キャリアプランを考えるということは、将来を考えるということです。

どんな仕事をしていて、どんな立場になっているのか。

また、エンジニアであれば、ゆくゆくはフリーランスになりたい、起業したいと考えているという人もいると思います。

しかしどんな将来でも、キャリアプランを考えておかないと、例えば10年後、「もっとこんな風になっていたなかったな」とか、「若い頃はフリーランスになりたいと思ってたな」とか、「ほんとなら今頃起業してたのに」といった具合に、「あの時こうしておけば」といった後悔へと繋がってしまうと思います。

そうならないためにも、キャリアプランを考える必要があります。

エンジニアのキャリアプラン

エンジニアのキャリアプランは大きく3つに分けることができます。

それぞれどんなキャリア(立場や役割)なのか見ていきましょう。

(※上の図にも出てきた、5~10年後の担当フェーズがそれに当てはまります。)

プロジェクトマネージャー

プロジェクトとプロジェクトメンバーをマネジメントする人です。

もう少し具体的にいうと以下の3つを管理し、プロジェクトを成功へと導いていくのがプロジェクトマネージャーです。

品質予算スケジュール(人)

一般的なキャリアプランとして、リーダーになってくことをイメージする人が多いと思いますが、その最終地点がプロジェクトマネージャーとなります。

 

スペシャリスト

マネジメント業務は行わず、技術だけに特化して業務を行う人です。

スペシャリストの人だと、要件定義は基本的に行わず、設計以降のフェーズを担当します。

プログラマーであればプログラミングでの開発、インフラエンジニアであれば設計・構築がメインとなってきます。

人を束ねるのは向いてないけど、技術には自信があるという人向けのキャリアと言えます。

フリーランスの人は強みとなるスキルが絶対的に必要なため、このスペシャリストを目指す人が多いです。


 

 

ITコンサルタント

顧客の課題解決に対して、第一線で提案をしていく人です。

顧客の課題例

ITを駆使して業務をもっと効率化したい自社のビッグデータの分析や解析をしたい現システムよりも会社にマッチしたシステムを導入したい新しい事業立ち上げのために、必要となるシステムを用意したい

このような顧客の抱える課題に対して、提案活動をしていくのがITコンサルタントの役割です。

営業のような一面もあるのが特徴です。

ITコンサルタントには、自社の製品導入を目的としたコンサルを行う人と、他社の製品を広く扱っていて、それをもとにコンサルを行う人の2種類が存在します。

どちらがいいとか悪いとかはありません。

自社製品の導入であれば、自社の製品の導入メリットを誰よりも深く知っていないといけないですし、他社製品との差別ポイントも把握しておく必要があります。

一方、他社製品を扱う場合(代理店のようなものです)、当然のことながら幅広い知識が求められ、顧客の課題解決において、一番適した製品を見極める力も必要です。

結果的に、顧客の課題に対する解決能力として、様々な知識が必要になるという点ではどちらも同じになるわけですね。

将来は技術よりも、フロントに立って、顧客折衝をしてきたい人におススメのキャリアとなります。

 

注意

フリーランスになりたいという人の場合は、将来のキャリアプランはスペシャリストかITコンサルタントになります。

フリーランスの人に、組織のマネジメントを任せようという会社はないので、プロジェクトマネージャーになりたい人は、フリーランスではなく、社員として働く道を選びましょう。

 

キャリアプランの考え方1(SE・プログラマー)

 

SE・プログラマーのキャリアプランの考えを見ていきましょう。

キャリアプランを考える時には、担当フェーズとエンジニアの大きなキャリアプラン3つのうち、どれか1つを取り入れることで、比較的簡単に考えることができます。

SE・プログラマーの担当フェーズを確認しておきましょう。

SE・プログラマーの担当フェーズ

要件定義基本設計詳細設計プログラミング(開発)テスト運用(改修や機能追加)

 

ポイント

SE=上流工程(要件定義、基本設計、詳細設計)を担当する人プログラマー=下流工程(プログラミング、テスト)を担当する人

このように考えてる人が結構いますが、実は会社によって呼び方が変わるので、SEなのかプログラマーなのかはあまり気にする必要はありません。

大事なのは、職種の呼び方ではなく、【どの工程を担当する人なのか】です。

 

以上を踏まえてSE・プログラマーのキャリアプランについて、例文を見ていきましょう。

例文

プログラミングやテストからキャリアをスタートさせ、そこから3年後には、詳細設計や基本設計にステップアップし、5年後ぐらいには要件定義を担当できるようになっていたい。そして10年後は、プロジェクトマネージャーになっていたいです。

【解説】

担当フェーズとエンジニアの将来のキャリアプランのうち、プロジェクトマネージャーを選択した場合のキャリアプランです。

 

キャリアプランの考え方2(インフラエンジニア)

 

SE・プログラマーのキャリアプランの考え方を解説しましたが、インフラエンジニアのキャリアプランの考え方はどうでしょうか。

インフラエンジニアも、SE・プログラマーと同様に、キャリアプランを考える時には、担当フェーズとエンジニアの大きなキャリアプラン3つのうち、どれか1つを取り入れる形で考えていきましょう。

インフラエンジニアの担当フェーズ

要件定義機器やOS、ミドルウェアの選定設計構築運用、監視

 

