@六原まちづくりラボ
借りてみませんか?




〜オープン記念期間 START〜
六原まちづくりラボとは
“六原まちづくりラボ” は
京都女子大学家政学部で
建築を学ぶ学生がDIYし、
地域の皆さんと一緒に運営している施設です。

この空き家は2軒長屋であり、
今年4月に地域の方々の憩いの場として
オープンしました。

この施設をまちづくりに興味のある
皆さんにお借りいただき、
施設の運営資金とすることを考えています。

ぜひ、興味のある方はご利用下さい!

京都女子大学で建築を学ぶ

学生が空き家をDIY

2018年9月から2019年4月までの
約半年間かけて、DIY作業をしました。

DIY未経験の学生ばかりでしたが
教授のご指導のもと、
試行錯誤しながら完成させました。

Before Afterや作業する学生の様子を
ご覧ください!

Before

After

作業の様子

毎週 木曜日

11:30~16:30 開放中

六原まちづくりラボは地域の憩いの場として
毎週木曜日11:30~16:30開放しています♫

地域の方々が多く来てくださり、
大変賑わっています!

お喋りを楽しむ

お祭りの休憩場所に

落語イベントも開催

手作り品のバザー


貸しスペースについて 

六原まちづくりラボを

借りてみませんか?

オープン記念期間、始めました!
興味のある方は是非、ご検討ください!

間取り

2軒長屋でしたが、間仕切り壁を取り壊し、
室内からの行き来を可能にしました。
土間側には利用可能なキッチンがあります。

例えばこんな使い方が可能です♪

  • 会議スペース
  • 定期的な教室
  • ランチ会
  • 出張店舗
  • 貸し切りイベント
  • 会議スペース

スペース紹介

土間

床に白いモルタルを張り、
壁は漆喰を塗り明るい空間に。

和室

畳を新しいものに張り替え、
土壁に漆喰を塗装。

土間⇔和室

フローリングを基礎から造作。
ここから直接和室に行ける。


貸しスペースの
ご利用に関して
〈実施期間〉
11月25日〜3月
(オープン記念期間)

〈利用できる方〉
地域の方・学生さん・お店など
六原以外の地域にお住まいの方もOKです!
〈利用日 / 時間帯〉
※ご利用は8:00〜18:00です。
1時間単位の貸出になります。
※木曜日は学生運営のため予約できません。

〈利用できるスペース〉
•土間  •和室 
※写真を記載しておりますので、
 ご確認ください。
〈機器 / 設備〉
•Wi-fi     •キッチン    
•電子レンジ •冷蔵庫      
•電気ポット   •バリスタ※
※1杯につき別途100 円。
〈備品〉
•ソファ  •椅子   •机   •座布団 
•本棚   •有孔ボード  •作業台 
•キッチンカウンター (黒板付き)

〈利用金額〉
1 時間につき 1000 円
※地域貢献を目的としたご利用は500円と
 なります。
※ご質問がある方はお問い合わせください。
〈注意事項〉
初回ご利用時は学生の立ち会いが必須となります。
申し込みフォームよりご連絡ください。
契約期間は最長2021年8月となっております。
※オープン記念期間では借りて頂きましても、
内容によっては、本格始動後のご利用はお断りする場合がございます。
〈利用できるスペース〉
•土間  •和室 
※写真を記載しておりますので、
 ご確認ください。

利用申込み


2回目以降のご利用の方はこちら。
はじめてご利用の方は、
下記フォームに必要事項をご記入の上、
送信ボタンを押してください。
折り返しご連絡いたします。


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
アクセス
名称 六原まちづくりラボ
運営者 井上えり子研究室
開始日 2019年4月
所在地
京都府京都市東山区東轆轤町109-5
交通
手段
市バス 清水道下車  徒歩3分
京阪  清水五条   徒歩12分
開始日 2019年4月
イベント情報

日時:毎月第3木曜日
   14:00~16:30
場所:六原まちづくりラボ
対象:住まいにお困りのある方
相談員:寺川徹、中田哲、藤原出
    (一級建築士)
    東貴之、芝本太、小林悟
    (不動産コンサルタント)

不動産コンサルタントと一級建築士が
1名ずつ常駐し、
住まいに関わる相談を承っております!
どんな相談でも構いません。
お困り事があれば、お気軽にどうぞ!
ご予約はいりません。
是非ラボにお立ち寄りください。

お問い合わせ

京都女子大学
運営学生
3人が主に運営しています。
皆さんのご利用、お待ちしております!
梅田 穂香
奈良出身
岡田 茉奈実
兵庫出身
久保田 美穂
京都出身
ラボに関するお問い合わせは
こちらからお願いいたします
Diary・SNS