伝統工芸のアイテムを身に纏いたいけど
「ピン!」と来るアイテムがない!

そんなあなたにオススメする
琉球紅型(びんがた)「語れるシャツ」

伝統工芸をさらに上品に!
日常的に着用できる

シャツとしてのこだわり

Shoutarou Binagata NAHAは、
沖縄の強い日差しにも負けない程の
鮮やかな色彩が特徴的な伝統工芸品
「琉球紅型(びんがた)」 職人である
金城昌太郎の意思を受け継ぎながら
日常的に品良く使用できるアイテムを
目指して立ち上げたブランドです。

琉球紅型(びんがた)とは

ここで少し琉球紅型(びんがた)
についてお話いたします。 

「びんがた」は、琉球の旧都首里に400年余の
伝統を誇る優雅な琉球独特の染め物です。

顔料と染料を巧みに合わせ、
木綿、麻、絹に染めていきます。

 その昔、静かな首里の町を
女性が「びんがた」を着飾って歩くと、
紅型の鮮やかな赤や黄や藍の色彩が
自然の緑に調和して花のように乱れ咲き、
その美しさはたとえようもなかったと
語り伝えられています。
このような琉球紅型の魅力を感じながら
紅型師:金城昌太郎の貫き通した想いを
カタチにするだけでなく
祖先のアイデンティティを着用する事が楽しくなり
末永く愛用していただくことができないか。
そんな事を日々考え、
その中で見つけた一つの答えを
今回、 この商品でお届けいたします。

紅型師:金城昌太郎ってどんな人?

きっと、あなたはこの投稿で紅型師:金城昌太郎の名前を
初めて知ったのではないでしょうか?

それには理由があります。

紅型師:金城昌太郎は、
問屋様、小売店様、
さらにはお客様からの注文も一切受けず

自身の美学
『琉球王朝時代の紅型の美しさ』を
60年間、追求し続けたからです。

一切、注文を受けなかった理由としましては

注文が増えると
お客様の意向を無視できなくなり
自分の美学が、お客様の美学に
浸透されてしまうのを恐れた為です。

もちろん、注文を受けた方が
お客様の喜ぶ商品になり、
認知度も拡大していくのですが
それでも、昌太郎は
自分が決めた事を一切ブラさず
60年間、作品を作り続けました。

さらに工房も昌太郎自身、1人で制作しており
口コミでのお客様がほとんどなので
お着物が好きな方でも知られている方は、
ほとんどいないのではないかと思います。

自分の信念を貫いた
紅型師:金城昌太郎の作品をご紹介

ここまで語られると
紅型師:金城昌太郎が
日頃、どんな作品を作っているのか。
気になったと思いますので
少しだけご紹介いたします。
創作着尺(手前):キビの穂に小鳥
創作着尺(奥):大戸の浜
琉球紅型六通帯:いじゅの花
48万円(税込)
琉球紅型六通帯:さわふじ
58万円(税込)
いかがでしたでしょうか?

きっとあなたが
今までご覧になって来た琉球紅型のイメージとは
少し違う雰囲気だったのではないでしょうか?

落ち着いた配色だけど、
どこか品のある鮮やかさがある。
これが金城昌太郎が創り出す琉球紅型の特徴です。

私自身、父親としてではなく
一人の紅型職人として
この貫き通した姿勢に感動し
紅型師:金城昌太郎が制作したデザインの
アイテムを着用したい!
と心から思い、今回シャツを制作しました。

琉球王朝時代からの想いを
      伝えるためのデザイン

今回、制作した「琉球紅型 柄シャツ」は
沖縄県指定無形文化財保持者:金城昌太郎が
制作した図案(型紙)で
シャツに最適なオリジナル生地を制作しました。
昌太郎が制作した図案を使用する事で
琉球紅型の鮮やかさの本質である『柄』を
しっかり表現しました。

また、カラーをモノトーンにする事で
威圧感を与えてしまいがちな柄シャツを
品良く魅せれるようにしました。
語れるシャツ
SAWAFUJI ONE-NIGHT White は、
「白夜に咲き誇るさわふじ」のイメージしております。

真夜中でも薄明を照らし続ける白夜。
一晩中明るい風景の白の中で、
光を浴びて黒の影をその身に反映させる。
そんなさわふじの花の情景をイメージして描いています。
下記のような事でお悩みの
あなたに

ぜひ、着用してして欲しい!

  • 大切な商談を控えている方。
  • 自慢できるシャツを探している方。
  • 自分らしさを表現したい方。
  • あなたのセンスを褒められたい方。
  • 自分から話かけるのが苦手な方。
  • 自慢できるシャツを探している方。
この商品は
職人が1枚1枚丁寧に手作業で制作している為
大量生産が出来ず、30着限定のアイテムです。

