転職・就活する時に必要な適性&スキル

~販売職編~

消費者のニーズに応える販売職

「販売職」とは、主に自社製品や取扱商品を直接消費者に販売する仕事です。
 また、主にエンドユーザーである消費者や利用者に対してサービスも提供します。

応募はこちらから

ホームページ作成が誰でも早くカンタンに!

販売職はどんな部類がある?

スーパーの店長(将来の候補含む)、百貨店・スーパー・小売店の販売員、ガソリンスタンド販売員、卸売販売員、

販売職→店舗で製品を販売する。勤務地はその企業の各店舗。

販売職の適性と心得

適性

いつもニコニコして、社交性のある人

営業職と似て聞き上手、話上手、その場の雰囲気に対応する能力がある人が良いといわれております。また第1印象も大切です。

お客様ひとりひとりに興味を持つ人

興味を持つことで需要が見えてきます。

目的を明確にしている

仕事のやりがいや商品分析と社会貢献など目的が定まっている。

心得

魅力的な笑顔を作る

自分がお客様だったらどうして欲しいかを常に考えて行動する

販売員になるために覚えておきたい基本

コミュニケーション能力スキル

販売にとってコミュニケーションはとても重要と言われております。

コミュニケーションが苦手という方も改善・打開するために販売職について・・改善できたという方も中にはいるかと思います。

販売商品説明スキル

販売する商品の説明をできることはとても大切です。

できることによりお客様からは好感をもってくれるようになります。安心・信頼を与える従業員になることは間違いないでしょう

トレンドに敏感・収集能力スキル

トレンドを常に取り入れ、どの年齢層のお客様とも相手にできるオールラウンダー的存在になるのも大事です。

さいごに

販売員は職種の中で多くの人がなる職業だが、そこで続けていくためには心得・スキル等いろいろなものが必要だということを感じてもらえると本望だ。