ハンディっ子家族のお部屋
◎りっぷる◎
公式ホームページ

「もっと気軽にママが悩みを
   共有できる場所があったらいいよね」

そんな地域のママさんたちの声で立ち上がったりっぷるは
心や身体にハンディのある子(こんぺいとうさん)を育てる
家族のほっとできる居場所です。

前向きに子どもたちと向き合うママを応援しています!!!


◎りっぷるの宣言◎

いろいろな個性から紡ぎだされた 笑顔 や 想い が
波紋( = Ripple = りっぷる )
のように広がる世の中をめざします。


こんなお悩みありませんか?

  • 安心して気持ちを話せる場所がない。
  • 同じような子育てをしているお母さんたちがまわりにいない。
  • 子育てが上手にできない。
  • 自分のことが好きになれない。
  • 中学生・高校生…大きくなったらどうなっていくの?と不安になる。
  • ひとり胸の中に悩みをしまっている。

  • 同じような子育てをしているお母さんたちがまわりにいない。

りっぷるに参加したママの感想

安心して自分の気持ちを
話すことができました
 
初めての参加でも、とてもあたたかな雰囲気の中で自分の気持ちや想いを話すことができました。
話をした内容も、りっぷるの中だけの話(他に話されない)ので子どものことや私自身の悩みも相談することができました。
30代 グレーっ子ママ
とても前向きになれる
 
子どもの個性を伸ばすことにフォーカスしたお話をたくさん聞くことができるので、りっぷるに参加する前よりも前向きな気持ちになって帰ることができました。
その子とお母さんにとっての良い方法を、参加したみんなで考えたりでき、たくさんの気づきももらえました。
40代 発達凸凹っ子ママ
経験に裏打ちされた話がきける
 
中学生や高校生、大学生のお子さんをもった先輩ママさんがたくさんいるので、自分の子どものこれから出てきそうな悩みや、進路、就職など、広い視野のお話や解決方法を知ることができました。
30代 発達凸凹っ子ママ
同じような悩みをもつママと
つながりが生まれた
 
悩んでいたことを話してみたら、参加していた他のママさんも同じような悩みを持っていることがわかり、自分だけじゃないんだ!と気持ちが軽くなりました。
今までひとりで悩んでいたので、共感してもらえる場所ができて嬉しいです。
40代 グレーっ子ママ
とても前向きになれる
 
子どもの個性を伸ばすことにフォーカスしたお話をたくさん聞くことができるので、りっぷるに参加する前よりも前向きな気持ちになって帰ることができました。
その子とお母さんにとっての良い方法を、参加したみんなで考えたりでき、たくさんの気づきももらえました。
40代 発達凸凹っ子ママ

りっぷるの想い

人と人がつながって、世界が広がる。
人と人がつながって、笑顔が広がる。

りっぷるのあたたかい波紋は
じんわりじんわり
あなたの心の中へ広がって
あなたからあなたのまわりへ溢れ出て
広がっていきます。

こうぺいとうさん
(心や身体にハンディがある子・発達凸凹さん)や
こんぺいとうさんのご家族
そしてなにより
こんぺいとうさんと一緒にいる時間が一番長い
こんぺいとうさんのお母さん。
笑顔でいられる時間が
一日の中で少しずつ、増えていってほしい。

ご自分のことを否定しないで過ごせる時間が
少しずつでも、増えていってほしい。
勇気を出して一歩踏み出したら
あなたの心の中に
新しい種をきっとひとつ植えられると思います。
その種から芽が出て
にょきにょき♫って伸びていくのを
りっぷるに参加しているみなさんが
温かく見守ってくれて
応援してくれて
寄り添っていける。
りっぷるは、そんなグループです。

私にも、障害をもった子どもがいます。
子育てや障害から生じるいろんな症状に
打ちのめされたり、這い上がる術を持ち得なかったり
泣きながら「もうやだー!」って
夜中にひとり叫んでいたこともあります。

でも、今はそれも笑って話せちゃう!

なんで?!って思う方は
ぜひ
私に!
りっぷるのママたちに!!!
会いに来てくださいね。

多様性を認め合える関係を
少しづつでいい
◎りっぷる◎(ripple:波紋)がゆっくり広がっていくように
地域の中で一緒に作っていきましょう。

りっぷるは
あなたの一歩を応援しています!!!


