ローズマリーの会

~小地域で認知症を支える会~

ローズマリーの会 代表挨拶

皆さん、こんにちは!

私たち『ローズマリーの会』は、認知機能低下予防と認知症の早期発見・早期対応を目指し、ケア技術の向上と認知機能の低下がみられる高齢者等が効率的かつ適切な医療・介護・福祉サービス等を受けられるように、地域の多職種(専門職の皆さん)に有益な情報交換と自己研鑽の機会を提供すること、住み慣れた地域でみんながいつまでも笑顔で暮らせることを目的に活動しています。

どうぞよろしくお願いいたします。
                 代表世話人:岡野泰子

go to Facebook

ローズマリーの会 主な活動内容

ケアカフェくらしき大高

3~4ヵ月に1回のペースで開催中!
医療職・介護職・福祉職のための顔の見える連携づくりを目的に、「認知症について」を考えながら毎回違う様々なテーマでケア・カフェという形で交流、情報交換、お友達づくり!を実施しています。

デメンシア
コングレス

年に2回『認知機能低下に関すること』について様々なテーマで学術講演会を開催しています。
当会顧問である「片山内科クリニック」片山院長はもちろんのこと、沢山の先生方を講師にお招きしご講演いただいております。

認知症サポーター
養成講座

当会の認知症キャラバンメイト達が講師を務めさせていただき、認知機能の低下した方々が、いつまでも笑顔で暮らせるように、地域の方、各専門職の方、全ての皆さんが認知機能低下に関する理解を深めることの重要性を感じ、オレンジリングを広めています!

各種学術発表

「認知機能の低下に関する事」を中心に「多職種連携」「地域との連携」等、関連する学術発表に参加させていただき、ローズマリーの会活動報告等、学術発表をしております。

多職種連携の啓蒙

「お薬手帳へ名刺を入れる」こんな簡単なことからでも多職種連携は活性化され、全てはご利用者様・患者様・ご家族様のために有益な連携の力を発揮することとなります!
常にどのような連携ツールが活用できるのかを考えています。

オレンジメモリー
ウォークin倉敷

当会主催ではありませんが、実行委員会の一員として世界アルツハイマーデーの啓蒙活動として参加させていただいております。
「認知機能が低下しても豊かに暮らせる社会」を目指し、オレンジ色を身に着けて倉敷の街(倉敷美観地区)をウォーキングしております。

FAQ

Q
「ケアカフェ」や「デメンシアコングレス」等への参加条件はありますか?
A
基本的には専門職の方から一般の方まで、どなたでもご参加いただけます。ただし、会社や個人の仕事として営利目的の営業、政治活動、宗教活動等でのご参加はお断りしております。
Q
各種イベントへの参加する為の「年会費」「参加費」等は必要ですか?
A
「年会費」や「登録料」等はありませんが、各種イベントにつきましては会場使用料や講師謝礼等に充当する為、100円程度の参加費をいただいております。なお、基本的には参加費に対する領収証の発行はしておりません。
「認知症サポーター養成講座」等、無料のイベントもございます。
Q
各種イベント・セミナー等の情報はどこから入手できますか?
A
基本的にはFacebookページ「ローズマリーの会~小地域で認知症を支える会~」で告知しております。
また、倉敷市大高高齢者支援センター様から管轄の事業者様へのFAX送信をご協力いただいたり、倉敷市介護保険事業者等連絡協議会様のホームページへの掲載協力をいただいたり、当会役員の所属する事業所・医療機関・薬局・職能団体等からの発信協力もいただき、出来るだけ沢山の方の目にふれるよう努力しております。
Q
「ケアカフェ」や「デメンシアコングレス」等への参加条件はありますか?
A
基本的には専門職の方から一般の方まで、どなたでもご参加いただけます。ただし、会社や個人の仕事として営利目的の営業、政治活動、宗教活動等でのご参加はお断りしております。