このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

部品落下の
チョコ停対策、
最強の切り札登場!

ロボットグリッパーのツメ部、
自動機のチャック部に貼り付けるだけ、
簡単装着。

両面テープが付いているので、工具等は必要ありません。
創業74年、手袋メーカーのスベリ止め技術「MicroFinish™」でオイルや水に濡れてもしっかり把持!

御社の工場、
こんなお悩みはありませんか?



ロボットで油や切削油のついた部品を取扱う際に
部品が滑る
界面活性剤で滑って部品が
把持できない
市場にあるグリッパではホコリや油が付着すると
把持できない
ワーク落下によるチョコ停で生産性が・・
市場にあるグリッパではホコリや油が付着すると
把持できない

創業74年の作業用手袋メーカーが、
その課題を解決へと導きます!

74年の技術を、産業用ロボットへ

1947年に創業し、作業用手袋メーカーとして人の手の安全を護ってきた東和コーポレーションは今、
人の手からロボットの手も護るべく「ロボット用グローブ」の開発に着手しました。
「ROBO-Glove(ロボグローブ)」は、産業用ロボットを導入しているユーザー様、
また導入を検討しているユーザー様の課題を解決するお手伝いをいたします。


形状や用途に合わせて貼るシートタイプ
ROBO-SHEET (ロボシート)

ROBO SHEET(MicroFinish™付き)
耐摩耗性に優れたニトリルゴムを用いた貼るタイプのシートです。 ロボットアームのグリッパー把持部の形状に合わせ、自由にカッティングしてご使用頂けます。
当社独自の特殊スベリ止め加工「MicroFinish™」を施しており、水や油に濡れても滑りにくいです。
ROBO SHEET(MicroFinish™無し)
耐摩耗性に優れたニトリルゴムを用いた貼るタイプのシートです。 ロボットアームのグリッパー把持部の形状に合わせ、自由にカッティングしてご使用頂けます。
※MicroFinish™加工は施されていませんが、対象物がドライの時にお勧めです。

"ROBO SHEET(ロボシート)"が選ばれる3つの理由

POINT 1

滑りにくく、しっかりつかむ!

特殊スベリ止め「MicroFinish™」加工

しっかりつかむ秘密は、独自の特殊スベリ止め加工「MicroFinish™(マイクロフィニッシ)」加工。
表面に細かな凹凸を施し、この凹凸の一つ一つがタコの吸盤のような働きをすることで、油が付いてもスベリにくく、縦横無尽なグリップ力を発揮する特殊スベリ止め加工です。
※ROBO SHEET(MicroFinish付)に施されています

だから

さまざまな状況で優れた把持力を発揮

※グローブタイプ「ROBO Glove」にて測定した結果です
MicroFinish™は

なんと!!

POINT 2

10万回でも破損しない耐久性!

当社独自の特殊4層構造

当社独自の特殊4層構造により10万回の動作にも耐える優れた耐久性を持ち、異物侵入をブロックします。
※当社測定値

POINT 3

貼るだけ簡単装着!

付属の両面テープで簡単に装着が可能です。
形状に合わせてカットもOK!
テープが剝がれやすい場合は皿ネジ等でしっかり固定できます。

よくあるご質問

Q
どの程度の使用に耐えられますか?
A

使用される環境によって異なりますが、当社測定値ですと対象物1㎏程度のもので10万回程度は使用可能です。
お客様によっては30万回程度使用できたとご回答を頂いた場合もございます。

Q
把持力について、どの程度滑りにくいものでしょうか?
A
当社測定値ですと対象物200g、3号油が付いた状態のピック&プレース動作で、3万回把持ミスなしの試験結果が得られています。
Q
油(切削油)が伴う環境での使用を検討していますが、両面テープの接着強度が弱くなるような事はないでしょうか?
A
切削油等で両面テープの接着性が悪くなる場合がありますが、剥がれやすい場合には皿ねじで固定していただく方法もあります。
シートに厚みがあるため、シートに沈みこませるように皿ねじを固定して頂く事が可能です。
Q
40mm×40mm以外のものはありますか?
A
近日中に300mm×300mmの販売を予定しております。
その他サイズに関してはお問い合わせください。*別途費用が発生致します。
Q
把持力について、どの程度滑りにくいものでしょうか?
A
当社測定値ですと対象物200g、3号油が付いた状態のピック&プレース動作で、3万回把持ミスなしの試験結果が得られています。

株式会社東和コーポレーション
ロボグローブ推進室