理想の転職を実現

理想の転職を実現するための成功ルール
信頼できる転職エージェント・転職サイト選びをするコツ

効果的に使い分けたい!転職エージェントと転職サイトの違いとは

転職エージェントと転職サイトの違いは、端的に言えば、求人案件に対して転職希望者をエージェント(担当者)が選んで紹介するのが転職エージェント。

一方、転職希望者が公開されているすべての求人情報を見ることができ、自身で応募できるのが転職サイトだ。

それぞれの仕組みについて詳しく解説していこう。

転職エージェントは選んで、紹介するサービス

転職エージェントは、求人案件に合った転職希望者を求人企業へ、または希望や条件に合った求人案件を転職希望者へ、第三者(エージェント)が選んで紹介する、という職業紹介サービスだ。

転職や就職は、求人企業から採用したい求人があり、そこに応募して働きたい希望者がいれば本来それだけで成立する。

しかし求人企業と転職希望者の間にアドバイザーやコンサルタントといった第三者が入ることで、お互いにとって効率よく希望に近い案件、希望に近い人材と出会うことができる。

求人案件や転職希望者が多ければ多いほど、探す、選ぶ、紹介する、いわゆる「マッチング」がその成果を発揮する。

つまり、希望に合った求人案件を探す、採用条件に合った転職希望者を見いだす、といった最も大切で最も手間のかかるマッチングのプロセスを請け負っているのが転職エージェントなのだ。

転職サイトは基本的に情報提供サイト

一方で転職サイトは、Webサイト上に求人広告を掲載し、転職希望者に求人情報を提供するサービスだ。

そこに公開されている求人情報は、会員登録など所定の手続きをすれば原則としてすべて見ることができ、応募も利用者が自由にできる。

大手転職サイトの沿革を見ても分かるように、元々は新聞折り込み広告や求人誌、フリーペーパーに掲載されていた求人広告が時代とともにWebサイトにステージを移したと考えてよい。

単に大量の求人情報を扱えるようになっただけでなく、数千件の情報量があっても、チェック式やフリーワードで簡単に検索することができるため使い勝手は格段に向上している。

また、転職活動全般に役立つ情報の展開など、転職サイトは、求人情報だけでなく転職に関する情報を広く提供するサービスとなっている。


転職エージェントと転職サイトどちらがいいのか

転職や採用の現場で仕事をしていると「転職エージェントと転職サイト、どちらを利用したらよいか」という質問を受けることがある。

結論から言えば一長一短、利用する人、タイミング、職種などによっても異なるため一概にどちらが良いとは言えない。

転職エージェントと転職サイトのどちらを利用するのが適しているかを知るためにはまず、自分の転職について客観的に把握することの方が先決だ。

そこで、転職のタイプやケースにはどのようなものがあるのか、自身の転職を客観的に把握するポイントを解説していこう。

経験を活かす方向が一般的

まず、転職を有利に進めるにあたってスキルやこれまでの経験を活かすことが一般的な前提だ。

なぜなら転職の目的は、キャリアアップ、職場環境を改善する、理想に近い仕事内容、年収アップなど、現状の改善であることがほとんどで、ゼロからリスタートするケースは限られているからだ。

