とにかく時間がない今年の受験生へ

最高の効率で英語の本質を身につけましょう。
プロ講師による完全1対1のオンライン授業
RunWithなら


絶対に英語がわかる!
プロによる1対1講義で、これまでの基礎を含め、分からないところを徹底的に潰します。特に英語で伸び悩む人は、集団授業や自習では、何を理解すればできるようになるのか、中々わからないものです。一人一人の状況に寄り添った指導で、英語への不安を解消します。
移動時間なし!
授業は1コマ1時間。オンラインで完全完結。通塾の必要性がないので、部活などで忙しい方も効率的に学習できます。今年の高3生現役生は特に時間がなく、いかに効率的に勉強していくかが勝負。WEB授業を活用してライバルに差をつけよう。
リスニング完全対応
学校や予備校などでは受けられない、発音のトレーニングを、基礎からしっかり受けることができます。共通テストでリスニングの重要性が高まる中、体系立ったメソッドによるリスニング学習は必須です。
リスニング完全対応
学校や予備校などでは受けられない、発音のトレーニングを、基礎からしっかり受けることができます。共通テストでリスニングの重要性が高まる中、体系立ったメソッドによるリスニング学習は必須です。

執筆者

morit(モリティー)
愛知県出身。東京大学文学部卒業。TOEIC945点。教育業界での起業を目指し、都内ITベンチャー企業で勤務後、名古屋市内の老舗個別指導塾にて修行。2020年5月、オンライン個別指導RunWithを開業。
専門科目
  • 英語は中学基礎から東大・京大合格レベルまで、一人一人の目標や性格、物事の理解の仕方に合わせて、オーダメイドで導きます。基礎英文法から、英文の構造分析、長文の速読、リスニング対策、その他各大学の過去問対策など、受験英語に関するすべてをひとまとめでお任せください。
  • 現代文についても指導経験多数。「現代文なんて勉強の方法あるの?」と思う方は、ぜひ一度ご相談ください。各大学の問題作成者の心理まで丸裸にするような、明晰な方法論があります。誰でも訓練次第で身につけられる手法です。
  • 個別指導だからこそ達成できる、「何となく」「ふわっと」した理解に止まらない、「確信を持って説明できる」「本質的な」理解を実現させる指導に自信がありますまた、生徒一人一人と深く寄り添ってきた経験から、科目指導だけでなく、進路相談や、日々のモチベーション維持方法、その他色々な悩みや考えたことなど、カウンセラーとしての役割を兼ねることも多いです。
  • 現代文についても指導経験多数。「現代文なんて勉強の方法あるの?」と思う方は、ぜひ一度ご相談ください。各大学の問題作成者の心理まで丸裸にするような、明晰な方法論があります。誰でも訓練次第で身につけられる手法です。
その他の情報
普段は自宅からリモートワークです。妻が飾ってくれる植物で集中力をUPさせています。
趣味はギター。ギブソンのアコギは20万円以上します。中学生の頃から弾いていますがヘタです。
趣味はギター。ギブソンのアコギは20万円以上します。中学生の頃から弾いていますがヘタです。

英語が伸びないと困っていませんか?

英語からは絶対に逃げられませんよね
英語が苦手な方には非情なことに、今日の大学受験では文系理系を問わず、英語から逃れることはほとんど不可能です。共通テストも問題量が非常に多く、読み・聞きを含めてかなりの処理能力を要求される他、上位大学の2次試験では非常に高度な読解力を要求されます。将来英語を活かした職業や専攻に進もうと考えている人はもちろんですが、そうではない学部でも、他の科目は仕上がっているのに、英語だけが足を引っ張ってしまい、希望の進路に進むことが叶わない先輩は、毎年数多くいます。今、どうしたらいいか分からない、という人は、一刻も早く対策をはじめましょう。

