老人性シミ取りクリームに出会いたいなら

老人性シミはある日、気付いたら突然出来ていたという事があるくらい、主な原因は紫外線で日焼けしたからすぐ出来るものではなく、時間の経過と共に出来るものでシミの症状としては最も多いタイプのものです。

という事は悩んでいる人の数も多い訳で…今まで色々なシミ取りクリームを試してみたけど老人性シミが消えない…と歯がゆい経験をした老人性シミ取りクリーム難民も多いのではないでしょうか?

当サイトではそんな悩める方々にオススメの老人性シミ取りクリームを紹介していますので、是非チェックしてみて下さいね。

老人性シミ取りクリームにはハイドロキノンが重要

老人性シミを取るクリームには美白成分が配合されている事が大前提なのですが、その中でも最重要なのはハイドロキノンが配合されている事。

ハイドロキノンとはどんな美白成分かというと、またの名をシミの消しゴム・肌の漂白剤とも言われている程で

  • メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制して細胞の数を減少させる
  • 還元作用によってメラニンの色を薄くする


作用を持っています。

何とその他の一般的な美白成分の10倍から100倍も効果があると言われているんです。

老人性シミを予防する為には様々な美白成分が配合されている化粧品がありますが、ハイドロキノンはまた予防するだけでなく、既に出来てしまった老人性シミに働きかけることができます。

効果が出る目安としては一般的に2ヶ月程かかると言われていますが、薄いシミであれば、2~3週間もすれば効果が出始めると言われています。

そんなハイドロキノン配合の老人性シミ取りクリームを厳選してみましたよ。

ハイドロキノン配合!老人性シミ取りクリーム4選

ビーグレンホワイトクリームの特徴

●肌質が弱い敏感肌でも確かな効果実感!日本製・日本人向け処方のハイドロキノンクリーム。
●独自テクノロジーによって1.9%という配合率の低さでも4%に匹敵する効果でシミにアプローチ。低配合だから刺激の心配なし。
●朝晩塗る必要なし!夜だけ徹底集中型のナイトクリームなので面倒な手間いらず、気軽に継続できます。

価格:お試し1800円
評価:★★★★★5
備考:ハイドロキノン4%に匹敵する効果を実感!
ビーグレンホワイトクリームの総評

10年以上もハイドロキノン化粧品を販売&累計59万本の販売実績がビーグレンの信頼性を物語っています。
従来のハイドロキノンクリームはその刺激性から、老人性シミに対してピンポイントでしか使用を推奨されなかったものの、ビーグレンはその低刺激な点から顔全体に使用可能。今ある老人性シミの改善に加えて、顔全体でこれからのシミも予防可能。
お得なトライアルセットは1800円!365日間返金保証もあって至れり尽くせり♪

アンプルールラグジュアリーホワイトの特徴

●皮膚科医がその高い安全性を確認、肌への刺激は最小限でも高い美白効果を実現可能。
●独自開発された新安定型ハイドロキノンは効果性・安全性共に皮膚の専門家から認められ、多くの有名メディアに取り上げられ、ベストコスメ8冠の偉業を達成!
●ハイドロキノンの配合率は2.5%

価格:お試し1890円
評価:★★★★☆4
備考:皮膚科医開発のドクターズコスメ
アンプルールラグジュアリーホワイトの総評

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110には、新安定型ハイドロキノンが配合され、従来よりも酸素・光・熱への耐性をUP!安定した効果が発揮される上、肌にも低刺激で安心。
老人性シミ・そばかす・炎症性色素沈着など、様々な肌トラブルに対応可能。
トライアルキットはこの他に美白化粧水・薬用美白美容液・美容乳液ゲルが揃って6500円相当が1890円でお試し出来る。

セルピュア ブライトニングクリスタルの特徴

●納得のいく美白効果が期待でき、刺激の少ないギリギリのラインで安定型ハイドロキノンを配合。
●酸化防止の為に特殊技術を用いた安定型ハイドロキノンを配合しているから、常温でも3ヶ月という長期保存が実現。
●12gでも3ヶ月使えるからコスパ抜群!