サロン ロカヒ と りっぷる

りっぷるは

サロンロカヒの日野支部となりました。


2017年9月28日より
東京都日野市の地域に根付きながら

サロンロカヒの日野市支部

として
活動をしていくことになった

サロンロカヒ日野◎りっぷる◎

 

母体となるサロン ロカヒ(Salon Lokahi) は
東京都国分寺市の
JR中央線国分寺駅近くで開催されています。

 

Lokahi(ロカヒ)とは
ハワイ語で
「調和」「融合」「人生の輪」
などを意味しています。

「調和」「融合」「人生の輪」

これが波紋(りっぷる)として
各地域に広がっていきます。

ね?

想像するだけで素敵でしょう?!

「あ!うちの近くで開催してる♫」

「あ!楽しそう!」

「あ!ちょっと遠いけど、参加したいなー!」

目から情報がびゅーん!って入ってきて

なんかよくわからないけど、、、

気になる!

そんな方はぜひ遊びに来てくださいね^^

各支部の代表が
それぞれの空気で
みなさまと時間を共に過ごすことを
ものすごーく!楽しみにしています^^

あなたの地区のお近くでの開催は。。。

ロカヒのHP(ホームページ)の
New ロカヒ支部の紹介】ページをチェックしてみて下さいね!




りっぷるお話会風景

参加してくださったママさん
お一人お一人の心配事をみんなでシェア。

なんでここを心配しちゃうんだろう?

ママ側の気持ちの元を見つめてみたり
これから社会に出ることを考えたらどういう道があるのか
凸凹さんの特性に合った進路先、就職先のこと。
ハンディのある子が将来どうやって生きていきたいと思っているのかなど

お子さんの年齢が上がってきているからこそ
親がどこまで踏み込んでいくか
その辺のバランスの話まで
みんなでお茶とお菓子をいただきながらのお話しタイム。


10月以降の活動はこちら


● 10月17日(木) こんぺいとうさんのお話会 終了しました


● 11月21日(木) こんぺいとうさんのお話会

✨NEW✨
● 12月19日(木) こんぺいとうさんのお話会



りっぷるお話会について

開催場所

☆多摩平交流センター 集会室
 〒191-0062 東京都日野市多摩平2-9
 JR中央線 豊田駅北口 徒歩5分

☆ラハトリフレクソロジールーム
 東京都日野市東豊田
 ※詳しくはお申し込み時にお伝えします。


上記どちらかの場所での開催となります。

アクセス

☆多摩平交流センター 集会室
 〒191-0062 東京都日野市多摩平2-9
 JR中央線 豊田駅北口 徒歩5分


☆ラハトリフレクソロジールーム
 豊田駅徒歩18分 駐車場2台あり

 [バスでお越しのお客さま]

  ■中央線 豊田駅よりお越しのお客さま
   豊田駅北口 
   ⑥番乗り場(マツモトキヨシ前)
    高幡不動駅行きのミニバスをご利用ください。

   「神明野鳥の森」下車 徒歩5分

 

  ■京王電鉄 京王線 高幡不動駅よりお越しのお客さま
   高幡不動駅 
   ④番乗り場
    豊田駅行きのミニバスをご利用ください。

   「吹上」下車 徒歩5分


 *各バス停の最新時刻表は
  ラハトリフレクソロジールームHP
  【アクセス】ページ よりご確認いただけます。

料金

500円

*りっぷる活動費としてもらい受けます。

開催概要 毎月1回開催しています。
次回は11月21日(木)10時~12時です。
*開催時間内は出入り自由となります。
開催概要 毎月1回開催しています。
次回は11月21日(木)10時~12時です。
*開催時間内は出入り自由となります。


日本理化学工業(株)
チョーク工場見学

ハンディのあるわが子が社会で働くためには、どういう仕事があるの?