伸び悩む人にはこんな傾向があります

まずは何がどう分かっていないのか、を知るところからはじめましょう
英語でつまづく人には、必ず基礎に欠陥があります。中学生レベルの基本から始まり、これまで学んできた英文法を、「何となく」こなしていませんでしたか?
「何となく」「勘で」これが一番危険な信号です。確かに、英語を一定以上のレベルに至らせるには、文法や単語の知識を、感覚で分かるレベルまで身につけていくことは必要です。一方で、ほとんどの受験生は、そうした意味での「根拠のある感覚」ではなく、もっと「ぼやっとした感覚」に頼って英文を読んでいます。例えば、「ここが〜ingになっているのはなぜ?」と言った時に、いつも人に説明できるほど明確な理解をできているでしょうか? ここが分かれ道です。

オンラインの個別指導だから、短時間で本質を学べます

読解に必要な本質は、実は意外と少ないことに気づいて下さい
当会は、完全オンラインの1対1 、1コマ60分で授業を行っています。とにかく時間のない受験生に、最大の効率で実力をつけてほしいと考えているからです。高三生以降は、基本的に構文解釈と長文読解の演習から取り掛かりますが、その中で英文の読解について絶対に必要な作法を徹底的に体得して頂きます。自ら英文を読む中で、「そうか、こう考えるのか!」という発見を何度もしてもらい、その実感の中から体系立った方法論を身につけて行きます極端に基礎ができていない場合を除いては、週2回も授業があれば、半年未満の期間で、多くの先輩が英語力を覚醒させています。

基礎ができたら、過去問別の徹底対策も

1対1だから、志望校の形式だけに沿った、完全にムダのない授業を実現できます
受験先の入試の過去問ごとに、必要とされる対策は大きく変わってきます。特に現役生は時間も少なく、夏休みが開けて秋になり、10,11月には共通テスト前、と言った雰囲気になって行きます。そんな中、国公立の2次試験や私立の個別の入試への対策は、かなり後手に回ってしまう傾向があります。当会の授業では、受験先の過去問や、それに類する問題を早期から授業で取り上げることで、多くの受験生が陥りがちな受験校への対策不足を未然に防ぎます。

今なら、卒業まで代表のmoritが責任を持って担当します。

個別指導のスタイルで授業を受ける一番のメリットは、各生徒さんのこれまでの躓きのポイントや、性格、できるようになってきたことなど、あらゆることを講師が把握した上で、深い信頼関係を持って授業を進めることができることです。
そのために一番必要なことは、相性の合う先生を選ベることと、その先生が受験を終えるまで指導を継続できることです。
受講生が増え、事業規模が拡大して行った後でも、こうしたコンセプトに変わりはありませんが、創業したばかりの今、生徒となってくれた方には、私自身が最後まで責任を持って担当をさせて頂きます。

忙しい受験生に向けて、それぞれに最適な指導・学習提案を行います。

RunWithなら・・・

授業はすべてオンラインで完結するから、効率的で圧倒的に楽!

移動時間がかからないので、大きく時間の節約になります。例えば、週2回予備校に通えば、通塾だけで最低でも週1~2時間のロスが生じます。こうしたロスは年間を通じてみると100時間以上にもなり、この時間を使えば、例えば古文漢文と言った科目を丸ごと1科目受験レベルまで仕上げることができます。また、授業を受ける体力的な面を考えると、実際の時間損失はそれを遥かに上回ります。スムーズに授業を終えることで、その後の自分の勉強にも集中して取り組むことができます。

基礎からリスニングを完璧にして、新たな得点源に!

