書ではなく、本当に自分が読者に提供できることをしっかりと作り込み、それを自分の言葉で発表します。
プレゼンテーションのターゲットは出版社の編集者です。

「この著者(私)はこんないいもの持ってますよ」「私だからこそ、この企画に対して文章が書けるのですよ」「これをこうすれば、ほらすぐにこうなりますよ」
ターゲットを絞り、ギリギリまで余計なものを削ぎ落とした企画書とプレゼンテーションが出版に結びつくのだと確信を得ました。
その後、「猫背」に特化した内容で、出版が決まり、9ヶ月後には著書が書店に並んで、晴れて「著者」伊東稔が誕生しました。

この出版合宿は、出版について知ることができる・出版企画書を著者レベルにまで高めることができる・プレゼンテーションのダメ出しとアドバイスをしっかりとしてくれる・合宿後のアフターフォローがしっかりとしているので、いつでも親身に相談に乗ってもらえるというものです。
ただ講義を聴いて「分かったような気になる」セミナーではなく、手を動かし、確実に出版への道筋を見つけることができる内容でした。
山口拓朗さん、MOMOさんの講義とアドバイスにより、多くの方が出版の夢を現実のものにしていただきたいと思います。

ねこ背を治す教科書
著者 伊東稔(カイロプラクティック伊東 院長 )
3名の編集者からオファーをいただき、2冊の本を出版!
私は、2018年10月のおふたりの出版合宿に参加させていただき、結果、編集者3名の方々から手を挙げていただくことが出来ました!
 
山口さんご夫妻の渾身のサポート、そして、冷静で的確なアドバイスに、本当に感謝しています。
 
「自分の伝えたいこと」をクリアにし、誰にでも「分かりやすい」表現にするためにはどうしたらよいか…脳ミソがフル回転の二日間。「出版合宿」は、自分自身と向き合うとても素晴らしい機会となりました。
 
私は、自他ともに認める「身体オタク」で、ついつい自分が伝えたいマニアックな内容を文章に盛り込んでしまいがち。
でも、それを「伝える相手」は、一般の方々。
 
いくら内容が良くても、「やってみたい!」「それいいね!」と思って本を手に取っていただかないと、内容が伝わるところまでいかない…。
 
だから、豊富な知識と経験を「分かりやすく」伝える必要があるのですが、
どうしても専門家としてのマニアックさが抜けきらない私は、なかなか「分かりやすい」表現が出来ず、苦しみました。
 
そんな私に、山口さんご夫妻は、時には出版社・編集者の目線から鋭い突っ込みをしながらも、とても熱いサポートをしてくださいました。
 
そして、私が伝えたいことが分かりやすく凝縮された企画書が完成!お二人には本当に感謝しかありません。
 
この「出版合宿」での経験を活かして、これから皆さんに「分かりやすく」私のメソッドを伝えていこうと思います!

『1回30秒 理想の体型が手に入るからだ美調律メソッド』
『30秒おしり歩き骨盤リセット』

 
 ライズライフスタジオ代表 溝口 葉子

よくある質問

Q:会社員です。まだブログなどは開設していませんが、出版に興味があります。このような私でも合宿に参加することはできますか?

A:ブログの開設は、参加の必須条件ではありません。「何かしらの特殊な経験」「仕事や趣味での豊富な実績」「自分だから伝えられること」「個性的な特技や特性」「長く続けてきたこと」「熱中してきた趣味」「何かしらの資格や専門性」「講師など人に伝える・教える活動をしてきた」——などがあれば、企画書を作ることができます。もちろん、出版するテーマに関連するブログを書くことは、有利な材料にはなります。出版を見据えて、今からブログを書き始めるのもオススメです。

Q:3日目の午後に、編集者へのプレゼンがあるということですが、そこで編集者さんから手があがったら、出版が決まるのでしょうか?

A:「手があがる=出版決定」ではありません。通常、出版社内における「編集会議」に通過した段階で“出版決定”となります。プレゼンで手があがった方は、編集会議での企画通過を目指して、その編集者と打ち合わせややり取りをする権利を得た、とお考えください。



Q:まず、紙の書籍ではなく、Kindleなどの電子書籍での出版を考えています。この講座で電子書籍での出版について学べますか?

A:商業出版とKindleなどの電子書籍は、まったく別ものです。本講座は、商業出版での企画通過を目的としていますので、Kindleでの出版をお考えの方にはおすすめしません。

Q:ブログなどを書いていて、コンテンツには自信があります。講座に参加したいと思いますが、3日目のコンペに通過しないと出版はできませんか?

A:いいえ。コンペの結果は、その時点での企画書に対する判断にすぎません。後日、企画を修正する&磨き上げること、あるいは、著者プロフィールを強化することなどで少しずつ出版実現に近づいていきます。また、出版社(編集者)との相性もあります。同じ企画でも<A社では不採用><B社では採用>ということもよくあります。出版を実現させるためには、諦めずに継続的に取り組む姿勢が必要です。

Q:いろいろな事に興味があり、出版したいコンテンツが自分ではわかりません。このような状態で参加してもいいでしょうか?

A:今回の出版講座の目的の1つは、「いつか本を出したい」という方に向けて必要なステップを知ってもらうことです。出版合宿に参加すると、いつか本を出すために、これからどんな準備や情報発信や実績作りをすればいいのかがわかります。出版したいコンテンツがまだはっきりしないという方は、今回の出版コンペでは出版は決まらないかもしれませんが、その後に本を書くための土台を作っていくという考え方で参加するといいですね。


申し込みいただいたメールアドレスに自動返信メールが届きます。
自動返信メールが届かない、確認したいことがある場合は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

特定商取引法表示

販売業者 株式会社 アップリンクス
運営統括責任者 代表取締役 山口朋子
所在地 東京都板橋区成増1-23-19 クロスロード3F
電話番号 03-6479-3857 ※お問い合わせはメールにてお願いいたします。
連絡先(メール) info@up-links.jp
販売URL https://peraichi.com/landing_pages/view/s-gassyuku
電話番号 03-6479-3857 ※お問い合わせはメールにてお願いいたします。
支払い方法 銀行振込
販売価格

178,000円(税別)

※参加費には出版コンペ参加費を含みます。
※現地までの交通費は含まれません。

キャンセル・返金について 申し込み後、10月9日までのキャンセルは、所定の手数料(21,600円)を引いた額を返金いたします。10月10日以降の取消に関しては、参加料金の返金は出来ませんので予めご了承ください。やむをえず参加できない場合は、代理の方にご参加いただくか、資料等を郵送いたします。
禁止事項

合宿中の政治・宗教活動、思想グループ・ビジネス等の勧誘を禁じます。

上記の行為が発覚した場合、退室していただく場合があります。

その際、お支払いされた費用に関しての返金は致しません。

お問い合わせ

本出版講座へのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。


電話番号 03-6479-3857 ※お問い合わせはメールにてお願いいたします。