結婚指輪におすすめの
ジュエリーブランドは?
人気のデザインについて

結婚指輪はふたりにとってとても大切なものです。そのため、こだわった選び方などをする人が多くいます。今回は結婚指輪におすすめのジュエリーブランドだけではなく、人気デザインに関することも紹介していきましょう。

結婚指輪の選び方

結婚指輪はふたりにとって愛の証です。だからこそ慎重な選び方をしなければいけません。こちらでは、結婚指輪の選び方について見ていきましょう。

 ・デザイン

結婚指輪で重視されるのは、やはりデザインです。どんなシーンにでも合うか、男性には派手すぎないか、女性の場合は家事がしやすいかなどさまざまな点から注目されています。

 ・アフターフォロー

結婚指輪は常時身に着けていることもあり、破損しやすいものもあります。破損した時にすぐ修理に対応してくれるかなど、アフターフォローの充実さで選ぶ人も増えているようです。

 ・費用

長く身に着けるものとはいえ、あまり費用をかけすぎないということにポイントを置く人もいます。高すぎず、安すぎずの適度な金額で決める人も少なくありません。

人気の結婚指輪デザインとは?

結婚指輪のデザインにはさまざまなものがあります。こちらでは、どのようなデザインが注目されているのかを見ていきましょう。

 ・ストレート

シンプルなスタイルのデザインであり、比較的どんなファッションにも合います。結婚指輪の定番デザインと言ってもいいかもしれません。男性も身に着けやすいデザインなので、男性からの評価も高いです。

 ・ウェーブ

波打ったようなデザインのことを指します。身に着けることで指を細く見せるようなデザインです。華奢な雰囲気があり、女性人気が高いデザインと言えるでしょう。

 ・エタニティ

リングの周囲にダイヤモンドを並べたデザインです。華美な雰囲気を持ち、永遠の愛を証明するには最適のデザインです。ただ、若干派手な雰囲気があるので、どこでも身に着けるという気安さはありません。

結婚指輪はなぜ必要なのか?

なぜ、結婚指輪が必要なのかと誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。こちらでは、その理由について見ていきましょう。

 ・既婚者であることを知らせられる

薬指に指輪をしていることで「この人は結婚しているのか」と思う人も多いはずです。指輪をすることで、既婚者であることを周囲に知ってもらうことができます。結婚指輪をしていることで、男女混合の飲み会などを断りやすいという意見を持つ人もいました。

 ・アクセサリーに悩まない

結婚前はさまざまな指輪などを身に着けていた人も多いでしょう。意外と指輪は悩むものです。しかし、結婚指輪を身に着けることでアクセサリーに悩まずに済みます。

 ・親を安心させられる

結婚しているのに指輪をしていないと「指輪を貰えていないのか」と不安になる親も少なくありません。ある意味、結婚指輪は親を安心させられるものと言っても過言ではありません。なくても困るものではありませんが、周囲に心配をさせずに済むという点では「あった方がいい」と言えるでしょう。

結婚指輪におすすめされているジュエリーブランドについて

こちらでは、結婚指輪におすすめされているジュエリーブランドについて見ていきましょう。ジュエリーブランド選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 ・ショーメ

ナポレオン一世が愛したとされるジュエリーブランドです。王室御用達ブランドと呼ばれるほどであり、フランスを代表するブランドとして世界中の女性に愛されています。上品さがあり、女性の魅力をぐんと引き出してくれます。

 ・アガット

日本生まれのジュエリーブランドであり、カジュアルジュエリーからファインジュエリーまで多彩なラインナップがあります。女性向けだけではなく、メンズラインも人気があり、年代問わずに愛されているジュエリーブランドと言えるでしょう。

 ・ティファニー

女性の憧れるハイブランドとして高く評価されているブランド、それがティファニーです。一時期はオープンハートなど、女性がこぞって求めていたという過去もあります。ダイヤモンドの輝きを引き立てる「ティファニーカッティング」は女性だけではなく、恋人たちにとっても永遠の憧れと言っていいでしょう。女性が考える結婚指輪ブランドに、必ずと言っていいほど上位に入ってくるブランドとしても有名です。

おすすめの結婚指輪について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

結婚指輪と言っても、さまざまなブランドがあるので悩む人も多いでしょう。
ふたりの愛の証明となる指輪なので、慎重な比較をしてから決めるようにしてください。
デザインやブランドのネームバリューだけではなく、
自分たちが身に着け続けたいと思えるような指輪探しをしてください。
もちろん、ふたりで話し合ってから決めましょう。