1億2億で足踏みしてる経営者様,3ヶ月で新たな売上を獲得する仕組みをつくり,現状を抜け出して売上を1.5倍増やす本当の方法を教えます。

約20年間50社とのコンサルティング実績から編み出された本質的な経営改善の独自メソッドをご紹介します。

先着
7名様

今すぐ申し込む

こんなお悩みありませんか?

毎月の売上が安定しない

計画している売上目標を達成できない

営業体制がしっくりこないなぁ

自分の進めたい事業の方向性と違う気がする

新しい取り組みに手を付けられない

集客がうまくいかない
集客がうまくいかない

製造業さまの経営者様
そのお悩みを解決します!

業種に関係なく,事業活動において営業や渉外は企業の成長にとって欠かせない活動です。最近ではデジタル化(IT化)の普及により手法にのみに目がいきがちですが,手法を上手に扱うための計画がきちんと立てられていないと最高の結果を導き出すのは難しくなります。

そこで,本勉強会において事業活動におけるプロセスやコンセプト,イデアなど営業や渉外を考える際の拠り所となる主義を学びながら,自社の市場への訴求の方法などを見直し,事業の最適化を図って頂きます。

そうすることで,自社の強みや弱みなどを再発見することにも繋がり,これまでと違ったアプローチで営業や渉外を展開していくことが可能になります。

また,他社の事例を参考にして自社オリジナルの主義を生み出すこともことも可能です。

豊かさがますます開発されていく一方で,同じ数の不便さも必ず生まれています。その不便さの解消が正に企業活動,経営であり,自社の存在価値に繋がり,ひいては社会貢献を実現するための器(公器)としての概念になってきます。このような思考をこの勉強会においてぜひ学んで頂きたいと願っています。

日本ルネサンス合同会社

代表 大久保元永

約20年,自らの会社や事務所の経営に携わりながら,事業再生の分野で法的処理に頼るのではなく自浄の見地から事業改善・再構築を経営者とともに行い,積極的に金融機関などの関係者との折衝を当事者として担ってきた。

最近では,もっと早期の改善・再生をという考え方から,営業や渉外の改善に熱心に取り組んでいる。

同時に,日本経済の再構築には製造業の活性化が不可欠との持論を展開し,広く製造業の付加価値や生産性の改善による底上げ支援に取り組んでいる。

これらの活動は15年以上に及ぶ事業再生において培ってきた事業性・会計性・法務性の横断的な理解に精通している事と,その洞察力,提案力,実行力が同氏の活動を支えている。

主な実績

◎産活法を用いて衰退期に陥っている企業を事業面からの支援による再生に成功する。

◎事業継続の妥当性を当事者に代わって説明し,税務署の差押え対象の解除に成功する。

◎こう着状態にあった金融機関との関係性を事業改善等の計画説明において新規の調達に成功する。

私が営業・渉外にこだわる理由

営業や渉外は企業の顔として活動することが少なくありません。同時にその活動は直接的な成果にも関係してきます。いくら良い商品・サービスであっても,それを届ける営業・渉外がいなければ伝わらず,届きません。すなわち成果も上がりにくいと言えます。逆に商品やサービス以上の営業や渉外がいると予想以上の成果を得ることも珍しくありません。そういう意味で,企業にとって,また事業活動において営業や渉外という活動はその企業の生命線そのものであり,企業の将来を占う役割を担っていると言えます。事業活動を営業と渉外のみだという考えは毛頭ありませんが,規模の小さい企業ほどその役割と責任は大きいと言えると思います。

皆さんは経営者である以上,事業を伸ばし,自社の成長を望むのは経営者として,当然の摂理だと思います。その成長を左右するのに営業や渉外が大きく関わっているという事に異論を唱える経営者はいないと思います。不幸にも営業成績が右肩に傾いてくると思うような経営が行えず,会社全体の士気にも影響が出てきます。

そんな重要な役割を担っている営業・渉外だからこそ,企業の盛衰を占うべき存在であり,充分な教育が必要であると考えるわけです。その教育とは,イデア,コンセプト,プロセスの3つに絞ってよいと考えます。

それは,企業を設立したイデア=理念です。次に,事業をどのように広げていくのか,市場を切り開くのかのコンセプト=企業の概念,そしてそれをどうやって仕掛けていくのかのプロセス=原因づくり,の3つです。

この基本は,創業期,成長期,そして衰退期から第2創業期と承継していくときも一貫していなければならないものです。これが会社の成長や,人の増加と共にずれ出すと営業や渉外を通じていち早く市場・顧客に伝播します。

