すてっぷ・ぽーとの利用の手続きに関して

以下のような流れになっています。
Step
1
相談
まずは、利用の意思があるかどうかの聞き取り調査を行います。
障害者手帳、自立支援医療の受給者証、精神科への通院があるかどうかを確認します。
条件が整っていれば申請へ。
その際は、スタッフも同行します。
Step
申請へ
療育手帳の場合は市役所障害支援課へ、精神保健福祉手帳、自立支援医療の受給者証の場合は保健所へ利用の移行がある旨の電話をする。

相談支援事業を利用するかどうか、調査の日程の調整

調査では、現在の障害や生活の状況について和歌山市が聞き取り調査を行います。
その際、手帳(受給者証)印鑑、マイナンバーがわかるものが必要

Step
審査・判定へ
療育手帳の場合は市役所障害支援課へ、精神保健福祉手帳、自立支援医療の受給者証の場合は保健所へ利用の移行がある旨の電話をする。

相談支援事業を利用するかどうか、調査の日程の調整

調査では、現在の障害や生活の状況について和歌山市が聞き取り調査を行います。
その際、手帳(受給者証)印鑑、マイナンバーがわかるものが必要

Step
4
サービス利用計画案の作成・提出
指定の相談支援事業所に依頼することができます。
訪問面接によるアセスメントが行なわれた後、交付されるサービス利用計画案を市へ提出します。
Step
5
支給決定等
審査判定結果に基づき、申請者の利用意向を確認、サービスが適切かどうかを確認してサービスの支給量等を支給決定し、申請者に通知するとともに受給者証を交付します。
Step
6
事業者と契約
支給決定を受けたら、サービスを利用する事業者を選択して、支給決定の範囲内で利用に関する契約を結びます。
また、サービスを利用する計画(個別支援計画)を作成します。
Step
7
サービスの利用開始
サービスの利用決定に基づき、サービスを利用します。
Step
8
サービス費用の支払い
サービス利用後は、原則として費用の1割の額及び施設利用などの食費や光熱水費などを利用した事業者に支払います。なお、費用の9割は、サービスを利用した事業者が利用者に代わって市町村へ請求します。(代理受領)
Step
申請へ
療育手帳の場合は市役所障害支援課へ、精神保健福祉手帳、自立支援医療の受給者証の場合は保健所へ利用の移行がある旨の電話をする。

相談支援事業を利用するかどうか、調査の日程の調整

調査では、現在の障害や生活の状況について和歌山市が聞き取り調査を行います。
その際、手帳(受給者証)印鑑、マイナンバーがわかるものが必要

営業時間 10:00 - 18:00 (※居場所利用時間は15:00まで)
073-488-3936
土曜日も開所しております! 13:00~15:00