ホテル・旅館M&Aサイト

観光立国を目指す日本。
その主役といえば、温泉旅館は観光の大きな目玉です。

温泉地における宿泊施設数は、2017年以降
13,000軒を下回りました。(環境省データより)

観光業界を再構築!

私どもは、M&Aという手段を活用し
温泉地にあるホテル・旅館の承継を支援いたします。


YouTube動画でわかりやすく旅館ビジネス成功の秘訣をご紹介

2021年12月以降、コロナ関連の支援策が延長されない場合、借り入れの返済等がスタートします。その前に、事業を自力で維持・成長していくためにはどうすればよいか経営コンサルタントの方々が動画で解説しています。

温泉旅館は、観光客が訪れなければ商売に結びにくいのが実情です。もし有名な場所ではなかった場合は、どのような打開策すべきなのか、経営コンサルタントの方々にインタビューしました。

ホテル旅館M&AのQ&A 100

「最後まで誰にも頼らず何とか経営を立て直したい。」オーナー経営者様の多くはこのような想いを持たれています。しかし、金融機関にリスケをお願いする段階で一度、コンサルタントに他社の事例を聞いてみるのも一つの手かもしれません。

過去の歴史を辿ると、温泉旅館の買い手企業は、ファンドであったり、大江戸温泉や伊東園ホテルグループが有名どころでした。令和時代になり、この流れもホテルチェーンのみならず、個人投資家も候補先として挙がっています。その理由とはいったい・・・
M&Aがスタート段階でつまづいてしまう要因の1つに、『譲渡金額の乖離』が挙げられます。旅館は設備が立派ですので、価格も高く売れると思うかもしれませんが必ずしも効率の良いビジネスモデルになっていない旅館も多々見受けられます。話が頓挫しないために事前にオーナー経営者が知っておくべきことは何か。
長年にわたりホテル旅館のコンサルティング業務を行ってきた2人。自らホテル事業を運営したいという想いから土地購入からホテル事業に参入。果たして結果はどうなったのだろうか。
長年にわたりホテル旅館のコンサルティング業務を行ってきた2人。自らホテル事業を運営したいという想いから土地購入からホテル事業に参入。果たして結果はどうなったのだろうか。

ホテル旅館M&Aサイトとは

ホテル旅館のM&Aに特化したサイトがなく
専門的なアドバイスが必ずしも受けられていないのではないか

そのような想いから、本サイトを立ち上げました。

ホテル旅館M&Aの想い

  • 日本の温泉旅館を魅力を世界に広める
  • 廃墟により景観が悪化する現状をマーケティングの力で復活させる

  • 観光業界に新たな技術を取り入れ、歴史ある文化との融合を図る


経営コンサルタントが立ち上げた
ホテルのご紹介


独占配信中!温泉旅館経営YouTube動画

ホテル経営と旅館経営には、ある決定的なビジネスの考え方の違いがあります。
今回は経営コンサルタントに、その違いをインタビューしました。
順風満帆な滑り出しをきったホテル経営。
まさかのコロナショックにより、借入金の借り換えができないかもしれないピンチに!次の一手とは
順風満帆な滑り出しをきったホテル経営。
まさかのコロナショックにより、借入金の借り換えができないかもしれないピンチに!次の一手とは

よくあるご質問

  • Q
    どのような相談が可能でしょうか。
    A
    M&Aによる事業の譲渡や譲受けのみならず、経営コンサルティング支援も行います。
  • Q
    誰が旅館M&Aのアドバイスをおこないますか
    A
    10年以上経験のあるM&A専門家がアドバイスをおこないます。