片頭痛はマクサルトジェネリック「リザクト」で
解消できる!通販・値段・効果

【リザクト】は頭痛薬として有名なマクサルトのジェネリック医薬品です。 中度~重度の片頭痛に対して有効的で、即効性があります。1錠145円~
リザクトは一般的な薬局やドラッグストアでは売っていないので通販で購入することが可能です。病院に行くよりも通販を利用したほうが値段を安く抑えることができます!

片頭痛薬「リザクト」とは

マクサルトのジェネリック医薬品『リザクト』はいつ発症するかかわからない片頭痛(偏頭痛)からくる痛みを改善する治療薬です。
製薬会社はシプラマクサルトのジェネリックのリザクトを扱うシプラ社はインドのマハーラーシュトラ州のムンバイにある製薬会社です。
インド国内ではジェネリック医薬品メーカーとして有名です。
また、シプラ社は発展途上国に向けてHIV患者のための低コスト治療薬の製造でインド以外でも知られています。
ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、アジア、中東など世界150カ国に医薬品の輸出を行っています。製薬施設は世界の10カ国にあります。

「リザクト」購入方法

忙しい現代人、

・頭痛ぐらいでは病院に行きづらい
・市販の頭痛薬では効果が弱い
・頻繁に頭痛になる

病院で診察を受けると診察代もかかりますし、時間もかかります。
病院に行かず、安く処方薬を買う方法が実はあるんです。そ
れはインターネットで通信販売のように簡単に購入する事ができます。
厳密に言えば個人輸入代行といいます。
個人輸入代行で医薬品を購入する場合、日本で認可を受けていないジェネリック医薬品なども購入できます。
日本は医薬品の認可が世界で一番受けにくいといわれています。海外では当たり前のように処方されている薬でも日本では不認可のものが多いです。
注文すると海外から1週間程度で届けてくれます。

「リザクト」値段

『リザクト』は日本国内の病院で処方されている『マクサルト』のジェネリック医薬品になります。

ジェネリック医薬品なので先発薬と比較すると値段はもちろん安く抑えられますし、通販で購入すると診察料なども必要ないためもっと安価に購入することが可能です!

通販の場合1錠145円~買う事ができます。

マクサルトを病院で処方した場合、診察料など諸々の費用を含めると1錠約500円前後してしまいます。
また処方される錠数が病院によって決められている場合が多いので、いつ来るかわからない片頭痛をお持ちの方には非常に心許ないです。
通販の場合は自分が欲しい錠数を購入することができるのでそういった心配も必要ないですね。

病院に行く手間、時間、診察料などのことを考えると通販で購入したほうがいかにお得に入手できるかおわかり頂けたでしょうか。

「リザクト」をインターネットで購入するメリット

リザクトは残念ですが国内では未認可なため、国内の病院では処方がされません。

新薬のマクサルトだったら国内で病院処方がされますが、値段も1錠500円前後と高額な上、病院によって処方される錠数が決められているため頻繁に片頭痛が起こってしまう人にとっては通院にかかる時間とお金を考えたら非常にコストパフォーマンスが悪いです。

しかし、リザクトは病院では処方が出来ないものの、個人輸入というインターネット通販のような形で購入することができます。

マクサルトジェネリックのリザクトは最安値の場合、1錠145円~とマクサルトの半額以下で買うことができます!
また病院処方とは異なるので錠数も自信が欲しい分だけ購入する事ができます。

個人輸入と言っても、むずかしいことは1つもなくインターネット通販と使用派は何も変わりません。
自宅・職場・外出先など、ネット環境のが使える場面でしたらどこにいても注文ができるのでわざわざ病院にいく手間や時間も省くことができます。

リザクトをインターネットで購入すると、一石二鳥ではなく一石三鳥にもなるんです!

メリットまとめ
①病院の半額以下で買える!
②自分の欲しい錠数を購入できる!
③通院の手間を省ける!

「リザクト」の効果

頭痛が起きたときに鎮静剤を使用する人もいますが。鎮静剤は単に「痛みをかんじにくくさせる」薬なので頭痛の要因そのものには作用しません。
ですがマクサルトやジェネリック医薬品のリザクトは片頭痛があらわれたときに

服用すると頭の中の広がった血管を収縮させ、痛みを緩和させてくれます。
服用後は、すぐに効果があらわれるので、片頭痛の痛みが発症してからでも、十分効果が得られます。
有効成分は安息香酸リザトリプタンでマクサルトと同様です。安息香酸リザトリプタンは神経伝達物質に直接働きかますので、片頭痛の痛みの症状を解消します。
現在、発売されている頭痛薬の中でも即効性があり1時間後には血中濃度のピークに達します。