例えば、"r"と"l""s"と"sh"と"th"英語の"a"の音の発音の種類、文として発話したときの単語同士のリンキングなど、基本的な英語の発音をきちんと自分の口で再現できていますか?
一般的に語学では、自分で再現できない音は、聞き取ることができない、と言われています。
現在の日本の学校における英語教育の問題点として、実際にはこれらの区別は英語を聞き取る・話すのに非常に重要であるにも関わらず、ほとんど体系的な指導が行われていない、ということがあります。
なのにも関わらず、英検ではリスニングは必要ですし、共通テストでもリスニングの比重がとても高く設定されています。
帰国子女であったり、小さな頃から英語を習っている、という人ははじめからリスニングができますが、そうでない人は何をどうしたらリスニングが伸びるか分からない、という状況に陥りがちです。
オンラインによる個別指導だから、何度も発音を練習して、その後の学習をより効果的なものに変えていくことができます。

英単語、熟語、文法・語法を、Webツールを使って最後まで身につける!

習ったこと、必要な知識が、本当に身についているのか。自分で再現できるのか?
これが勉強で最も大切なことです。ただ授業を受けるだけ、問題を解くだけでは、この一番大切なことが達成できません。
そもそも、おかしいとは思いませんか。これだけ映像授業や参考書が充実した現在、情報的には誰もが同じものにアクセスできるのに、結果の明暗は分かれて行きます
なぜそうなるのかと言うと、何をどこまで本当に理解し、記憶して、実践できるのか?ということが、自分自身では自覚しにくいからです。
この問題集は○周したから、とよく言いますが、本質的には類題を解いた時に、きちんと解き切れるのか、そうでないなら、何が欠けているのか、を自覚していくことです。
Webツールによる学習サポートはすべて無料で行っています。授業そのものと連動させ、曖昧な理解を残しません。

志望校別の過去問分析を共に行い、納得感のある学習計画を!

受験は逆算が大事だ、という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。逆算とは、最終的なゴールである過去問を事前に研究することで、大学が受験生に求めるものは何か、今の自分に足りないものは何か、を知り、そのゴールに向けて学習を積み重ねていくことです。
一方で、この逆算というのが曲者でもあります。過去問を研究しろと言われたところで、一体何をどう研究すればいいんだ?と思う受験生の方が、圧倒的に多いのではないでしょうか。
それもそのはずで、自分が解けない問題を研究するのには限界があります。しかし、最終的にできなければならないことなんなのか、理解した上で学習を進めることは、受験の鉄則でもあります。
そこで、RunWithでは、一通りの基礎を学習し終えた後に、各生徒の志望校ごとに過去問の分析演習授業を複数回行い、一人一人が納得してまっすぐに走れるような学習プランを作成します。

いつでも何でも気軽に質問・相談できます!

授業の外でも、ふと分からない部分に出会ったりすることはありますよね。
RunWithの受講生については、LineやTwitterのDMを使った質問は、いつでも無料で受けつけています。教科に関する質問もOKですし、その他進路関係の相談もOK。例えばAOなどを受けられる方は、小論文の添削や、提出書類や面接の原稿の添削なども対応しています。
ただし、どうしても授業が優先にはなりますし、あまり複雑なことはメッセージでは説明し切れないので、こちらは授業と合わせての補佐的なサポートとお考え下さい。

料金表(税抜)

週1(月4回/60分/1コマ) 高1:20720円
高2:21920円
高3・既卒:23120円
週2(月8回/60分/1コマ) 高1:41440円
高2:43840円
高3・既卒:46240円
週3(月12回/60分/1コマ) 高1:62160円
高2:65760円
高3・既卒:69360円                  

週3(月12回/60分/1コマ) 高1:62160円
高2:65760円
高3・既卒:69360円                  

無料相談・無料体験 申し込みフォーム

まずは下記フォーム、または私のTwitterアカウントのDMよりお問い合わせ下さい。
メールで簡単に現状についてお聞きした後、時間をお打ち合わせした上でZoomまたはSkypeにて受験相談・体験授業を実施させて頂きます。体験授業の時間は60分/1コマで、相談も含めて最大90分程度になります。
高校生の方のお問い合わせの場合は、体験授業を受ける前に、保護者の方に了承を得て頂きます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信