ロベクチンクリームは市販?お試しで購入できるところはどこ?

ロベクチンクリームは市販?

ロベクチンクリームはマツキヨ、ツルハ、ウエルシアのようなドラッグストアでは販売されていないので、取り扱い店はネット通販になります。 

ではお試しで価格を安く購入できるところはどこになるのでしょうか?

調べてみたところ公式サイトからの購入がお試し価格で購入できるようになっていました。

通常価格
5,400円 送料864円

こちらがお試し限定キャンペーンで
4,980円(税込) 送料無料
30日間の全額返金保証付き
毎月50名限定

公式サイトからの申し込みなので安心して購入できますし、返金保証もついているので不安はありません。

このように公式サイトからの申し込みがおすすめです。


公式サイトはこちらから>>>
↑4,980円(税込) 送料無料
ロベクチンクリームの口コミ 

口コミ1
時期的なせいもあるのでしょうか、肌が敏感になりがちです。そんな日でも全く刺激を感じることなく使うことが出来るので本当に重宝しています。まずクリームは肌色がかっていてテクスチャーは柔らかです。クリームを馴染ませると肌がサラッとして肌のキメが整い、しっとりしてきました。メイクをしても邪魔することなくしっとり保湿してくれます。品質が高いので、皮膚が薄く乾燥しがちなウチの小さな子供にも使ってあげてます。

口コミ2
使ってみましたが、吹き出物が出来てしまったので私には合わないと思いました。

口コミ3
こちらのクリームはベタベタ感がなく香りもなく気に入って使ってます。特に私の場合は手荒れが酷いのと乾燥肌に悩んでいました。家事をしたり仕事をしている時など痒みもあるしカサカサになるしで困っていたんです。こちらを使えばベタベタがないので、スマホやパソコンがすぐに使えるので便利です。塗るのが嫌になるものばかりでしたがこちらはそんなことがないので気に入ってます。

口コミ4
とにかく超が付くくらい低刺激で高保湿です。今まで使っていた乳液を使っているとムズムズするし、クリームはしっとりし過ぎて痒みが出てくる始末です。こちらは本当に痒くならないし保湿もバッチリで、しかもベタつくことがありません。それにお化粧の時に使っても崩れないのでいい感じで使っています。

口コミ5
私は敏感肌で使っていて合わない化粧品だとピリピリするくらいです。でもこちらはそんなことがありませんでした。使い心地はサラッとしていてテクスチャーも柔らかめです。それにとても伸びがいいです。クリームだけどベタつきがないのがお気に入りになっています。このクリームだけで保湿力が抜群なので忙しいときはこれだけで大丈夫でした。

ロベクチンクリームの特徴 
※接触性皮膚炎を引き起こす成分を無配合
ロベクチンは抗ガン剤治療や放射線治療などで引き起こす肌荒れや肌トラブルに悩む人でもこちらを使ってもしみにくく肌の保湿ケアできる保湿剤として目指しているので安心して使えます。 

パラベン・発がん性物質・石油系界面活性剤・人工香料など肌を刺激する成分は使われていません。 

※不使用
アルコール系溶媒、環境ホルモン、コメドジェニック成分、石油ベース成分、着色料、ホルムアルデヒト系防腐剤など、接触性皮膚炎を引き起こす可能性がある物質、アレルゲン、農薬成分が入っていませんので安心です。 

なので赤ちゃんから大人まで使うことが出来ます。 

※バリア機能が損なわれている肌のサポート
乾燥している肌にいくら保湿クリームを塗ってもすぐに蒸発してしまいます。それにそういった肌は炎症の原因にもなりかねません。 

ロベクチンは独自技術で弱った角層をサポートしてくれるバリアリペアコンプレックスを採用しています。これで擬似的にスキンバリアを再現し、肌表面を包み込みます。 

※天然美容保湿成分16種類を配合
アスタキサンチン、セラミド、アボガド油、ヒアルロン酸・アラントイン・シアバター、アロエベラなど、天然美容保湿成分が16種類配合してあります。
ロベクチンプレミアムクリームの成分 
ロベクチンプレミアムクリームの成分
水、グリセリン、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジメチコン、シア脂、サフラワー油、ヒマシ油、シクロペンタシロキサン、ヘキシレングリコール、ペンチレングリコール、ポリアクリロイルジメチルタウリンNa、セテアリルメチコン、オリーブ油脂肪酸セテアリル、アーモンド油、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、セラミドNP(旧表記:セラミド3)、アラントイン、ヒアルロン酸Na、アロエベラ液汁、ナイアシンアミド、トコフェロール、アボカド油、ヒドロキシエチルセルロース、エチルヘキシルグリセリン、クエン酸、キサンタンガム、トリデセス―10、リノール酸、ダイズステロール、リン脂質、フィチン酸ナトリ ウム、水酸化ナトリウム、水添ポリデセン、ウンデシレン酸グリセリル
皮膚のバリア機能とは 
肌が乾燥したり、強い痛みが出たり、赤くなっているところが長く続いたりする場合、肌のバリア機能が正常に機能していない恐れがあります。 

皮膚のバリア機能が低下することによって肌内部の水分が蒸発し、外部からの刺激を受けやすくなります。こういったバリア機能が落ちている時におすすめの成分としてセラミドが挙げられます。 

セラミドは皮膚の構造形成で大事な成分で水分の蒸発を抑え、外部からの細菌などから防いでくれる働きがあります。 

特にアトピー性皮膚炎の人の場合は、セラミドが目に見えて減少してしているのでセラミドの成分が入った保湿剤を使うことによって改善する場合もあります。 

また皮膚のバリア機能が劣ってくると皮膚の水分が少なくなり、乾燥した肌状態になりニキビが出来やすくなったり、脂漏性皮膚炎が出来やすくなったりします。 

皮膚のバリア機能を劣らせる原因とは
※乾燥した環境では肌のバリア機能が壊れたり、回復が遅くなってしまうことがあります。 

※例えば温度が43度以上であったり、逆に低すぎる温度であればバリア機能を回復させる期間を遅くしてしまう場合もあります。肌に良い状態といわれる温度が32度から36度の間です。 

※日常生活や仕事の中でストレスを受けやすい人は肌のバリア機能の回復を阻害するといわれています。 

※化学物質での刺激によってバリア機能を阻害する場合もあります。洗顔を2回行ったり、アルカリ性洗浄剤で洗いすぎると肌表面のpHを増加させてしまうことがあります。 

このようにバリア機能を低下させないためには、弱酸性洗顔料で優しく洗顔し、湿度や温度を考え肌が乾燥しないよう保湿化粧品を使うことが大事です。また長時間、紫外線にさらされないことと洗顔で肌を擦りすぎないようにしなければいけません。