こんにちは!


現役同志社生のあつです!


昨日から配信をスタートした


3Month Project
~同志社合格への道~


昨日の内容は確認しましたか? 



まだ読んでないという方は
昨日のProject1から
読んでください!


既に読んだという方も
復習の意味も込めて軽くですが
昨日の内容をお話しします。


この講座は
5日間で完結するので
昨日の内容が頭に入っていないと

  

「イマイチ内容が理解できない…」
となることは
目に見えています。
 

なので、
今日の内容に入る前に
昨日の簡単な復習から始めます。


昨日、
同志社の英語は85%、
つまりは8.5割が大切と
お伝えしました。


200点満点の同志社英語では
8.5割は170点です。


つまりは
30点も落とせる
ということです。


でも、
なぜ多くの受験生は
満点近くの高得点を
意識してしまうのか?


私が塾講師だった時も
満点の意識が潜在的に強い生徒を
多く見てきました。


それをお話していこうと
思います。


なぜ多くの受験生は
満点の意識が強すぎるのか。


それは予備校・塾の講師です!


あなたは予備校や塾で
こんなことを
言われたことがありませんか?


「とりあえずは満点を目指せ!」
「そこから落としていけばいい」


少なくとも
私が勤めていた塾の
講師仲間には
まだこんなことを言う人がいます。


正直言って、
これは間違いです。


その人は受験の本質が
見えていない人です。


あなたは
全く悪くないんです!


例えば
合格最低点が380点としたら
380点で合格できれば
いいのです。


高得点で合格する必要は
全く無いんです!


同志社英語でいえば170点。


その170点に照準を合わせて
勉強することが大切です。


満点近くで合格し入学した人と
合格最低点ギリギリで
合格し入学した人とでは
結果と現実は同じですよね。


しかも、
特待生のない同志社なら
なおさらですよね!


受験のゴールは志望校合格です!


今からここで話す内容は
大手予備校で勤めている友人から
聞いた話です。


ほとんど表に出ない、
裏情報です。 


つまり、
企業秘密なので
絶対に他言しないでください。


友人が勤めている
問題の予備校は


現役コースと浪人コースに
分かれていて、
特にひどいのが
現役コースのシステム。


現役生が高いお金をはらって
毎日通いつめる
現役コースでは表面では


受験に向かってしっかり走り抜け!


と言って鼓舞していますが


実は、そこでは裏があって


自分の志望校よりも
2ランク上の
ギリギリ手が届かない大学を
受けさせ、


あえて第一志望に落とすことで


来年頑張れば
今度は絶対合格出来るから
浪人して頑張ってみれば』  


と言って次は浪人コースに
入塾させるのです。


いざ、浪人して
チューターとの面談などが
始まると講師の話が


現役の頃と言っていることと
全く違ったことを言われ


自分の第一志望校よりも
ワンランク以上下げて
志望校を選ばせ


確実に安全に
第一志望を通過させる戦法を
その浪人コースでは
取っていたということです。


それを聞いた私は
所詮、予備校は儲けることしか
考えてないなと思いました。


合格さえすれば、
結果的に○○大学に合格できました!
という宣伝は出来ますし、


合格の宣伝ができれば、
来年の受験生が入塾してくれます。 


そうやって予備校は、
莫大な利益を
上げているのです。


大学受験は、
あなたの人生を左右する
本当に重要なものです。


だから、あなただけは!


満点の呪縛に掛かり、
満点近くの高得点を取れと
しつこく言ってくる
予備校の講師に左右されないでください!


3日目となる明日は


たった3ヶ月で
E判定からA判定までぶち上げ、
同志社に合格したストーリーを
あなたに伝えたいと思います。


私はたった3ヶ月で変われました。


またお話楽しみにしていてください!


最後まで読んでくれて
ありがとうございます!


しっかり読んでくれた
あなたに僕から
特別なプレゼントがあります。


そのプレゼントが
こちらになります...
今回は
こちらの英語編
プレゼントします!


そこで1つ簡単なアンケートに
答えてほしいです!


その質問とは...


あなたが第一志望に
こだわる理由はなんですか?


答えをLINEで教えてください!


送っていただくと、
手動で教材をお送りします!


このプレゼントを受け取った
あなたの未来が
楽しみです!


↓ 回答はこちら!