ポイント

インフラエンジニアは、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの2職種に分かれている会社もあります。

そのため、将来のキャリアプランとして【スペシャリスト】を選択する場合は、ネットワークかサーバーの、どちらかに特化してやっていきたいと考えることもできます。

転職で年収アップさせる人がやっている行動

会社は「辞めずに」転職活動を始める

自分の市場価値を確認し、スキル・実績を書き出す

複数の転職サイトへ登録して情報収集する

自己PRできる履歴書・職務経歴書を書く

転職エージェントの利用で非公開求人に出会う

理想の転職を実現する面接の受け方

中途採用の面接で、必ずと言っていいほど聞かれるのが転職の理由。年収を上げたいから、とストレートに答えるのはいいですが、不平や不満を言い出したら、必ずといっていいほど落とされます。

特に上司が実力を認めてくれない、など愚痴をこぼすのは避けることです。

面接官は「きっと同じことをこの会社でも言うだろう」と想像するからです。また、実力が認められないのではなく、実力がないのではないか、と勘ぐられても仕方ありません。

面接の場では、不満や不満を言うのではなく、これからの希望を述べます。

これからこうしたい、と未来に目を向ければ、言葉はかなり前向きになります。加えて、収入のことばかりを言うのではなく、こういったことをしていきたい、と仕事面についても述べると印象が良くなります。

様々な求人情報サイト

実際にネット上には様々な情報サイトがあるのですが、
その中には色々な職種の求人情報が詰まっています。

自分がまったく働いたことがない職種等の求人情報も掲載されているので、
そういうのを一つ一つ見ていくのもいいでしょう。

中には特別の求人情報としてネットに掲載していないケースもありますので、
まずは登録をした上で探すと、高収入の企業の求人も見つける事が出来るようになります。

三つ目は自分にとって「高収入の企業」とはいったいどういう物かをはっきりとさせるという方法です。

一般的に色々な企業が世の中にありますが、
自動車のバイヤーや、電話などの通信機器、
メディア・マスコミ関係など年収が1,000万円を見込める企業は多数あります。

もちろんその実力があってこその収入にはなりますが、
将来的にもっとも高収入となりやすい職業なのです。

そこでまずは自分にとってどの職業が向いていて、
これから一生頑張ることができるのかを見つけることから始めてみるようにしましょう。

成功する人=転職上手

人は第一印象

面接にかかる時間というのはごくわずかです。
そこでその人物がどのような人なのかを判断するわけであって、
凝り固まる必要は全くありませんが、それでも自己プロデュースの方法で
自分を演出することも大事です。

例えばスーパーに並んでいるりんごがあったとします。
バラ売りだった時、あなたはどんなりんごを選びますか。

今は糖度センサーで中身はどれも甘くておいしいものだというのは、
誰でも知っています。

けれど、たくさん売り場にあるりんごの中でも、
あなたはおいしそうだなと思う1個を選んで買ってくると思います。

面接で誰を選ぶかというのも、このりんごを選ぶことと同じです。
人は第一印象が100%であり、会った瞬間の印象は面接時の印象そのものです。

人は見た目じゃないという人もいますが、
面接という場においては、人は見た目だと感じます。

ただし、生まれつきの顔の造形というよりも、
爽やかさであったり笑顔であったりという類の見た目です。

そういう意味で見た目が美しいと、相手にも好印象を与えます。
美しくあることはその人の努力で積み重ねるものです。

女性であれば、ナチュラルで健康的に見えるお化粧は必須かもしれません。

魅力について

また、口元は豊かに見えるように、リップライナーで
大き目に形どり口紅やグロスをしっかりつけておくこともおススメです。

人相学的にも、口元がふっくらしていると金運にも
恵まれるので大事なことだと思っています。

会社ではお金が巡って商売が成り立つものですから、
見た目でお客様をひきつけるような(業種にもよりますが)
魅力がある人だとどこの会社からも欲しいと言ってもらえるものです。

男性であれば、さすがに化粧まではしなくても清潔感が大事です。
男女共通で言えることは、自分自身の運気を上げるために
顔にツヤを出しておくことも、勧めます。

華がある人、一番わかりやすいのは今売れている芸能人のお顔だと思うのです。
人相になんだか魅力があると思いませんか。

どの人も、顔色がよくてツヤツヤしているはずです。
それをぜひあなたも真似てみてください。

やり方は簡単で、化粧用オイルやクリームなどで、
眉間の間・頬・鼻筋・顎のあたりにツヤが出るようにしてみてください。

ちなみに目力(めぢから)も人に何かアピールする時には、必要なパワーです。
お化粧の際には、ツヤと目力をしっかり意識してください。

魅力があれば、何でもうまくいく世の中です。
成功している人やこの人って素敵だなと思う人がいたら、
自分にできるところから、ひとつでも真似してみるといいでしょう。

行動すれば必ずそれだけの良い結果がついてきます。
面接なのだから身だしなみを整える、というレベルではなくて、自分で自分を
プロデュースするんだ!というくらいの心意気で普段から実践あるのみです。

ひとつ前の項目でも書きましたが、プロデュースの最後の要は笑顔です。
見た目の波動をいい方向に変えて成功を引き寄せるという、
普通の転職の話ではあまり聞かない技の紹介でした。