第一、全く新しい業界、業種にチャレンジするケースでは転職エージェントと転職サイト、どちらを利用してもハードルの高さには大きな差がないと言えるだろう。

年齢によって経験が問われる

転職するにあたって自身の立ち位置を知るための第一のポイントは年齢だ。

転職からの採用では、年齢によってその経験が問われることになるからだ。

20代、30代前半、30代後半、40代以上、の4段階で自分がどこに当てはまるかを見ておこう。

転職回数によって転職活動も異なる

年齢ともやや関係するが、転職回数も自分の立ち位置を把握するためのポイントだ。

転職回数が少ない方が書類選考などの評価は高くなりやすいが、初めての転職活動で理想の転職を成功させるのは簡単ではないはずだ。

初めての転職、1回~2回、3回以上、の3段階で自分がどこに当てはまるかチェックしてみて欲しい。

業界、業種、年齢から年収相場を知っておく

多くの人が転職を考える段階になって初めて気にするのが、平均的な年収と自分の年収の違いだろう。

多少不満があっても明らかに年収相場より高ければ踏みとどまり、不満があってさらに年収相場を下回っているようであれば転職を決める、というケースは少なくない。

低い、概ね相場通り、高い、という程度で構わないので一度見返してみて欲しい。

転職で「変えたい」ポイントを明らかにしておく

転職活動を始めるにあたって、転職することで何を変えたいのかをはっきりさせておきたい。

何となく、年収もイマイチ、職場の雰囲気が合わない、仕事が面白くない、などの理由で転職活動を始めてもまた同じことを繰り返してしまうリスクが高いからだ。

希望の業界、職場の雰囲気や人間関係、仕事の内容、立地を含む職場環境など、1つか2つに絞り込んで「変えたい」ポイントを明確にしよう。

転職エージェントを利用すべきタイプとは

活かすことの出来る経験がある

転職エージェントでは、転職先で活かすことが出来る経験がある方が紹介件数も多くなり、格段に有利だ。

採用1件につき求人企業から成功報酬を受ける仕組みになっているため、エージェントが採用の可能性の高い応募者から優先して企業に紹介していくのは当然のことと言えるだろう。

また、転職エージェントによっては社会人経験を含め経験が少ない場合、登録を断られるケースもある。

転職先で活かすことの出来る経験、キャリアがある場合は転職エージェントを利用することで「求められる人材」という立場になった方が転職を有利に進められるはずだ。

30代前半、30代後半、40歳以上

転職エージェントを積極的に利用して欲しい年齢層は、先に挙げた経験の面から言っても30代以上の転職希望者だ。

以前言われていたような「35歳が転職の限界年齢」ということはほとんどなくなったが、20代~30歳前後の年齢層に比べると有効な案件数は少なくなる。

その一方で高年収ややりがいのあるキャリアなどが求人案件に多く含まれてくるのが30代以上の求人だからだ。

より効率よく、自分にとって理想に近い案件へのアプローチをするために、現職でも忙しい年齢層に転職エージェントの利用価値は高いと言えるだろう。

初めての転職、転職回数3回以上

転職エージェントの利用を勧めたい転職回数は、転職経験が全くないか、転職回数が多くなっているケースだ。

転職経験がない転職希望者のメリットは、転職活動について最初から最後までサポートが受けられ、転職が不慣れなために失敗するというリスクを大幅に減らすことができる点だ。

一方で転職回数が多い転職希望者にとっては、転職理由の説明や職歴について、求人企業にどうアピールしたらよいか、という点を転職エージェントにフォローしてもらえるメリットがある。

転職に関して自身に足りない点、アピールが難しい点など、足りない部分をフォローアップしてもらえることが転職エージェント利用の強みだろう。

相場から見た年収が低い

相場から見て現在の年収が明らかに低い場合も転職エージェントの利用が有利だ。

なぜならこの時の転職目的のひとつは確実に「年収アップ」であり、少なくとも相場並みであれば転職の目的は達成といえるからだ。

例えば年収が元々相場並みであれば年収以外の部分で転職エージェントの利用を検討すればよく、高い年収の場合は転職自体を検討すべきだろう。

転職エージェントにしっかり目標とする年収額を伝え、それに合った紹介を受けることで、ぶれずに年収アップを狙いやすいはずだ。

職場の雰囲気、仕事のやりがいなどについて環境を変えたい

求人情報だけでは知ることが難しい職場の雰囲気や仕事のやりがいといった点で環境を変えたい転職は転職エージェントの利用が向いている。

転職エージェントは、転職希望者側の担当者(アドバイザー)と求人企業側の担当者に分かれていることが多く、企業側担当エージェントが求人企業の生の声や職場環境をその目で見て、エージェント間で情報共有しているからだ。