価格:4860円
評価:★★★★☆4
備考:毎日のスキンケアにプラスたった5秒
セルピュア ブライトニングクリスタルの総評

ハイドロキノンを使用するからには、老人性シミを出来るだけ早く改善したい!そんな即効性を求めるの方に人気の東京銀座スキンケアクリニック監修のドクターズコスメが『セルピュア ブライトニングクリスタル』。
安定型ハイドロキノンを5%と高濃度配合しているので、高い美白効果が期待できます。気になる老人性シミをピンポイントで集中ケア可能、少量でも効果を実感出来る!
老人性シミとの闘いは長期戦なので単品で購入するよりまとめ買いがお得♪

老人性シミ取りクリームで注意すべきこと

パッチテストは必須

ハイドロキノン配合の老人性シミ取りクリームを使う場合には注意しなければいけないポイントがあります。まず必ずパッチテストを行って肌との相性を確認するようにしましょう。

ハイドロキノンは効果が高い分、肌への刺激が大きい成分となっています。そこで強いアレルギー反応を示す人もいます。そこで絆創膏にハイドロキノンクリームを塗って二の腕など皮膚の薄い部分に貼って24時間放置します。

トライアルでお試しが無難

そこで赤くなったり、炎症など肌に異常が起きなければ、使っても問題ありません。肌が強い人でも使った事がある方でも商品によって違う場合があるので必ずパッチテストを行いましょう。その点でトライアルキットなどで安価に試せるものがまずは有効かと思います。

ハイドロキノンには副作用がある?

老人性シミ取りクリームには不可欠と言って良いハイドロキノンなのですが、実は副作用があるので気を付けなければいけません。

ハイドロキノン配合の老人性シミ取りクリームを塗って

  • 赤くなったり
  • かゆくなったり

する場合があります。

  1. 肌に合ってない
  2. ハイドロキノンが酸化してしまい劣化している
  3. 塗った後に紫外線でダメージを受けた


という3つケースが考えられます。これらの症状が塗ってすぐに現れた場合はその場合は即、使用をやめて下さい。

紫外線対策は特に注意!

特にやりがちなパターンとして挙げられるのが、日中の日焼け止めを忘れてしまうとシミが濃くなる事があります。肌を守るメラニンがない状態で紫外線を受けてしまうから普段よりも肌にダメージを受けてしまうんです。

老人性シミを改善するために塗ったシミ取りクリームの所為で肌を傷めたり、逆に濃くしてしまったら本末転倒です。次に白斑という副作用があります。色が抜けてしまって他の部分よりも皮膚が白くなってしまうことがあります。 

基本的には夜寝る前に塗る事をオススメします。それでもUV対策は徹底してやるべきです。新たな老人性シミの元は紫外線なので。

 

使用期限を必ず守ること

ハイドロキノンは非常に酸化しやすい成分なので、開封後、長期間放置すると劣化してしまいます。酸化したものを使用しても期待できる効果を得ることは出来ない可能性が高いので使用期限は必ず守りましょう。

ハイドロキノンを同じ部分に塗り続けるのはNG

長期間同じ部位にハイドロキノンを使用し続けると、肌が弱くなってしまう可能性があります。

この様に、ハイドロキノンには様々な注意事項があります。効果を実感するには正しく使用するという事が何よりも大切です。使用上の注意は必ず読んでから使用する様に心掛けましょう。

ハイドロキノン配合の老人性シミ取りクリームの塗り方

老人性シミ取りクリームは正しい塗り方を心得ておく事も大事です。このポイントを理解しておかないと注意点でも挙げた様な副作用を起こしかねないのでしっかり抑えておきましょう。

洗顔後に塗布する

洗顔直後は角質層に水分が多く含まれる為、ハイドロキノンの浸透性が高くなり、効果が出過ぎる場合があるので、洗顔後20分程度置くか、化粧水や乳液などでケアをした後に塗り込むようにする様にしましょう。

市販の綿棒などで塗るのがおすすめです

シミが出来ていない部分にハイドロキノンクリームが付着すると白班ができるなどの肌トラブルを引き起こす可能性もあります。シミのみにきちんと塗れるよう、市販されている綿棒などを使って塗るのがおすすめです。

今回ランキングで紹介しているものの中には顔全体に塗れるものがありますのでここはクリームによりけりかと思います。

老人性シミは放っておいたらヤバい!

