法律や判例の勉強をしたことがない私でも、
働きながら修士論文を書き上げることができました。

  • 修士論文で、何を書けば良いのか分からない。
  • 修士論文のテーマがいつまでたっても決まらない。
  • どのような資料の集めたよいのか分からない。
  • 誰も教えてくれない。
POINT

1

修士論文を書き上げ、希望する職場で充実した毎日を
過ごしている人が、ぞくぞく誕生しています!

修士論文を書き上げた皆さんの喜びの声をご確認下さい。

喜びの声

20代 税理士法人職員 (Nさん・男性)

 大学を卒業してそのまま大学院に進学しました。僕は、テーマ選びに苦労しました。テーマ選びは、人それぞれで周りの院生が次々にテーマが決まっていくなかで、かなり焦りを感じていました。今思えば、難しく考えすぎて遠回りのことばかりしていたと思います。テーマ選びもやるべきことを順番にこなしていけば、そこまで難しいことではないのだと教えていただきました。

 また、僕の場合は卒業後の進路のことも常に頭にありました。就職活動の際に、希望する職場での就職の条件が卒業よりも数か月前から働きはじめることでしたが、周りの院生よりも早く修士論文を書き上げ、希望する職場で働きながら卒業することができました。ありがとうございました。

 

50代 会社員 (Hさん・男性)

 毎日の仕事と両親の介護をしながら通い始めた大学院でした。とにかく時間がありませんでした。学位論文を書いたのは大昔のことなので、修士論文は正直難しいと思っていました。指導教授は同世代なので、一から論文の書き方を指導してもらうというのは悪い様な気がして、どのように論文を進めていくか困っていました。こちらの講座のおかげと周りの人たちの協力もあり、1年卒業は伸びましたが、なんとか満足のいく内容の修士論文を書くことができ、卒業することが出来ました。20代の若い院生たちと知り合いになり、中間発表後の懇親会で修士論文について熱く議論を交わしたのは、とても良い思い出になりました。



30代 団体職員 (Tさん・女性)

 勤めていた事務所を思い切って退職して大学院に進学しました。実は、大学時代に卒業論文を書かなくても卒業出来る大学だったので、今回初めての論文が修士論文ということでかなり不安がありました。大学院では様々な判例を授業で学びましたが、修士論文の書き方については、自分で学ばなければならないといった感じでしたので、こちらの教材のおかげで同じ学年の院生たちと一緒に笑顔で卒業を迎えられて本当に良かったです。



30代 会計事務所職員 (Kさん・男性)

 税理士試験に区切りがつき、フリーターのような状態から大学院に入学しました。やる気も時間もありましたが、いざ修士論文を書こうと思ってもどこから何を書けば良いのか全く分からず、手がつけられない状態が数か月間も続きました。このままいくと論文を諦めるしか方法はないということも考えはじめていました。しかし、たまたま見つけたこの教材のおかげで大学院をやめずに済みました。講義自体は1時間程度で短いのですが、本当に何度も繰り返し観て実践したことで、やるべきことが分かり、私のような者でも頑張れば卒業出来るのということが分かりました。今は感謝の気持ちでいっぱいです。
POINT

なぜ、修士論文を諦めかけていた人
まで、卒業できたのか?

なぜ、修士論文が書けずに退学を考えていた人や、時間に追われていた人でも修士論文を書き上げて、笑顔で卒業できるようになるのでしょうか?



理由は、大学院生は、『論文の構成パターン』を知らないことにあった!

大学院生は、2年間かけて修士論文を書き上げますが、普段から論文を書く事に慣れている大学教授は3週間程度で書き上げてしまします。

このような圧倒的な時間の違いは、どうして生じてしまうのでしょうか?


その答えは、『論文の構成パターン』にあります。大学院の研究分野によって様々な修士論文がありますが、税法の修士論文や一般的な論文というのは、税法特有の構成パターンがあります。この構成パターンについては、論文を読んだり、書いたりすることを経験すればするほど、経験値として蓄積させていきます。

この構成パターンを知らないあなたが修士論文が書けないと思うのは当然のことなのです。つまり、あなたは修士論文が苦手でも何でもなく、修士論文について何も知らないだけなのです。



構成パターンを多く知っていると、頭の中で目次を構成することができるので、論文を書くスピードが格段にUPします。



修士論文を含めた論文には、基本的なパターンがあるため、あるテーマの論文を書こうと思ったときに、論文の構成パターンを多く持っている人は、反射的にいくつかの目次の構成ができます。しかもこの時点で結論についてもほぼ決まっているため、あとは必要な資料を集めて論文を作成していけばよいのです。

(実際は、修士論文以外の論文であればオリジナリティや提言については精度や独自性等が求められると思われるので簡単には考えられない部分もあるかと思います。)



もしあなたが、修士論文の基本的な構成パターンを学んでしまえば、修士論文を書き上げることが苦痛から楽しみに変化します。



つまり、修士論文を書くために必要な『論文の構成パターン』を学ぶことが出来れば、修士論文を苦手とするモヤモヤから解放され、晴れやかな気持ちで、修士論文に対して熱い情熱を持って書き上げることができりょうになります。

大学院を卒業した後も、後輩たちに
指導をしてきた『未来ラボラトリー』が、その方法をお教えします。


講義開発者:未来ラボラトリー


大学院生に求められていることの1つに、時間をかけて考えるということがあります。そのためこちらの講義では『答え』は一切お教えしません。

つまり、
『テーマ』や『結論』については、必死になって考えて頂きたいと思っています。答えはお教えしませんが、『ヒント』になるようなことをお教えします。

熱い情熱を持って、不正のない謙虚で誠実な修士論文を書きたい人を応援します。

大学院卒業生からも推薦の声!

