無料版!世界レベルのGKコーチ
ジョアンメソッド伝承プロジェクト

世界基準のGKコーチ、ジョアンが30年間第一線で蓄積してきたデータベースを日本限定で公開。
データベースにアクセスし、ジョアンの知識、考え方、経験を世の中に残すプロジェクトです。

3つのコースがあり、ジョアン自ら、参加者の練習動画のチェックしたり、直接指導も受けられます。

※このプロジェクトでは、日本のGKを世界レベルにするために、ジョアンのメソッドを日本に残し、日本人が使えるようになることを目的としています。全国、全世界でスムーズにサービスを受けて頂けるよう、オンライン形式でお届けしてます。


世界レベルGKコーチ 
ジョアンとは?


スペイン、人口わずか1万6000人の町ゲルニカにて、
毎年のようにアスレチック・ビルバオへGKが引き抜かれる現象が起きた。
いつしかゲルニカはジョアン・ミレッ氏のお陰で
「GK製造工場」と呼ばれるようになる。
その独自の育成メソッドを日本へ伝承するために来日すると
湘南ベルマーレのアカデミーGKプロジェクトリーダーや
FC東京のトップチームでGKコーチを務め、
その間、トップチームへGK昇格、アンダー代表選出、
日本代表選出と選手たちが成長をしていく。

GKの世界は日本に限らず、まだまだ改善の余地があると話す
世界基準のGKコーチ"ジョアン"が、
30年以上一線で教えてきたGKコーチの技術を継承する
最後の地として選んだのは、スペインではなく、日本だった。

「私が死んでもGKの正しい技術を世の中に残したい」

この想いで、2020年に本を出版。
『ジョアン・ミレッ 世界レベルのGK講座』倉本和昌(著),ジョアン・ミレッ(監修)

しかし、本だけでは技術の習得が難しいのも事実。

そして彼の理論が一冊に収まりきるはずもなく、
彼の膨大な知識、メソッド、
トレーニング方法、GKに対する考え方について全てを
「知の遺産」として残す方法を私たちは考えました。

オンライン上で彼のデータベースに誰でもアクセスできるようにしたのが、
今回のプロジェクトです。


あなたも、世界レベルのGKコーチ ジョアンのメソッドに
いつでもアクセスできます!


オンラインなので、いつでもネット環境がある場所で受講可能。
しかも、自分の学習ペースに合わせて何度も視聴できます。

あなたも一度、世界トップクラスのGKコーチの考え方にふれ
更なるスキルアップをしませんか?

【オンライン研修動画、一部紹介】

【主催者ご挨拶】

主催&通訳 倉本 和昌
株式会社フォルマール代表取締役

これまで出会った中で最高レベルのGKコーチのジョアン・ミレッ。

私はスペインのコーチングスクールで講師として現れた彼をみて
「この人のGK理論は世間をひっくり返すだけの力がある」と思っていました。

出会う前はそこまでGKについて関心を持っていたり、分析したりすることはありませんでした。

しかし、彼に「監督としてGKのことを知らなかったら、どうやって失点を防んだ?」と聞かれ、何も答えられなかったのです。


彼の理論やトレーニング方法はまさに「無形の財産」だと思います。それを伝承していきたいと思い、ジョアンとのプロジェクトが始まりました。

 最近はグローバルな練習というのが主流になっていますが、ことGKに関して彼は全否定しています。グローバルな練習とは例えば、クロスをキャッチして、味方選手にスローを投げ、その後サポートに行き、バックパスを受ける。パスをコントロールして逆サイドまで展開というように試合と同じような流れで行うものを指します。

 

僕は自分のチームではグローバルなトレーニングをやっていますし、サッカーを切り離すことなく全体として捉えることがスタートだと思います。しかし、GKについては違う考えがあります。

まるで空手の型のように、GKにも順序どおり進んでいかなければいけない型があり、一つ一つ完成させないと次には進めないと。つまり、先ほど例に出したグローバルトレーニングで、まず最初のキャッチがきちんとできなければ、次にいけないということです。だから彼はグローバルトレーニングを否定しています。付け加えるならば全ての技術アクションをマスターしてからでないとグローバルトレーニングを行ってはいけないからです。