老人性シミは、数ミリから数センチの大きさで、境界がはっきりしているという特徴があります。年を重ねるごとに増えていく傾向がありますが、20代後半から見られるケースも少なくありません。

老人性シミは、放置していても自然に治ることはありません。年齢が増えるにつれて、色が濃くなるだけでなく、個数も増えていきます。40代以降になると、多くの人の顔や腕などにシミが目立つ様になります。

そもそも老人性シミが出来る原因って?

老人性シミができる原因は、紫外線です。紫外線を浴びたらすぐにシミが出来るという訳ではなく、5~20年という月日を経て、シミという形で現れます。老人性シミとは、過去に紫外線を浴びる事で受けた、お肌のダメージの結果であると言えるでしょう。

シミが出来やすい、特に顔や腕というのは、日光が当たりやすい部位でもあります。人の皮膚には紫外線から守る為の仕組みがあります。紫外線を浴びると、お肌の奥深くまで入り込まない様に、メラニン色素を分泌するのですが、メラニン色素が定着する事でシミになるというわけです。

老人性シミは放置すると脂漏性角化症になってしまう

老人性シミは、年齢の所為だから仕方ないと諦めている人が多いのですが、老人性シミを放置してしまうと、悪化する事により脂漏性角化症になってしまう可能性が高まります。

脂漏性角化症とは、老人性イボとも呼ばれていて、良性の腫瘍です。悪性ではないので放置していても健康上の問題はないんですが、見た目が更に老けて見えてしまうというデメリットがあります。

脂漏性角化症は、液体窒素やレーザーを使って治療することもできるので、気になる場合は医師に相談してみましょう。ただし、治療後も再発する可能性は0ではないので、こうならない為にも放置せず、早期のケアをオススメします。

 

老人性シミは早期解決がカギ

トランシーノは老人性シミに効果ある?

トランシーノは、シミやソバカスを防ぐサプリメントとして一度はその名を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか?

トランシーノはメラニンの生成を抑えることが出来るトラネキサム酸がたっぷり含まれています。老人性シミへの効果は期待できるんでしょうか?

トランシーノの効果は老人性シミにはない

結論を述べると、トランシーノは老人性シミには効果が期待できません。シミの種類の一つである肝斑を改善する効果は期待できるらしく、トラネキサム酸の他にL-システインやビタミンCが配合されているため、肝斑の元となるメラニンを排出する事が可能です。

新しくシミを作らない為にも

主成分のトラネキサム酸は、抗プラスミンを保つ成分となっており、メラノサイトの活性化因子の一つです。

メラノサイトの活性化を抑えることが出来るのはもちろんのこと、シミや肝斑の発生を阻止する効果が期待出来るので、新しくシミを作らない為のサポート効果が期待出来ると思います。

濃くなった老人性シミは皮膚科で治療するしかありません

老人性シミが濃くなってしまった場合、残念ながらハイドロキノン配合のシミ取りクリームなどでのセルフケアではもうどうしようもありません。

美容皮膚科などでレーザー治療などをしてもらわない限り、シミを取る事は極めて難しくなります。そうなった場合の皮膚科での治療法について紹介します。

レーザー治療

メリット ・即効性がある
・小さなシミや薄いシミは1回で治療完了する事も
・ピンポイント治療で他の皮膚を傷つけない
デメリット ・治療後のアフターケア必須
・肌がデリケートな状態なので紫外線には当たれない
・シミが濃い場合などは複数回の通院が必要
治療にかかる期間 1ヶ月~半年ほど
※シミの状態や範囲によって変更有り
治療にかかる費用 直径1センチ程度のシミで1万円程度。
※シミが多い場合や範囲の広さによってはそれ以上かかります。
治療にかかる期間 1ヶ月~半年ほど
※シミの状態や範囲によって変更有り