この伝播を良くも悪しくもコントロールしていかなければ,持続性を持って安定感ある継続した商品やサービスの提供が難しくなってきます。そのためにも日頃から3つの教育を徹底していなければ,平時のときにはできていても有事の際には経営者でさえどうしてよいかわからなくなってしますのです。

だからこそ,平時のときから備えておいていただきたいと切に願うわけです。

コンサルティングを依頼するメリット

  • 売上1~2億の足踏み状態から3~5億のステージへ成長できます
    これまでの営業・渉外をイデア・プロセス・コンセプトの観点から見直すことで,思考を深めることができ,新たな独自展開スタイルを確立できます。

  • 売りたい体質が売れる体質へと改善されます
    自社のイデア・コンセプト・プロセスを見直すことによって,顧客へのアプローチの改善を図れ,売るから売れる体質へと変化します。

  • 原因と結果について同じ目線で話し合える時間を共有できます
    社外の専門家との相談は,客観的な意見と経営者目線による意見の双方を得ることで,大局観ある判断に基づいた効率的な指示をだせるようになります。

  • 売上1~2億の足踏み状態から3~5億のステージへ成長できます
    これまでの営業・渉外をイデア・プロセス・コンセプトの観点から見直すことで,思考を深めることができ,新たな独自展開スタイルを確立できます。

お申し込みはこちら

☎06-6809-1752

お電話でもお気軽にお問い合わせください。
受付時間 10:00~17:30(土日祝を除く)

一体感を持った内容にしたいため、
勉強会は毎回7名様限定で行なっております。

お客様の声

運送業さま
運送業 代表者さま
代替わりを機に今後の経営・営業の方向性の対策のため勉強会に参加。営業のみにではなく,経営全般にわたる内容に感銘。改めて経営とは横断的に行うべきであることを学べた。
製造業さま
製造・卸・小売業 経理責任者さま
自社製造商品を全国の代理店に卸しながら自社店でも販売する業態の中,自社の販売力が落ちてきたので,勉強会に参加。その後,個別コンサルティングでホールディング化の提案を受け入れ代理店と自社販売との営業戦略を別立てにし,それぞれを別会社として運営し,グループ企業として復活。IPOも視野に経営にあたっている。
建設業さま
総合建設業 代表者さま
公共工事の受注が売上の大半を占めているなか,公共工事の受注が難しくなってきたので,民間工事の方向性を検討するため,勉強会に参加。勉強会よりもその後のフォローコンサルティングを個別に受け,組織再編などの智慧もかり,民間工事受注体制の確立ができた。
卸売業さま
高級鞄卸売業 営業部長さま
営業組織の体制見直しに苦慮していたが,セリング・プロセスを学び,その後にフォローサポートで導入コンサルティングを受け,かつ経営革新計画の認定で全社員と会社のベクトルを合わせる事ができ,大変満足している。
卸売業さま
高級鞄卸売業 営業部長さま
営業組織の体制見直しに苦慮していたが,セリング・プロセスを学び,その後にフォローサポートで導入コンサルティングを受け,かつ経営革新計画の認定で全社員と会社のベクトルを合わせる事ができ,大変満足している。

勉強会開催概要

東 京
名 称 日本ルネサンス三木会
日 時 2017年8月10日(木)15:00~
場 所 弊社
主 催 日本ルネサンス合同会社
参加費用 7000円
お問い合わせ concierge@rj-llc.jp
備考 DM持参の方は特別価格にて参加いただけます。
お問い合わせ concierge@rj-llc.jp

よくある質問

Q

個人事業主でも参加できますか?

A

法人・個人や企業規模を問わず,ご参加いただけます。
ただし,法人の場合は一社につき2名様までとさせて頂いております。

Q

自社に理念や概念がないと参加できませんか?

A

理念や概念がなくともご参加いただくことは可能です。ただし,理念や概念などを創出したいお考えをお持ちの経営者様に限らせて頂いております。

Q

製造業ではないですが参加できますか?

A

製造業以外の会社様も多くご参加いただいていますので,安心してご参加ください。

Q

売上1億や2億ではないのですが大丈夫ですか?

A

もちろん,大丈夫です。1億2億を超えられている会社様も,1億2億を目指されている会社様もご参加いただいています。売上6億の会社様も参加されました。

Q

個人事業主でも参加できますか?

A

法人・個人や企業規模を問わず,ご参加いただけます。
ただし,法人の場合は一社につき2名様までとさせて頂いております。

会社概要

概 要
名 称 日本ルネサンス合同会社
代 表 大久保 元永
大 阪

大阪市北区西天満4-1-20

東 京

東京都中央区日本橋本町3-3-6

お問い合わせ otoiawase@t-bf.jp
関連会社
大永綜合経営事務所
お問い合わせ otoiawase@t-bf.jp