 

GKは頭から始まり(理解、考え)、心(ハート、メンタル、モチベーションなど)に行って、最後に体(フィジカル、技術)にいくのです。GKというと厳しい練習に耐え抜いてこそ強くなれるというイメージを持っていましたが、「なぜそうなのか?」を頭で理解してから、実際に行動に移すのです。


私自身GKでもないため、GKに対して正直「ちゃんとキャッチしろ」としか言えなかったです。皆さんはどうでしょうか?

皆さんは「ちゃんとキャッチする」のちゃんとしたやり方を選手に伝えることが出来ますでしょうか?

例えばハイボールをキャッチできるようになるためにどんな練習をされていますか?

とにかくクロスを上げて「ボールをよく見て、食らいつけ」と言っていませんでしょうか?

 

何でもかんでも飛び出していくことはつまり偶然の連続です。時々取れるし、時々取れない。つまり「なぜキャッチできないのか?」理由がない状態です。こんな不確かな状態でどうやって自信を持ってプレーするのでしょう?

安定感は自信であり、それはどこから来るかというとぶれない技術なんです。技術とは正しい動作を行うことであり、それが最も無駄がなく、効果的な動きなのです。

でも、正しい動作を本当に教えられる人は多くいるのでしょうか?

 

どうやって行えばよいのか知らない状態だからこそ、ハイボールに飛び出す勇気が持てず、仮に勇気を持って飛び出したとしてもそれは一か八かであり、ミスをしてしまったら怖くて次のプレーで飛び出していくことを躊躇するわけです。

 

ドンドンボールを蹴ってとにかくキャッチしろではなく、「なぜそうなのか?」を理解し、実践。実践して「今のは何が良くなかったのか?」をまた考えさせる。時間はかかりますが、体を酷使しているわけではないので、疲れることはありません(頭は疲れます!)。

そして知らなかったことを学んでいくことで、楽しいと感じますし、知っていくことで上手くなっていることが実感できるので、よりテンションも上がります。よってジョアンの話をもっと聞くようになります。

 

正しいキャッチの仕方を知っていると多くのGKが思っているでしょう。「自分はそんなこと知っているんだから、もっとすごいことを教えて欲しい」と。でも、彼からすると実はほとんどのGKが正しい動作を教えてもらったことがなく、自分の感覚で行っているわけです。それはある現役プロ選手と一緒に練習した時にも実感しました。

というのもプロ選手に指導するときも子供たちに対して指導するときもアプローチの仕方は全く同じだったからです。

 

彼の中でこの理論はまさに数学の証明のようにプロセスがあり、そのプロセスを一つ一つやっていかないとハイボールの処理という一つのアクションに結びつけることができないと考えているのです。

 

いきなりクロスを蹴って、それをキャッチしろではないのです。そう、一つ一つの正しい技術を知らないのにキャッチできるはずがありません。それでキャッチできないのは選手が悪いのではなく、教えている側の僕らコーチの責任であり、問題なのです。

 

GKのアクションはもちろんハイボールだけではありません。でも、ハイボールという一つのアクションについて細かく分析し、研究しているのです。そしてそれが1対1の対応から、ポジショニングの概念、パンチングについて、セカンドアクション(ミスが出た後の修正の仕方)と全てのGKアクションについて体系化されています。
その一つ一つを全て理詰めで分析、研究し、問題解決方法を知っているジョアン。

そんなGKコーチは今まで私は会ったことがありません。

そんな彼の話を聞きたい思われた方!GKコーチではない方も「別のサッカーの見方」を学びに是非会いに来て頂ければ幸いです。

【受講方法】
会員専用サイトでオンラインレッスン

会員になると、
会員専用サイトに、新しい動画講座が、
2日に1つずつ、更新されます。
(動画再生時間 5〜10分)