古き良きアイテムの本質を
   表現する為に選んだ「生地」

日本の伝統を感じて欲しい。
そのような想いから使用している生地は、
京都の老舗の染工房より
昔から日本人に愛されており、着心地の良さを重視して、


『木綿』


を選びました。
さらに紅型師:金城昌太郎が
後世に伝えたい琉球紅型の魅力でもある


【沖縄独特の「デザイン」の美しさ】


を表現する為に
「モノトーン」の一色で染めておりますので
琉球紅型の本質をしっかり感じる事ができます。

TPOは不問!
あなたが着たい時に着れるシャツ

語れるシャツは
TPOに関係なく着用する事ができます。

柄シャツなのに
TPOに関係なく着用できる!?と聞いて、
半信半疑な方もいると思います。

そこで、これまで延べ6万通り以上の
スタイリングを提案してきた
印象コーディネーター:山口 寛氏に協力を頂き
ビジネス・オフィスカジュアル・オフの日に合わせた
コーディネートをご紹介いたします。
ビジネスで合わせるなら、
細身のパンツを合わせるのが定番です。
黒のパンツを合わせてもカッコよいのですが
写真のようにダークグレーのパンツを取り入れると、
ワンランク上の大人の男性を演出する事ができます。
オフィスカジュアルの場合は、
艶感があり、伸縮性の素材のパンツを
合わせるのがオススメです。
色は写真のようにグレーなどを合わせると
品良く好印象を与える事ができます。
オフの日の場合は、こちらのアイテムが
襟付きのシャツで、モノトーンで品が良いカラーなので
基本的には何を合わせても印象良く見せる事ができます。
写真のようにノンウォッシュのデニムに合わせると
カッコいい大人な男性の印象を与える事ができます。
ご覧のとおり、
どのシチュエーションで着用しても
品良くスタイリングできる事が
お分かり頂けたでしょうか。

ぜひ、あなたが着用したい時に、
それぞれの着こなしをお楽しみ下さい!

自分の美学を
こだわり抜いた職人の柄

今回、使用している琉球紅型の柄は
この道、一筋60年の紅型師:金城昌太郎が
制作したオリジナル柄「さわふじ」になります。
さらにこの60年、職人一筋の中に
ただならぬこだわりがあります。

それは、自分の美学を表現する為に
問屋さま、小売店さま、
そしてお客さまからの注文を一切受けずに
自分が美しいと感じた

【琉球王朝時代の紅型の美しさ】

をどうやったら表現できるか。

ただ、ただそれだけを追求し制作し続けた
職人のオリジナル柄になります。
ですので、
琉球紅型を知っている着物好きの方に見て頂いても
とても貴重な柄で、見ているだけでも、
とても楽しい気持ちになるはずです。

柄は、沖縄の初夏の夜にだけ咲き、
朝になると散ってしまう「さわふじ」です。
花言葉が「幸福の訪れる」と言われており
あなたのご家族さまにも、
幸福が訪れる事が込められております。

プロデューサー金城が
     シャツに込めた想い

最後に。私の想いと願い

日頃、紅型師:金城昌太郎が制作しているのは
着物用の帯になります。

元々は、その「帯」の情報発信をしていたのですが
昌太郎の琉球紅型にかける想いを知れば知る程

昌太郎がデザインした柄を日常的に着用したい。

という想いが強くなっていきました。


日常的に着用するアイテムにするなら
品良く着れるのはもちろんの事、
昌太郎のこだわりを
しっかり表現できるアイテムにしたい。と考え
試行錯誤を繰り返し、
今回の「琉球紅型柄シャツ」が完成しました。

多くの方に
昌太郎が貫き通した琉球紅型の想いと
シャツに込められたこだわりを感じて頂きたいです。

その為にも私はこのシャツを着て
一人でも多くの人に
琉球紅型の魅力を語っていきたいと思います。

最後までお読み頂き、本当にありがとうございます。
この商品は
職人が1枚1枚丁寧に手作業で制作している為
大量生産が出来ず、30着限定のアイテムになります。

Shoutarou Binagata NAHA
プロデューサー金城昌之
ってどんな人?

私、金城昌之は、
1981年5月12日に
金城昌太郎びんがた工房の一人息子として生まれる。

幼少期から
テーブルの上には
白い画用紙と色鉛筆があり
自由に絵を描かされる。

その影響もあり
絵を描く事が嫌いなり
紅型師:金城昌太郎が大切にしている

オリジナルデザインを創作する精神は育たず

職人として教育される事は一切なく
逆に琉球紅型の事以外であれば
何をやっても良い!と自由きままに成長する。

日常的に
紅型師:金城昌太郎の作品を目にする機会は多々あったが
「大人の塗り絵」としか感じる事が出来ず
古臭い伝統工芸よりも
最先端の物や事が好きになる。

専門学校に進学した頃には
都会に憧れを抱き
IT業界を経験した後に
不動産売買営業に従事する。

失恋がきっかけで乗船した
地球一周の船旅で出会った青年実業家の
「沖縄には世界に誇れる『歴史』『自然』『伝統文化』がある。​
この3つが揃っている地域は世界中を見回してもそうそうない!​
そう思わないか?」

と言う一言に共感し
生まれて始めて父の仕事である
伝統工芸の琉球紅型に興味を持つ。

帰国後、琉球紅型に携わりたいと思い
父に弟子入りを志願するも
大激怒され断られる。

ただ、世界各地を見回りながら感じた直感を諦める事が出来ず
伝統工芸に関わりそうな地域振興の仕事に就く。

そこで様々な職人から
紅型師:金城昌太郎の魅力を聞かせて頂いた事で
昌太郎の紅型に対する情熱を聞き
生まれて始めて昌太郎が制作した作品に興味を持つ。

昌太郎の魅力を聞いた上で
改めて作品を見ると
少しずつではあるが
私がイメージしていた紅型と違うという事に気づき始める。

仕事の関係で
南風原町商工会の特産品開発に携わり
そこで琉球絣、南風原花織の職人達と
試行錯誤を重ねる中で
自分の中でも
紅型師:金城昌太郎の作品を纏いたい!という想いが強くなり
2019年 Shoutarou Binagata NAHAを立ち上げる。