もちろん求人広告でも職場やスタッフの写真、コメントなどを掲載してアピールしているが、それが分かるのは掲載サイズの大きい一部の求人広告のみとなっている。

一方的な広告によるアピールより、第三者の目から見た求人企業の様子の方がより現状に近い、ということは言うまでもないだろう。

転職サイトを利用すべきタイプとは

未経験歓迎に応募したい、活かすことのできる経験がある

未経験歓迎の求人に応募したい、つまり今までの経験と別の業界や職種にチャレンジしたい転職希望者は転職サイトが向いている。

転職エージェントでは一定の経験がないと求人企業への売り込みがしにくく、求人案件の紹介が難しい場合は登録を断られるケースもある。

その一方で転職サイトは求人情報に記載された応募要件さえ満たしていれば応募は自由、未経験歓迎の案件も頻繁に特集が組まれるほど多く扱っている。

活かすことの出来る経験がある場合は、経験が転職を有利に進められる前提条件なので、もちろん転職サイトでも十分通用するだろう。

20代、30代前半

20代から30代前半といった若い年齢層は、経験の面とも関係するが転職サイトの利用にメリットがある。

転職サイトで扱っている求人には「年齢制限を明記している」または「記載はしていないが若い年齢層を求める」というケースが実は多いのだ。

法令で、求人に年齢制限を設けてはいけないことになっているが、「経験不問」であることを条件に上限を設けることができる。

※(記載例)【年齢制限】35歳未満の方(3号のイ 長期勤続によるキャリア形成を図る観点から)

 

<条件を設けるための条件>
①職業経験について不問とすること
②新卒者以外の者は、新卒者と同等の訓練・育成体制、配置・処遇(※)であること

※新卒者と給与が同じでなければならない、という意味ではない

また、明記していなくても「20代の若手が活躍中」「平均年齢31歳の~」といったアピールのある求人は20代から30代前半を求めている求人で、転職サイトならではの求人だ。

初めての転職、転職回数1回~2回

転職回数がゼロ、または少ないケースでは転職サイトの利用も有利に進められることが多い。

転職エージェントと転職サイトどちらの利用でも、一般的には転職回数は少ない方が選考で有利なため、逆に転職回数が多い場合、転職サイトはおすすめしない、と言い換えてもいい。

もちろんその転職の内容や転職の背景、職歴や積み上げたキャリアなどは転職回数だけで判断できるものではないが、それを説明できる面接までたどり着けず、書類選考落ちしてしまうことの方が多いのが実態だからだ。

また、初めての転職の場合は、大手転職サイトが開催する転職フェアやセミナーを利用して転職活動に関する知識を身につけてから臨むのが良いだろう。

年収が概ね相場通り

現在の年収が概ね相場通りの場合は転職サイトの利用が向いている。

転職サイトは自分で求人を選んで応募するため、現状を下回る給与水準の会社を外して選んでいけば良いからだ。

転職エージェント利用の場合は、注意点として「エージェント側の都合で妥協しない」ということがよく取り上げられるが、転職サイトの場合は当然その心配が不要だ。

内定を承諾する前に自分で必ず条件を確認する、というプロセスは転職エージェントでも転職サイトでも同じだが、応募段階で妥協のない絞り込みができるのは転職サイトだろう。