有効成分である安息香酸リザトリプタンは痛みを和らげたり、解消をすることはできますが偏頭痛の原因を治すことはできません。

「リザクト」飲み方

1回10㎎を片頭痛が始まったとき、すぐに服用する。

効果が不十分なときには追加で服用できますが前回の服用から、2時間は間隔をあけるようにしてください。
※1日最大20㎎までです。

POINT
①片頭痛が起きたとき、早めの服用がポイントです。
前兆がある場合はそのあとすぐに服用し、前兆がない場合は片頭痛が起こってから10分以内の服用が効果的となっています。
②追加服用する場合は、必ず2時間以上の間隔をあけてから服用してください。
③効果があらわれないときは、一度服用を中止して医師の診察を受け片頭痛の種類を確認したほうがいいです。

「リザクト」の副作用

リザクトには稀に副作用が起こる場合があります。
主な副作用
動悸・めまい・吐き気・眠気など
また飲み始めに喉や胸のつっかえ感や圧迫感を感じることがよくあります。

重い副作用は滅多に起こらないですが下記の症状が見られたら念のため注意をしてください。
重い副作用
心臓の異常・アナフィラキシーショック・けいれんなど

その他、何か異常を感じた場合は服用を中止し医師や薬剤師の診察をうけるようにしてください。

片頭痛とは??

片頭痛とは主に頭の片側(両側の場合もあります)に発生する痛みで
こめかみ周辺から目にかけて起こるケースが多いです。
個人差はありますが、痛みは数時間から数日続く場合もあります。
時間が経つことで症状は和らぎ、痛みも治まります。
日本人の成人の約8%が片頭痛に悩まされています。
男性よりも女性の方が圧倒的に多いと言われています。
なかでも30代の女性に多く、5人に1人が片頭痛持ちと言われるほど多くの方がこの痛みを経験しています。
痛みが発症すると、動くこともつらいほど日常生活に影響を与えてしまい、吐き気をもよおすケースもあります。
また片頭痛を引き起こす原因には

・過労や精神的ストレス
・睡眠不足や運動不足
・不規則な生活習慣
・女性ホルモンの分泌バランスの低下

などが関係していると考えられています。

片頭痛の痛みや症状

痛みが出ると少し動いただけで、つらい痛みの片頭痛ですが、片頭痛に悩むのは男性よりも女性の方が圧倒的に多いと言われています。
片頭痛は慢性頭痛の一つで、こめかみから目を中心にズキンズキンと脈打つような痛みを感じます。
個人差により痛む箇所にも違いがありますが、片側が痛い場合もあれば、両側や頭全体に痛みを感じます。
片頭痛で悩む20~30%の方は、痛みが発症する前兆があり、光がチカチカ見えたりするという症状があらわれます。
片頭痛の痛みがひどい場合は、少し動いたり、姿勢を変えたり、頭を動かしたりするだけで痛みが強くることもあります。
何も手に付かず寝込んでしまうケースもあります。
片頭痛の痛みがひどすぎて、日常生活に支障をきたす場合もあります。
重度の場合は、臭いなどにも敏感になり、吐き気を起こすこともあります。

片頭痛の予兆と前兆

片頭痛は、症状があらわれる前に「予兆」と「前兆」を感じるものと、感じないもの2種類があります。片頭痛が起こる際に、頭が痛くなる前に予兆や前兆と呼ばれる症状があらわれることがあります。
予兆や前兆は、感じる人と感じない人がいます。
予兆は、痛みが起こり始める数時間から数日前にみられます。

・疲労感
・精神的に落ち込んでいる
・情緒不安定
・イライラ感
・集中力がなくなる
・あくびがよく出るようになる

などの症状があらわれます。予兆を感じる方は、片頭痛持ちの5人に1人だと言われています。
前兆は、頭痛の痛みが起こる前に、15~30分ほどで消え、そのあと頭痛が始まります。

・視覚障害(視野が欠けて見える)
・手足のしびれ
・感覚の鈍化
・失語性言語障害(言葉が出にくくなる)
・閃輝暗点(せんきあんてん)

