やりがいのある仕事で
建築がおすすめされる理由とは?

仕事に愛着を持つためには、やりがいを見つけなければいけません。やりがいを見つけられない仕事の場合、どうしても惰性で続けてしまう人がいます。今回は、やりがいのある仕事として「建築」について見ていきましょう。

建築業界にはどんなやりがいがある?

建築の仕事にはやりがいがあると言っても、漠然としたイメージしかない人もいます。こちらでは、どのような部分がやりがいに繋がるのかなどを見ていきましょう。

・ゼロから作る楽しさ
設計という紙の上の図面が少しずつ形になっていく姿を間近で見るのは、なにものにも変えがたい達成感ややりがいを感じさせてくれます。イメージでしかなかった設計が形になることで「仕事をしている」という充実感につながるのです。

・自分の仕事が長く残る
建物は数年でなくなるわけではありません。自分が手掛けた仕事が何十年と形としてその場に残り続けるのです。自分が手掛けた建物が人々に愛されて、大切にされる喜びは建築のやりがいと言っても過言ではありません。

・街づくりのひとつになる
自分が関わった建物が街のひとつとしてその場に残り続けます。たとえば、住宅だけではなく図書館や美術館など公共施設を手掛けた場合、その街を現すもののひとつになるのです。他の職種では味わえないやりがいを感じられます。

建築業界の大変な部分とは?

建築業界はやりがいがある仕事ですが、その反面大変さでも有名です。こちらでは、建築の仕事で大変だと感じる部分について見ていきましょう。

・決められた期間で建てなければいけない
建物を建てる際、必ず工事期間が定められます。綿密なスケジュールが立てられるので、それに合わせて正確な工事をしなければいけません。天候に左右される場合もあるので、長期間の雨が続いた時などは大変と言われています。

・急な変更がある
すべての工事で必ず変更があるわけではありません。むしろ、基本的にはスケジュール通りに進むのが一般的です。変更が出てくることの方が珍しいことです。そのため、常に変更に身構える必要はありませんが、急な変更があった場合は普段以上の忙しさが出てきます。

・チームワークが必要
建築においてひとりで仕事ができるわけではありません。多くの人と協力して作業を進めないといけません。そのため、仕事を円滑に進めるためにもコミュニケーションが必要です。人付き合いが苦手な人は、若干チークワークの点で大変だと感じているようです。

やりがいのある建築に関する職種とは?

建築と言っても、仕事の種類はひとつではありません。こちらでは建築に関係するやりがいのある職種について見ていきましょう。

・設計
お客様の要望やライフスタイルから、必要な間取りなどを設計や製図していく仕事です。お客様の暮らしやすい住宅のために重要な仕事と言えます。お客様と接する機会が多いこともあり、コミュニケーション能力も必要です。

・大工
建築士が設計した図面を元に家を形にしていく仕事です。基礎工事や骨組みなどさまざまな面で形として残る仕事をすることができます。お客様と接する機会もあり、感謝の言葉を直接言われることも多いです。お客様からの感謝の言葉が大工のやりがいに繋がっているケースも珍しくありません。

・建築事務
経理や総務の仕事をメインとしていますが、現場のサポートを任されることもあります。業務内容は「事務」にとどまらず、多岐に渡ってあるので縁の下の力持ちという立場にあると言っても過言ではありません。

建築の現場で役にたつ資格とは?

建築の現場ではさまざまな資格が役に立ちます。こちらでは、建築業界を目指す人などが取得しておきたい資格について見ていきましょう。

・一級建築士
建築士に憧れる人が取得を目指す資格です。一級建築士になれば一般住宅だけではなく、大規模な建物などを任されることもあります。あらゆる建築物の設計や管理に対応できる資格です。

・技術士
技術分野における最高位の国家資格です。この資格を取得しておけば、一定レベル以上の問題解決能力を有している証となります。実務経験を積むなど、取得に関する難易度は高いですが勉強を重ねる甲斐のある資格と言っても過言ではありません。

・建築設備士
空調や配管など、建物の設備に関する専門資格です。建築士が描く設計図面にアドバイスをするポジションを有しているので、一級建築士や二級建築士の右腕的な存在になります。
建築のやりがいを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

建築にはさまざまなやりがいがあります。
仕事に誇りを持つため、やりがいを見出すために建築業界を目指してみてはいかがでしょうか。
取得資格によって立場や給料なども変わってくるので
「頑張れば頑張るだけメリットのある」業界であることが伺えます。
やりがいのある仕事を探している人は、ぜひ検討してみてください。