更新の度に朝7時にメールで通知が届きます。

動画講座を受けたら、
感想をコメント欄に書きましょう。

それをジョアンや運営スタッフが確認させて頂き、
会員サイト内に、返信します。

こうしたやりとりを日常生活に取り入れ
一流のトレーニングを日常の隙間時間で
受けることが出来ます。

それ以外にもサロンメンバーしか見れない動画や特別インタビュー、本には載っていないジョアンの理論の全て(データベース)にアクセスできます。

【カリキュラム】

会員サイトにて、2日に1つ、順番に新しい動画が公開されます。
公開されたら朝7時に、メールで通知が届きます。
そこから動画をご覧頂けます。

■カリキュラム一覧

どんな想いで本を書いたか?

なぜ日本で本を出そうと思ったか

ジョアンが倉本と初めて出会った日の話し、倉本だけにノウハウを渡そうと思った理由

倉本が初めてジョアンと会った日の話し、あまりに凄すぎた!

倉本がなぜGKにそこまで興味を持ったか?

ジョアンから見て、長年付き合いのある倉本はどういう印象?

理想のキーパーとは

GKはいつも孤独

キーパーとは何か 考え方

キーパーコーチ、技術とメンタルどちらが大事?

キーパーコーチがはじめにすべきトレーニングとは

J1の育成、アカデミーの育成、どちらが大事?その理由とは

プロのGKコーチの実態

年間プランニング

トレーニングスケジュールの考え方

完璧な技術の習得

プロフィール

ジョアン・ミレッ

1960年、11月1日生まれ、スペイン・カタルーニャ州出身。

現役時代

9歳の頃からGKを始めた。ミレッの育った地域では当時は人気の無いポジションだったという。少年期に憧れたGKはスペイン代表のホセ・アンヘル・イリバルとルイス・アルコナーダ。後に「イリバルはアルコナーダほどのポテンシャルは無かったが、優れた技術とポジショニングで衰えを感じさせなかった」と分析し、指導に活かしている。

キャリアの大半を地元カタルーニャ州のクラブで過ごし、U-19カタルーニャ代表にも選出された。1984年、負傷により現役を引退。

指導者時代

1985年、古巣テッラーサFCで指導者に転身した。1990年頃まではとにかくメニューをこなさせる指導をしており、選手の伸び悩みに直面。自身がボールを止める技術を伝達できていないと痛感し、3年間指導から離れた。

2000年、カタルーニャを離れバスク州ゲルニカへ移住[7]。SDゲルニカ・クラブでGKコーチを務め、こなす練習ではなく基礎的な技術を一つ一つ身に付けさせる練習によって[4]ゴルカ・イライソスら多くの選手を同州の強豪アスレティック・ビルバオへと輩出した。

2013年、湘南ベルマーレアカデミーGKプロジェクトリーダーに就任[2]。小学生から高校生まで幅広く指導した。

2017年、FC東京へ転籍。

所属クラブ

1969年 - 1979年  ジャバック (ca:Unió de Futbol Base Jàbac i Terrassa)  
1979年 - 1980年  カルドナ (ca:Club de Futbol Cardona)  
1980年 - 1983年  テッラーサFC 
1983年 - 1984年  CDカステリョン

指導歴

1985年 - 1990年  テッラーサFC 育成GKコーチ 
1994年 - 2000年  テッラーサFC 全カテゴリーGKコーチ 
2000年 - 2012年  SDゲルニカ・クラブ (es:Sociedad Deportiva Gernika Club)  
全カテゴリーGKコーチ バスクコーチングスクールGK戦術、技術指導講師[4] 
ビルバオコーチングスクールGK指導、戦術講師[4] 
2013年1月 - 2016年  湘南ベルマーレ アカデミーGKプロジェクトリーダー 
2017年1月 - 2018年  FC東京 トップチーム / U-23チーム GKコーチ 
2019年6月 -  奈良クラブ 
2019年6月 - 同年12月  アカデミーGKダイレクター 
2020年 -  GKコーチ