などの症状があらわれる人もいます。
片頭痛持ちの中には、前兆は感じるが痛みが起こらないという人もいます。
予兆・前兆を感じたら、できるだけ早い対処が避大切です。

頭痛が起こった時の対処法

予兆か前兆の後に頭痛の痛みが起こります。一般的に頭痛の痛みは、最初は鈍い痛みから始まります。徐々に激しくなり、ズキンズキンと強い痛みに変わります。
場合によっては、吐き気や嘔吐をするケースもあります。動いたり、姿勢を変えると痛みが、さらにひどくなることもあります。
音や光に敏感になることもあり、不快感があらわれます。痛みの持続時間は個人差がありますが4~72時間と言われています。
前兆や予兆がなく、突然痛みが発生するにケースもあります。市販の鎮痛剤市販の鎮痛剤や痛み止めは、症状があらわれたら、なるべく早く服用することで効果があります。
片頭痛の予兆や前兆があらわれたときは、痛みがひどくなる前に服用してください。
片頭痛の痛みを和らげてくれる、トリプタン製剤という治療薬があります。病院の処方せんがなければ購入することはできません。この治療薬には、3つの効果があります。

・広がった脳の血管を元に戻す
・発痛物質である神経ペプチドを放出する三叉神経の働きを制御する
・光や音などへの過敏反応を制御する

トリプタン製剤は、痛みが出始めてから30分以内に服用すると痛みを抑えることができます。マクサルトやリザクトのように、予兆か前兆で服用しても効果はありません。


エルゴタミン製剤トリプタン製剤より前からある片頭痛知慮薬です。血管を拡張させる作用がありますが、即効性がありません。
前兆のタイミングで服用しないと効果が得られません。トリプタン製剤が効かないときは服用してみてください。また、トリプタン製剤との併用は副作用で血管収縮が強くなるため、服用する時は24時間以上空けなければなりません。
その他にも、血管を収縮したり、拡張したりしないようにする予防薬があります。カルシウム拮抗剤、β遮断薬やセロトニンの働きを抑える抗セロトニン薬、抗てんかん薬などがあります。副作用がそれぞれありますので、医師とよく相談してから処方してもらいましょう。

頭痛の誘因を避ける

片頭痛には様々な誘因があります。ホルモンバランスの変化や天候や温度差などは、避けることが難しい誘因ですがアルコールや空腹などは避けることのできる誘因です。
片頭痛が始まったら、誘因となるアルコールなど避けてください。片頭痛の痛みがあるときは安静にしてください体を動かしたりすると痛みが悪化することが多いです。
冷たいタオルなどで患部を冷やしながら、静かな場所で横になることで痛みが緩和させます。横になれないときなどはイスなどで座って安静にするだけでも効果的です。
カフェインを摂ることで痛みが緩和されます。コーヒーや緑茶などに含まれているカフェインには、血管を収縮させる作用があります。コーヒーや緑茶などを飲み過ぎてしまうと
さらに頭痛の痛みを引き起こすこともあるので飲み過ぎないようにしてください。
片頭痛の予兆や前兆をきちんと把握できれば
誘因を遠ざけるなど対処をすることで、痛みを最小限に抑えられます。

「片頭痛」と「偏頭痛」の違い

「へんずつう」と言われた時に思い浮かぶのは片頭痛と偏頭痛はどちらですか?多くの人は両方を思い浮かべてしまうと思います。どちらの言葉も多く使われているように片頭痛も偏頭痛も違いはなく、同じ意味です。

違いを言えば、「片頭痛」は医学会用語として正式に使われているようです。ですが、辞書で調べてみると「偏頭痛」を最初に記載していることが多いようです。漢字の意味に違いはあるか片頭痛の片は「かたほう」の片です。偏頭痛の偏は「かたよる」ともいう意味です。漢字の意味からもわかるように、片頭痛(偏頭痛)は頭の片側だけに痛みが発症すると説明することが多いです。しかし、片頭痛(偏頭痛)といっても、片方だけに
痛みが起こる頭痛だけを片頭痛(偏頭痛)と言うわけではありません。両側や頭の全体が痛む例は4割もあます。以前は両側の頭痛や「ズキンズキン」とした拍動感がない頭痛は片頭痛(偏頭痛)とは違うと言われていましたが、最近では片頭痛(偏頭痛)と頭痛の違いを見分けるポイント、診断基準が設定されています。

併用禁忌薬

マクサルトやリザクトには併用禁忌薬があります。別系統のエルゴタミン製剤と併用すると、血圧の上昇などがでやすくなるので併用できません。同じトリプタン系薬剤との同時服用もいけません。エルゴタミン製剤やトリプタン系薬剤を服用した場合、24時間以上の間隔を空けて服用する必要があります。また、プロプラノロール(インデラル)を予防薬として飲んでいる場合は、この薬の頓服は避けてください体の痛みなどです。飲み始めに、胸や喉に圧迫感を出ることがあります。動悸や胸の違和感が出る場合は、念のため心電図検査を受けておけば安心です。 基本的には問題はないと思いますが、海外では不整脈や狭心症も報告されています。特に中高年の方は注意が必要です。