仕事の内容、立地などの職場環境を変えたい

未経験歓迎の求人へのアプローチがしやすい点も含め、仕事の内容を変えたい場合や、勤務地など求人情報を見て分かる職場環境を変えたい場合は転職サイトをお勧めする。

こうした条件から職場を探すのであれば、検索の自由度が高い方がある程度の選択肢が得られ、断然選びやすいからだ。

反面、転職エージェントでは、勤務地などの条件で絞り込むと紹介案件が極端に減るケースも多く、転職希望者にとっては不自由さ、窮屈さが少なからずあるのだ。

転職サイトで確実に絞り込みができる条件、絞り込んでも選択肢が極端に少なくならない条件であれば自身の希望に沿った求人への応募がしやすいのは転職サイトだろう。

転職にかける時間が少ない場合は転職エージェント

現在の仕事が忙しい人、短期間で転職したい人など、転職にかける時間が少ない場合は転職エージェントがおすすめだ。

転職エージェントは紹介された案件だけが応募につながるため、自分で探す手間が省け、案件が絞り込まれた状態からスタートできる。

ただし、先に説明したように紹介案件が少なくなってしまうケースなどでは「エージェントからの紹介待ち」の時間が出来てしまうこともある。

自分のアピールポイントがはっきりしており、転職エージェントが紹介しやすい職歴や経験であれば限られた時間の中でも希望の転職を達成しやすいだろう。

今すぐでなくていい人、じっくり転職に取り組みたい人は転職サイト

転職を考え始めたがすぐにはまだ転職しない、など少し先に転職したい場合、慎重に、じっくり取り組みたいという人は転職サイトを利用しよう。

転職エージェントに登録してアドバイザーとの面談を終えると大抵の場合はすぐに紹介案件の連絡が来て、すぐにでも応募するかどうかを決めていくことになる。

特に初めての転職でじっくり取り組みたい場合などは、具体的に転職したい時期のめどをつけて、それに向けて転職フェアやセミナーに参加したり、色々な求人案件を見たりして、転職の具体的なイメージを掴んでいくのが良い。

効率の良さは確かに大切だが、優先順位としては早く転職することより、理想とする転職をミスなく達成することが重要だろう。

転職エージェント選びの鉄則

転職エージェント選びの基本3原則

転職エージェントに共通して最低限満たされていて欲しい条件を挙げる。

この記事では、原則としてこの3原則をクリアしていることを前提に、比較、紹介する。

転職エージェント選びの基本3原則

【原則①】担当者は最初の面談以外でも常に相談に応じてくれる【原則②】法令で定められた以上の求人情報を事前に開示してくれる【原則③】翌日または約束した日までに連絡や返答が必ずある

これが満たされない転職エージェントは余程の優良案件でも扱っていない限り使うべきではないと断言しよう。

【原則①】担当者は最初の面談以外でも常に相談に応じてくれる

大抵の転職エージェントで、少なくとも初回の面談は経験やスキルに著しく問題がない限り、親切で丁寧な対応をしてくれる。

だが、それ以降の都度の質問や相談にも快く応じてくれる転職エージェントでない場合は注意が必要だ。

通常、最初に転職エージェントとの面談で応募者の経験やスキル、希望をヒアリングし、エージェントがアドバイスしてから転職活動を進めていく。

だが、転職活動を進めていくうちに最初の段階では予想できなかった妥協点や求人企業ごとの気になる点、条件が出てくるので、そういった時にも相談でき、頼りになるエージェントを選ぶべきだ。

【原則②】法令で定められた以上の求人情報を事前に開示してくれる

求人情報として開示すべき内容は、職業安定法で厳しく決められており、また、その内容と採用時の条件が異なる場合には応募者に事前に書面で告知しなくてはならない。

以下に法令で定められた開示内容を一覧にするが、求人情報でこれらの項目が伏せてあるような転職エージェントは利用すべきではない。

例えば高収入など良い条件だけ見せて、一般的に応募者に避けられそうな条件を意図して伏せていたとしたら悪質だ。

逆に、法令で定められてはいないが、職場の雰囲気や求人企業のセールスポイント、苦労する点なども紹介してくれるエージェントは良心的といえるだろう。


【原則③】翌日または約束した日までに連絡や返答が必ずある

連絡や返答が滞らないことも転職エージェントの大切な条件だが、おすすめする転職エージェントであっても担当者によっては返事が遅いことなどがあるようだ。

たまたま一度、エージェントのケアレスミスであっても致命的になり兼ねないことだが、全体的にレスポンスが悪い転職エージェントだとしたら利用することをおすすめしない。

時には転職のプロとしてアドバイスがあり、時には秘書のようにフットワークを発揮してくれるような転職エージェントでなければ、求人企業との間で起こるタイムラグがあるだけだ。