レーザー治療の特徴など

レーザー照射時には、ゴムで強く弾かれたような痛みがあるとの声もあります。また、初回にはカウンセリングを行うのが一般的で、クリニックによってはカウンセリングの費用がかかることもあります。

治療後、レーザーをあてた部分はかさぶたになり、1週間~10日程で自然に治癒していきます。新しい皮膚が出来るまでは絆創膏などで保護が必要。

また、かさぶたが取れた2~3週間後に再度色が濃くなる炎症後色素沈着が起きる事もあります。

ほとんどの場合は徐々に元の色に戻るのですが、中には外用薬での治療が必要なケースもある様です。

光治療(フォト治療)

メリット ・強い光を瞬間的に肌に当て、照射面積が大きく広範囲に治療可能
・レーザーなどに比べ、目立つかさぶたが出来にくい
デメリット ・レーザーなどに比べて弱い為、1回では老人性シミを除去できない
・回数を重ねる=複数回通うことが前提となる
・他の治療法と比較して費用が高く付く
治療にかかる期間 半年~1年ほど
※シミの状態や範囲によって変更有り
治療にかかる費用 1回の治療につき2万円程度かかる。
※3週間から1ヶ月毎に計4~8回程度の治療が必要。総額8~16万円程度
治療にかかる期間 半年~1年ほど
※シミの状態や範囲によって変更有り

光治療(フォト治療)の特徴など

光治療は、強い光を瞬間的に肌に当てる治療法です。照射面積が大きいので、広範囲に治療が可能です。レーザーに比べ効き目がやさしいので、目立つかさぶたが出来にくいのが特徴です。

また、かさぶたになったとしてもメイク等でカバーできる範囲なので、保護テープや絆創膏を貼る必要はありません。

外用薬治療

メリット ・医師の指示の下、化粧品よりも濃度の高いハイドロキノンが処方される
・肌への刺激も大きいが、正しい使い方により安全にケアが可能
デメリット
・副作用により新たなシミを作る可能性もある
・一時的に肌の赤みが強く出る可能性もある
・皮膚のバリア機能が下がる為、UV対策は必須
・酸化しやすいので冷蔵庫での保管が必須
治療にかかる期間 3ヶ月~1年ほど
※シミの状態や範囲によって変更有り
治療にかかる費用 ・ハイドロキノンは1ヶ月2000~3000円程度
・トレチノインは1ヶ月4000~6000円程度
※基本、この2つは併用して使用するのが一般的。
治療にかかる期間 3ヶ月~1年ほど
※シミの状態や範囲によって変更有り

外用薬治療の特徴など

ハイドロキノンやトレチノインといった外用薬による治療は、老人性シミに高い効果を発揮すると言われています。どちらも酸化しやすいので保存方法には気を付ける様にしましょう。

また、費用はレーザー治療や光治療よりは安く出来ますが。初診料や再診料は別途必要な事から1ヶ月10000円以上はかかる事は頭に入れておきましょう。

老人性シミ取りクリームでキレイな肌取り戻そう

自分の顔に出来た老人性シミを解消する上で重要なのはシミ取りクリームに美白成分が入っている事は勿論、特にハイドロキノンが入っている事がポイントです。

今回ランキングで紹介したシミ取りクリームはトライアルセットやお試し価格で購入できるものを中心に選びました。

配合されているハイドロキノンも酸化しにくい安定型ハイドロキノンを使っているものや医薬品レベルまで効果を実感できるものまで様々です。

まずは自分の肌に合うか確認し、自分の肌に合えば、2~3ヶ月は根気良く使ってみて下さい。 きっとあなたの老人性シミを消し去ってくれるシミ取りクリームが見つかるはずですよ。

 

老人性シミにはハイドロキノン