そんなこんぺいとうさんっ子ママたちのヒントを探しに、アンビリバボーで特集も組まれた、日本理化学工業(株)のチョーク工場へ見学に行ってきました。

こちらの会社さんは、全従業員85人中63人の知的障がいの方が働いています。

ハンディを個性としてとらえ、固定観念にとらわれず、その方その方ができることの中から、特性に合わせた方法を見つけ、仕事をし、賃金をもらう喜びを知り、社会に自分という存在が必要だと生きている喜びを感じられる。

社会の中で、どう生きていくのか。

これから子どもたちが成長していく上での育児のヒントもたっくさん見つけられた第1回りっぷるの遠足でした。

 

NPO法人ゆめBOX
トークショーへ出演

ゆめBOXさんは、知的ハンディキャップをもつ子どもたちと、その家族に対して周囲の理解と暖かい環境を作ることを目的とし、知的ハンディキャップをもつ子供ともたない子供達の仲間づくりを通して、子供たちが共に「ゆめと希望」を持つことの出来る場を提供しているNPO法人です。

2018年11月に開催されたイベント「みんなちがってみんないい」。

このイベントは、ハンディキャップをもつ・もたない関係なく、すべての家族や人々が集まり、共に学び、共に考え、理解を深められるようにと企画されたイベントです。

りっぷる代表の石田三貴は「いろいろママのトークセッション」にゲスト出演し、ゲームに夢中になる子どもへの対処法などを、副代表の鈴木知美はアンガーマネジメント講師として「いかり上手は生きかた上手」を参加したみなさまへお伝えしました。




ロカヒマルシェなど
地域に根付くイベントへ
出展

りっぷるを地域の方々へ知っていただくために、地域に根付いたイベントへ出展させていただいております。

2018年は、りっぷるの地元である東京都日野市で開催された「ひのママフェス」に出展。

2019年は、りっぷるの母体であるサロンロカヒの地元、東京都国分寺市で開催された「ロカヒマルシェ」に出展いたしました。

【多様性を認め合う】という観点から、りっぷる代表石田三貴の愛娘、重度重複障がい児であるみくるんも看板娘として参加し、いちばんの得意技「とびきりの笑顔」でお客様をお出迎え。

ロカヒマルシェでは、子どもたちも、自分で作ったものやお家にあるものなど、皆それぞれに商品を販売しました。

「物を売るためにどうしたらいいのか」

小さな子は、お兄さん、お姉さんたちの工夫を見てまねてみたり、小さな子がお金の管理ができなかったら、大きい子たちが教えてあげていたりと、それぞれが、できることを一生懸命考えて行動する。という人生で大切なことを学んでいる姿も見られる、とても素敵な時間となりました。

ロカヒマルシェなど
地域に根付くイベントへ
出展

りっぷるを地域の方々へ知っていただくために、地域に根付いたイベントへ出展させていただいております。

2018年は、りっぷるの地元である東京都日野市で開催された「ひのママフェス」に出展。

2019年は、りっぷるの母体であるサロンロカヒの地元、東京都国分寺市で開催された「ロカヒマルシェ」に出展いたしました。

【多様性を認め合う】という観点から、りっぷる代表石田三貴の愛娘、重度重複障がい児であるみくるんも看板娘として参加し、いちばんの得意技「とびきりの笑顔」でお客様をお出迎え。

ロカヒマルシェでは、子どもたちも、自分で作ったものやお家にあるものなど、皆それぞれに商品を販売しました。

「物を売るためにどうしたらいいのか」

小さな子は、お兄さん、お姉さんたちの工夫を見てまねてみたり、小さな子がお金の管理ができなかったら、大きい子たちが教えてあげていたりと、それぞれが、できることを一生懸命考えて行動する。という人生で大切なことを学んでいる姿も見られる、とても素敵な時間となりました。



主催者
プロフィール

石田三貴
ロカヒ日野りっぷる 
 
代表 石田三貴(いしだ みき)
 
ニックネーム みきちゃん・みきてぃ
鈴木知美
ロカヒ日野りっぷる

副代表 鈴木知美(すずき ともみ)

ニックネーム あいみちゃん

平日 9:30 - 16:00
土日祝日休み

公式LINEでの簡単質問はこちら

LINEでカンタンにご質問いただけます。

石田三貴公式LINE

スマートフォンの方は
こちらのQRコードを
読み取ってくださいね

お気軽に連絡してくださいね。


ひとりで悩んでいるあなたへ。

あなたは、ひとりじゃないよ。

口角がいつもより1mm上がる

そんな居場所がりっぷるです。

あなたの一歩を応援しています!