RL360°
ロイヤルロンドン

ロイヤルロンドン・グループは、
140年以上の歴史を誇る英国最大の相互保険組合として1861年設立され、2013年11月ロイヤルロンドン360は『RL360°』として、ロイヤルロンドングループの傘下からMBOにより独立し、資産管理運用業務に特化している。グループ内での運用管理総額は、359億ユーロ以上顧客数は、340万人を超えており、社員数は約3,000人に上る。

正しい情報はお持ちですか?
オフショア投資では、商品選びよりもIFA選びが重要です。
ロイヤルロンドンやRL360°といったキーワードに興味を持たれ皆様は、本当に正しい情報をお持ちでしょうか?ロイヤルロンドン、RL360°(旧 ロイヤルロンドン)自体は、金融商品ではありません。

たとえ、ロイヤルロンドンや360°について魅力的なお話を聞かれていたとしても、もしそれを単なる海外投資の金融商品のようなイメージされているとすると大きな誤解があるかもしれません。

それは、ロイヤルロンドン(RL360°)自体が金融商品ではないため、ロイヤルロンドン自体には決まった利回りが無いのです。

RL360°はあくまで口座管理の金融機関

もちろん、RL360°は、世界屈指の金融センターであるイギリスの王室属領のマン島に登記され、非課税地域にあり、世界有数のオフショア国際金融センターで投資家の資産価値を保護しています。
つまり、大切な資金を一流の金融機関であるRL360°(旧 ロイヤルロンドン)にて資金を管理、投資したとしても、運用自体がしっかりとできていないと資金を増やす事はできません。

むしろ、運用がしっかりとできなければ、資金が増えるどころか、ただただ目減りしていくことも多いにあり得るのです。

この口座の資金を適切な投資先や銘柄を選定し、運用していくのはIFAと呼ばれる投資のプロフェッショナルなのです。

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略で、独立系ファイナンシャル・アドバイザーと言われています。 IFAは、金融機関から独立した立場で顧客の資産運用をサポートし、リスクに応じた利回りを追求していきます。

運用はIFAの運用力で差がでます。

運用の差、つまり利回りに差がでるのはIFAの運用力の差です。

リーマンショック以降、IFA業界もより淘汰が進んでおり、本当に優秀なIFAしか永続できません。

 リーマンショック以前は、香港には400社程のIFAの会社がありましたが、現時点では、約半分の200社ほどに淘汰され、本当に優秀な会社しか残れていないのが事実です。
 もちろん、リーマンショック以降にできた、新しいIFAもありますので、そこは、注意が必要でしょう。 

 100年に一度と言われるリーマンショックを乗り越えたIFAはやはり優秀でしょう。

結果的に商品選びよりも利回りに差が出る一番の理由は、IFA選びにあるのです。

厳選IFA情報 資料請求はこちら→
     (無料)

オフショア投資では、
世界中の一流オフショアファンドやヘッジファンドへ投資ができたり、
税金面やコスト面での優位性や優遇があったりととても魅力的な一面があり多くの投資家を魅了しています。

しかし、
日本の金融機関を通した投資ではないため、オフショア投資特有の注意点がある事も事実です。

それも特に、知人友人から誘われただけで、何も知らずに始めてしまった方は、特に注意が必要です。

今回は、その中でもIFAにフォーカスをしてお伝えしたいと思います。


一般的に、日本から近いオフショア地域(金融センター)は香港かシンガポールが代表的ですが、

例えば、香港は非常に自由度の高い金融制度のもと世界中の様々な投資商品へアクセスが可能です。

だからと言いましても、それらの金融商品の取り扱いについての監視監督は決して緩いわけではなく、むしろ、自由で公正な取引の環境を維持していくために非常に厳正な管理を行っています。

香港政府は、投資に対しての公正な取引と運営を監視するために複数の公的機関を設置し、アドバイザーを規制する、試験やライセンスもその一つです。

しかし、
オフショア投資が、まだまだ一般的ではない、この日本においては、そういった規制事態も知られておらず、

酷い例では、
オフショア投資自体がネットワークビジネスの仕組みの中に組み込まれてしまい、知人の知人、そしてそのまた知人を通して商品を購入したり、商品説明を受けたりしてしまっている事実が、未だにこの日本では当たり前のように、起こっているのです。

皆さんは本当に大丈夫でしょうか?

自分自身の担当のIFA
(もちろん香港政府認可のライセンスを持ったアドバイザー)の名前や顔、そして、直接の連絡先すら知らないという自体が起こってしまっているのです。

そのため、
IFAの会社自体のことや、信用性も何も分からないため、紹介を受けた知人や友人と連絡が取れなくなった瞬間、せっかく有利に運用を行っているご自身の資産を宙ぶらりんにしてしまうことになっているのです。


実は、弊社へのお問合せ内容で一番多いが
・既に投資をしているが、信頼できるIFAへ変更をしたい
・このIFAは香港での地位はしっかりとしたところなのか?
・IFAや知人と急に連絡が取れなくなって困っている


といった事が、はじめて投資を始められるお問合せよりも
始めた後のトラブルでご相談を受けることの方が多いのも事実なのです・・・

とても残念な事です。


弊社が、商品よりもIFA選びが重要ですと 謳っている理由の一つはそこにあります。
オフショア投資は魅力的な反面、投資アドバイスや商品購入をIFAを通して行うため、このIFAのリスク、専門用語でブローカーリスクをしっかりと考える必要があるのです。

では、トラブルを避けるためには、どうしたら良いのでしょうか。


それは、厳選された信頼できるIFAとお付き合いをすることに他なりません。
SNS
このWebサイトは、国内だけでなく海外にも目を向け、投資をされる個人投資家の方へ情報提供を目的としたもので、特定の金融機関・金融商品の取引や勧誘を推奨する目的のものではございません。 また、日本語訳の記述に不正確な箇所・矛盾があった場合、英文を正文とします。