働き方はそれぞれ…

自分に合った働き方はどれだろう?

介護業界の契約社員について

介護業界では正社員やパート以外の雇用スタイルとして、アルバイトのほかに契約社員を雇用しているところもある。そのほとんどは公的な機関や規模の大きい施設であり、職種も介護スタッフだけではなくケアマネジャーも募集されているようだ。そのため正社員やパートでの仕事が難しい場合や何らかの理由でそれ以外の雇用スタイルを希望する場合、契約社員としての雇用も可能となっている。

そんな介護業界での契約社員として働くことが推奨される人としては、例えば働く期間が決まっている人が挙げられている。介護関係での契約はほとんど1年単位とされているので、そこまで長い期間働く予定がない人などが働きやすい契約内容だと言えるのだ。ほかにも気軽に働きたい人や転職を検討していない人など、正式な社員として入職を検討していない人などにも契約社員は推奨できる雇用スタイルである。

ただ契約社員を募集している職場のほとんどは市が管理しているところや市から委託された業者など、なかなか正社員やパートとして就職しにくい場所が多いとされている。このためなかなか募集が出ていないところで働いてみたいという人にもる推奨できる雇用形態だと言えるほか、本格的に転職を検討する前に色々な施設や職場を回ってみたいと考えている人が利用するケースも多い。

ちなみに介護業界での契約社員は契約更新するか正社員として働くかのどちらかになるので、ちょっとした職場の試用期間として利用する人もいるのである。介護職で契約社員として働く場合は、こちらの<契約社員としての働き方~介護業界編~>というサイトを読んでおくと良いかもしれない。