焦る必要はないが、求人企業が応募している期間、応募から選考、内定の回答まで、転職活動にもスピード感やタイミングはある程度必要だ。

すぐ回答できないことであっても、相談を預かったこと、いつまでに回答するかをすぐに返信してくれる転職エージェントは概ね問題ないと思っていいだろう。

転職エージェントの掛け持ち利用は必須!複数利用するべき理由とは?

転職エージェントを複数利用するべきもっとも大きい理由は、良い求人にめぐり合う可能性が高くなることだ。

本気で求人をしたい企業は、採用できるように出来るだけ多くの入口を作っておくもの。

それは何種類もの求人広告に掲載したり、複数社の人材紹介会社に依頼をしたりするという行動に表れている。

したがって大手の求人や必要とされるスキルの汎用性が高い職種であれば、どの求人サイトを見ても掲載されていたり、どの人材紹介会社のエージェントも紹介できたりする案件である可能性が高くなる。

ここまで聞くと「じゃあたくさんの転職エージェントを利用しても変わらないってことか」と思う方もいるかもしれないが、求人の中には「非公開求人」というものがある。

非公開求人とは、競合に募集をしていることがバレたくない、応募してくる求職者の人数を絞りたい等の理由で、特定の人材紹介会社でしか扱っていない求人のこと

したがって、企業との繋がりが強く非公開求人やその求人企業から依頼を一本化してもらっているような人材紹介会社、そこに所属している転職エージェントであれば、他では紹介されない案件を求職者に提案することが可能なのである。

また、専門性が高い職種で、普通に募集してもほぼ集まる見込みがない、特化型の人材紹介会社でないと難しいという求人も存在する。

もし求職者が特殊なスキルや専門性の高いジャンルの勤務経験があれば、特化型の人材紹介会社の転職エージェントからお仕事を紹介してもらえる可能性があるのだ。

転職エージェントを複数利用することで、各社の特色に沿った独自の求人を紹介してもらえるというわけである。

さらに複数の転職エージェントに競わせることで、より手厚くフォローしてもらえる可能性が上がる。

転職エージェントとしては求職者の転職を決めれば売り上げになるが、他社に取られればそれまでの労力は0円になってしまう。

自社の紹介で決めたいため、より連絡が密になったりいい案件を紹介してもらえたりするだろう。

転職エージェントが所属する企業によって、求職者への対応の方針は異なる。

質より量のような感じでの紹介だったり、ドライだったり、やりすぎなくらい密だったり、紹介数は少ないが内容が独自性があったり…と利用するエージェントによって合う・合わないがあるはずだ。

一社だけを見て「転職エージェントの利用が合う・合わない」を決めるのではなく、サービスを比較することも転職活動を成功させる秘訣である。

まとめ

転職エージェントを複数利用するべき理由=良い求人にめぐり合う可能性が高くなるから。

転職エージェントを複数利用する5つのメリット

自分に合ったエージェントを利用できる転職先に合わせて使い分けられる非公開求人に数多く出会える併用した分だけ求人が増え、選択肢が増えるさまざまなアドバイスが聞ける

転職エージェントを複数利用する3つのデメリット

登録や面談に時間が取られるエージェントとのやり取りが多くなる日程調整が複雑になる

転職エージェントを複数利用する際の組み合わせ

総合型と特化型の組み合わせだけでなく、総合型を複数利用するのもオススメ

転職エージェントの複数利用の注意点3つ

同じ求人に複数のエージェントから応募するのはNG連絡もれに注意する複数のエージェントに登録していることを隠さない