vyvoの次世代型テクノロジーの凄さとは

ウェアラブルをAIと繋ぐことにより、使用する人のDNAと生体反応を24時間365日見守り、データ化することが出来る。

そのデータをもとに、「栄養素」「肌別化粧品」「アンチエイジング」「ビックデータ」の会社など発展させることが出来る。
「スマートライフソリューション」というコンセプトで、
手首に付けているだけで、身体の状態を測定することが出来る。
心拍数、血圧、睡眠の質、エネルギーレベルなど身体全体の事を知るために必要な情報を24時間計測し、1時間ごとに自動的にクラウドにデータがアップロードされるため、いつでもその情報をチェックすることが出来る。

Vyvoはどんな会社なのか?

■世界規模で生体反応を蓄積するのに成功したビッグデータの企業と言える。
■健康な人の生体反応のビッグデータの取得に成功している企業は世界初。
■病院は病気の人のデータばかり集まっているため、健康な人のデータを集めることにより、病気になるメカニズムをAIが解析していく。
■AIが病気にならないため、いわゆる健康を維持するために必要な事を提案してくれる。
■もともと技術者だった「ファビオ・カルビン」氏が作った会社で、「ファビオ・カルビン」氏はタッチスクリーンパネルやインターネット通話のプラットフォームを開発した人。
■スティーブジョブズもともとあった基盤をもとに1から100を作ったが、
ファビオ氏は0から100を作ったと言える。
■ファビオ氏には世界で誰も発表していない構想が5つもあり、そのどれもが世界を変えるほどの規模で展開される。
■持病があってもデータの対象となる。

ウェアラブルとは

■アップルウォッチの充電は最大18時間、Vyvoのウェアラブルは約10日。
■災害などがあった場合でも、GPS機能がついているのでどこにいるのかがわかるし、
心拍数など生死もわかる。
■PM2.5や花粉や有害物質の自分の周りの空気環境がわかり、1人1人が気象観測所の様になる。
■DNAと自分の生体反応をAIが解析することによって、ミリグラム単位、原産国を選んでそのDNAにあった、完全オーダーメイドの健康になるサプリメントを作ることが出来る。


なぜ今、Vyvoを勧めるのか

■時間、お金に自由な経済的自由人になるチャンス。
■少ない投資でビジネスが始められる。
■一生の仲間と一緒に成長出来、価値観を共有できるコミニティが作れる
■vyvoによって人生のステージが変わる
■活躍する舞台が世界に向かい、世界を舞台に既に活躍している経済自由人との繋がりが増えるので人生観が変わる。
■メンタルや心の在り方の向上とともにビジネスのやり方も習得して実践できる環境が手に入る
■昔は黒電話→PHS→FAX→ポケベル→ガラケー→スマホとテクノロジーは常に進化しており、次にくるテクノロジーは「ウェアラブル」とすでに決まっている。
■時代の流れに乗り、リスクを抑えて始められるビジネスは他にはない
■人類が未だかつて経験したことのないパラダイムシフトを起こすプロジェクトとなる。
■しかも市場に出回る前の「権利収入」を得る最大のチャンス。
叶姉妹や所ジョージも携帯電話が普及する前に投資をしてすごい利益、収入を上げている。
■今、ウェアラブルの認知度はアメリカでは70%、日本では20%なので今が本当にチャンスと言える