30km以降も失速せずに自己ベストを出しながら
フルマラソン走り切るトレーニングの極意

トレーニングとランニングエコノミーがパフォーマンスに与える影響とは?

※Webセミナーの視聴期間は3日間限定です。

ナビゲーター:ランナーズNEXT 浦中 宏典
約75分間に及ぶWebセミナーを3日間限定で無料プレゼント

Webセミナーの視聴はこちら

ご登録後の自動返信メール内に視聴用のURLを記載しています。
※Webセミナーの視聴期間は3日間限定です。

このWebセミナーで学べること

Part 1
具体的なトレーニング内容を考える前に行わなければならない、多くの人に欠けている「ある視点」とは?
フルマラソンで30km以降に失速してしまう人の多くが「失速しないためにはどんな練習をすればいいのか?」を考えます。
ですが、具体的なトレーニング内容を考える前に、考えなければならないポイントがあります。
ここでは、そのポイントについて解説していきます。
Part 2
多くのランナーが30km以降に失速してしまう「3つの原因」を解決するための方法。
ランナーが30km以降に失速する原因はいくつか考えられます。
その中で、特に考えられる「3つの原因」とそれらを解決するための方法について解説していきます。
きっと、あなたがランニングパフォーマンスを改善するためのヒントになるはずです。
Part 3
ランニングエコノミーの違いが実際のランニングパフォーマンスに「どの程度」影響を及ぼすのか?
今より効率的に走るにはランニングエコノミーやランニングフォームの改善が鍵を握りますが、実際にランニングエコノミーの違いが「どの程度」パフォーマンスに影響を与えているのか?はほとんど知られていません。
ここでは、ランニングエコノミーの違いがランニングパフォーマンスに与える影響について解説していきます。
Part 3
ランニングエコノミーの違いが実際のランニングパフォーマンスに「どの程度」影響を及ぼすのか?
今より効率的に走るにはランニングエコノミーやランニングフォームの改善が鍵を握りますが、実際にランニングエコノミーの違いが「どの程度」パフォーマンスに影響を与えているのか?はほとんど知られていません。
ここでは、ランニングエコノミーの違いがランニングパフォーマンスに与える影響について解説していきます。

ナビゲーター紹介

浦中 宏典

株式会社ストレッチサポート 代表取締役

Webメディア ランナーズNEXT運営者

1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ 高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)

を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。 初めてのマラソンで2010年の富士五湖100kmに出場するも

70km地点で自主リタイア。その経験からマラソンを科学することに目覚め、

様々なハードウェア、ソフトウェアを駆使しながらデータドリブンなランニングを実践する。

GPSウォッチを活用したワークショップを多数開催している。 2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。 2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し、完走を果たす。 その他、フルマラソンに限らず、100km以上のウルトラマラソン、トレイルレースにも積極的に参戦している。

メディア掲載実績

テレビ NHKまちかど情報室 
雑誌 Tarzan(マガジンハウス) 
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社) 
新聞 長崎新聞 
ラジオ 中央FM 
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

3日間限定でWebセミナーを無料公開します。


今回のWebセミナーは3日間限定で無料公開します

これまでランナーズNEXTの活動として積み上げてきたものの中から、今回は「30km以降も失速せずに自己ベストを出しながらフルマラソンを走り切るトレーニングの極意」というテーマでお話をしていきます。

フルマラソンレース30km以降の失速で悩んでいる

■30km以降の失速に対すしてどんなトレーニングをすればいいのか悩んでいる

■ランニングエコノミーの改善に興味がある

■今までのトレーニングに限界を感じている

■ランニングやマラソンで自分の「可能性」を広げていきたい

という方は、ぜひWebセミナーにご参加ください。

期間中は何度もご覧いただけます。

あなたは30kmの壁を越えることができるか?


フルマラソンを走るランナーにとって、鬼門と言われている「30kmの壁」。

実際に、多くのランナーがレース後半30km以降に失速してしまうケースは多々あります。

このページを見ているあなたもそうかもしれません。

ですが、なぜ30km以降に失速してしまうのでしょうか?

30km以降も失速することなく、最後まで走り切ることはできないのでしょうか?

これらに関する解決策は、必ずあります。

最後まで走りきれる人と、失速してしまう人との違いは何なのでしょうか?

Webセミナーを通じて、一緒に考えていきましょう。

あなたのご参加をお待ちしています。

Webセミナーの視聴はこちら

ご登録後の自動返信メール内に視聴用のURLを記載しています。
※Webセミナーの視聴期間は3日間限定です。