リトリート鹿児島

リトリート鹿児島とは

豊かな食、ジオを感じる火山や海洋、温かい気候と人。
鹿児島という土地には、人を元気にするパワーコンテンツが揃っています。

その類い稀な「土地のちから」を体験しながら、
健康に関する第一線級の指導者と連携し、
心身ともに「健康になる」という目的を明確にしたツアーを実施します。 

経済や観光など人の流れが、これまでの北半球から南半球にシフトする中
南国・鹿児島の自然、歴史、文化、そして人など、
地域資源を丸ごと生かしたヘルシーツーリズムこそ、
世界中のニーズが期待できる事業だと考えます。

 「健康」だけでもない、「観光」だけでもない。
「個人を健康にする」×「鹿児島を体験する」
この2つの目的を明確にしたリトリートという手法で、
鹿児島に人を招く(人を動かす)仕組みを作ることが目的です。

 そのために食、観光、医療、福祉、地方自治体、NPOなど、
さまざまな関係団体とネットワークを築き協働していくことをめざします。

いよいよ“古事記講伝シリーズ”が始まりました。

6月18日(日)
iBS外語学院(鹿児島市)

古事記講伝シリーズin南薩の前段として、古事記シリーズの語り部實吉国盛(ちゃんサネ♪)、アシスタントの中島リカさんと南徹さん(iBS外語学院)の古事記対談が行われました。

 市内外から集まった50名の参加者は、国の成り立ち・大和言葉の成り立ちなどに触れ、古事記の魅力を体験しました。 

.

6月25日(日)
薩摩国一ノ宮枚聞神社

長雨が続く中、古事記に興味のある方60名が集まりました。

まず社殿で1300年以上続く枚聞神社の歴史・開聞地方に伝わる竜宮伝説・天智天皇后大宮姫の悲しい物語など谷川宮司よりお話がありました。

 続いて、参集殿では講伝シリーズの語り部、實吉国盛(ちゃんサネ♪)とアシスタントの中島リカさんの絶妙なトークで難しいといわれる古事記がより身近になり、多くの参加者が次回9月9日に行われる南さつま市加世田竹屋神社での講伝シリーズを楽しみにしている様子でした。

次回 イベント

「岩石開き」
   ~心を開く~

10月7日(土) 14:00~16:00

川辺文化会館 会議室[南九州市川辺平山2890番地1]

・神代・川辺ラジオ体操
・南薩地方に伝わる神話紙芝居  

前売り1,000円 当日1,300円 定員30名

共同イベント

一般社団法人リトリート鹿児島と特定非営利法人南薩のまなざしの共同イベントです。

日程:2018年10月14日(土) AM8:00
料金:5,980円 定員:41人
発着所:鹿児島中央駅西口 または 南さつま市役所
申し込み期日:10月10日

ページ下部のボタンよりお申込みください

10/14(土) 南さつま神話の旅

運営者情報

一般社団法人 リトリート鹿児島

〒897-0302
鹿児島県南さつま市加世田東本町40-4
TEL 0993-53-9900
FAX 0993-52-2030