40代卒業生・男性

この講座良いですね。私の時はインターネットが普及し始めた頃でまだまだ資料を集めるのが本当に大変な時代でした。この講座を使って、もう一度修士論文を書いたら、良いものが書けそうです。



40代卒業生・男性

僕は、時間とやる気はあったのですが、書き出すまでの試行錯誤が長過ぎて、論文の本体にもっと情熱をかけてあげたかったという記憶があります。

論文を書く教科書みたいなのは、当時からあったら良いとは思っていましたが、

ようやくそういうのが出たんですね。



30代卒業生・女性

私の院生時代は、論文のみに時間をかけることが出来たので、正直特別な苦労はありませんでした。一方周りの院生の方たちは、本当に苦労して卒業まで辿り着いた感じでした。あのときこういう講座があったら、研究室の重たい空気も解消されていたのかな、なんてことを思い出しました。



20代卒業生・男性

家庭の事情もあり、1年休学してなんとか卒業出来た者です。僕の場合は、先輩に恵まれた感じです。大学院を卒業しても、試験勉強のために大学院に在籍していた先輩がいたのですが、その方には本当にお世話になりました。

大学院は2年間しかないので、論文を書く頃にはもう相談出来る先輩がいないため、先輩の指導みたいな教材なので親近感が湧く感じです。
POINT

講座で学習した人から喜びの声が届いています。

講座で学習した院生さんから、喜びの声が届いています。

皆さん、本当にお疲れさまでした。
そして、希望する分野で活躍されることを心よりお祈りしております。

利用者から喜びの声が届きました。

20代・男性

おかげさまで無事に卒業することが出来ました。感謝感謝の気持ちでいっぱいです。


20代・男性

2年時から、教材を使い始めましたが、もっと早く出会っていたらと思うと悔しいのですが、なんとか書き上げることができました。



50代・女性

修士論文は本当に10人10色というように、人それぞれ書き方があると思います。この教材を含めて、色々なところから論文の書き方を学んで自分なりの論文の書き方を身につけていけば、良い論文が書けると思います。



40代・女性

論文のパターンを多く知っていることは、本当に大事なことですね。つい自分の頭の中で答えを出そうとして結果的に時間がかかり過ぎてしまうことが何度もありました。ありがとうございました。



30代・男性

大学院に入学したものの修士論文は自分には厳しいだろうと思っていました。馬鹿正直にこの教材に従ってみたところ、論文を書くのも楽しいと思いながら書き終えることができました。

『修士論文の書き方講座
       ①基礎編』



定価   19,800円 

期間限定価格
特別価格 14,800円



本商品は、動画講座の視聴するための
専用URLをお教えするため、

商品が届くまでイライラすることなく、
学びたいときに、すぐに動画を視聴することができます。

あなたがやることは、講座を繰り返し観て手順通りに実践するだけです。

修士論文作成の最短距離を進んでいるのを感じて下さい。



『税法大学院 修士論文の書き方講座 ①基礎編』を繰り返し学習すると、修士論文に対する情熱が湧いてきます。



今まで、苦手意識を持っていた修士論文に対するイメージを変えてみましょう。





講座の内容をざっくりお教えします。



・修士論文について学びます。

 ・・・・・『修士論文を学ぶためには、◯◯◯◯から学ぶ』 

・いきなり分厚い租税法から読む読むことはオススメしません。

・目的を持たないで論文を読んでいる人が多くいます。

・修士論文から学べる8つのポイント = ワンシート

・テーマを考えるときは、◯◯もセットで考える。

・修士論文のテーマの選定

・タイトルリストを作る

・テーマ選定のための10のステップ 

・目次の重要性

・趣旨論文作成のため3つのステップ

・資料の集め方 

・3種類の論文とは



☆☆☆今だけお得な特典を3つプレゼント致します。☆☆☆



今だけ特典①

『税法大学院 修士論文の書き方講座 ①基礎編』PDFデータをプレゼント!

PDFを印刷して書き込むことで、講座が教科書になります。

これで、あたらの修士論文の執筆効率が格段にアップします。



今だけ特典②

講座の要点をまとめた『オリジナルワンシート(Word)』をプレゼント!



今だけ特典③

困った時に大活躍、安心のメールサポート1か月間。
修士論文に執筆で困っていることがあれば何でも相談してみて下さい。※ただし、『答え』になるようなことはお教え致しません。







『税法大学院 修士論文の書き方講座 ①基礎編』

定価   19,800円 

期間限定価格
特別価格 14,800円






 税法の修士論文を書き上げることは簡単なことではありません。



しかし、時間と情熱があってコツコツと真面目に取り組む気持ちがあれば、あとは『コツ』を知っていれば、修士論文を書き上げることは特別難しいことではありません。



誰でも最初は素人なのです。論文を書くことを専門にしている人と院生であるあなたとの差は、『論文とは何かということを熟知しているか』の差にあります。



 こちらの講座では、論文の書き方・テーマの選び方・資料の集め方を基本的なところから学べるようになっています。あなたの修士論文に対する不安が、情熱にかわり自信をもって修士論文を書かれることを心よりお祈りしております。

『修士論文の書き方講座
       ①基礎編』

定価   19,800円 

期間限定価格
特別価格 14,800円



本商品は、動画講座の視聴するための
専用URLをお教えするため、

商品が届くまでイライラすることなく、
学びたいときに、すぐに動画を視聴することができます。

修士論文のイメージを変えませんか?


デモ動画を見る


事前登録受付中!申し込みは下記のボタンから
2015年11月下旬 発売予定