沖縄の伝統工芸の一つである琉球絣(りゅうきゅうかすり)の最大の特徴は、およそ600種という多彩な図柄です。一つ一つ丁寧に織り上げた琉球絣は、独特な色合いであなたの想像力を刺激します。


琉球絣は、小物だけじゃなく着物や浴衣、壁飾り、ブックカバーなど様々な用途にご利用頂けます。

職人の手によって紡ぎ出される沖縄の伝統工芸

*素材*

私達の使う糸は、南風原町の琉球絣を使用しています。
*過程*
精密に計算された間隔で括られて、染められた糸を織りあげていくと独特の絣模様が現れる。

琉球絣(りゅうきゅうかすり)とはどんな織物?

琉球かすりは琉球王朝時代、王府に貢納布として発展しました。当時は庶民の絣柄着用は許されていませんでしたが、明治時代に入って着用が許されるようになると、琉球絣は庶民の晴れ着として着られるようになりました。琉球かすりは現在も琉球王府時代から伝わる図案集を元にデザインされ、全て手作業で作られています。一反を作るのに約2ヶ月。その大半は織る前の準備に費やされます。(以上事典引用)