リトリート鹿児島

リトリート鹿児島とは

豊かな食、ジオを感じる火山や海洋、温かい気候と人。
鹿児島という土地には、人を元気にするパワーコンテンツが揃っています。

その類い稀な「土地のちから」を体験しながら、
健康に関する第一線級の指導者と連携し、
心身ともに「健康になる」という目的を明確にしたツアーを実施します。 

経済や観光など人の流れが、これまでの北半球から南半球にシフトする中
南国・鹿児島の自然、歴史、文化、そして人など、
地域資源を丸ごと生かしたヘルシーツーリズムこそ、
世界中のニーズが期待できる事業だと考えます。

 「健康」だけでもない、「観光」だけでもない。
「個人を健康にする」×「鹿児島を体験する」
この2つの目的を明確にしたリトリートという手法で、
鹿児島に人を招く(人を動かす)仕組みを作ることが目的です。

 そのために食、観光、医療、福祉、地方自治体、NPOなど、
さまざまな関係団体とネットワークを築き協働していくことをめざします。

第1回阿多隼人祭り~舞敷野~
無事終了



平成29年4月1日(土)前夜祭、4月2日(日)本祭の2日間、南さつま市加世田もしきの笠狭宮跡広場にて、一般社団法人リトリート鹿児島・iBs外語学院・福岡安部塾・YJDC・舞敷野集落が主体となり、第1回「阿多隼人祭り」を行いました。地域の誇りを取り戻し日本人のアイデンティティを確立する目的で始めた今回の祭りは、歴史好きな方々を中心に県内外から約200人が集まりました。東京から参加されたMyuさんは「神話の意味を理解して、楽しさが2倍、3倍になった」と喜んでいました。加世田万世の内田順郎さんは「皇子が生まれた地域と10年前に知り、興味があった。参加できてとても有意義だった」と感慨深げでした。

第1回阿多隼人祭りは、まず日本の発祥之地~舞敷野~に集う八百万の神様たちに感謝し、祭りを奉納することが目的でした。

次回は1年間かけて阿多隼人祭りの目的・意義について古事記・日本書紀より学ぶワークショップや隼人舞の「南さつまバージョン」を創作、市内の小・中・高校生に向けた古事記を紙芝居にして、課外事業で伝える活動を行います。

時間をかけて地域に伝わる歴史・文化を深堀りしながら祭りをねり上げていきたいと思います。

 

最後に、第1回阿多隼人祭りを開催するにあたり、皆様より多大なご支援・ご協力を賜りましたこと、心から感謝申し上げます。

今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほどを、宜しくお願い致します。

次回 イベント

6月25日(日) 古事記講伝

古事記という歴史書の正体
別天津神

お申し込み

運営者情報

一般社団法人 リトリート鹿児島

〒897-0302
鹿児島県南さつま市加世田東本町40-4
TEL 0993-53-9900
FAX 0993-52-2030