お任せください

早めのお手入れで、
あなたの大切な家族や財産を
守りましょう!

    外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」
このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
[お電話でのお問い合わせ]☎︎0120-923-671
【受付時間】09:00〜18:00

お客様の声

ご利用ありがとうございました

お客様からたくさんの喜びの声をいただきました!

親切、丁寧に対応していただきました
三重県三重郡菰野町/Y様邸
屋根の鉄部分のサビや外壁の色褪せが気になっていました。築年数も20年くらい未塗装でしたのでこの機会にお任せしました。初めての工事で不安がありましたが担当者が親切・丁寧に説明していただけましたので安心してお任せする事ができました。
仕上がりにとても満足しています
三重県三重郡菰野町/G様邸
外壁塗装と屋根カバー工事をお願いしました。地元の業者にも幾つか見積もりを取りましたが内容と金額に納得したのはりぺいんとさんだけでした。任せてよかったです。
仕上がりにとても満足しています
三重県三重郡菰野町/G様邸
外壁塗装と屋根カバー工事をお願いしました。地元の業者にも幾つか見積もりを取りましたが内容と金額に納得したのはりぺいんとさんだけでした。任せてよかったです。

⭐︎施工事例⭐︎

ツートーンカラーがおしゃれな外壁塗装
三重県三重郡菰野町/I様邸
ダークカラーがおしゃれな外壁塗装
三重県いなべ市/H様邸
ダークカラーがおしゃれな外壁塗装
三重県いなべ市/H様邸
工事内容
内容 外壁塗装、屋根塗装
使用塗料 外壁 SK化研:プレミアムシリコン
屋根 SK化研:プレミアムルーフSi
使用塗料 外壁 SK化研:プレミアムシリコン
屋根 SK化研:プレミアムルーフSi

⭐︎外壁塗装のお役立ちコンテンツ⭐︎

⭐︎当店について⭐︎
●外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」とは。
地元名古屋市守山区を中心に愛知県、三重県、岐阜県の外壁塗装・屋根塗装の施工を行う、地元を愛する塗装屋、外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」では、建物の状態を塗装の傷み歩合を中心に診断し、お客様のご予算・ご要望をお伺いした上で、最適な塗料を選びお見積りを無料でしております。他社でのお見積りとの相見積も歓迎です。迷われたら、まず当店までご連絡ください。
 
ハウスメーカーや大手リフォーム会社、塗装屋と比べれば、多くの営業マン・広い事務所・スタッフ等間接経費が少ない分、施工料金が高いということはないと思います。地域密着で良心的な施工をしていますが【愛知、三重、岐阜で一番安い!】というような地域最安値や安価で引き付けるような施工料金ではありません。信頼のおける塗料メーカーの塗料で、熟練の職人が下地補修からしっかりと施工し、塗料の良さを引き出す塗装をする外壁・屋根塗装専門店『りぺいんと』の価値はそこにあると自負しております。

名古屋支店
愛知県名古屋市守山区鳥羽見3−16−2
四日市支店
三重県四日市市住吉町9−3
岐阜支店
岐阜県岐阜市野一色2−5−15
1.外壁塗装のタイミングと耐久年数
訪問販売の塗装業者に住宅の外壁の劣化等を指摘され、不安にさせられたり、なってしまう人たちがいます。そのような風にまだ、塗り替え時期ではないのにもかかわらず、外壁塗装を本気で考えてしまう方がいます。たしかに早いことにこしたことはありませんが限度があります。 以前こんな事がありました。見積り依頼があったので、お伺いさせて頂くと特に何でもない。言われてみれば確かに、ヒビのようなものがかすかにあります。でも、とてもじゃないけれど、塗り替えするほどではありません。外壁はまだまだ太陽の光に反射し、ピカピカにつやがあるし、ヒビも雨が侵入するほど大げさなものではありませんでした。しかも、まだ築6年の築浅の家。築年数や壁の状態からも考えて、あきらかに自分でも塗装しなければならないと感じている場合は別ですが、今の時代、すべて業者のはなしを鵜呑みにしてしまうのは少し注意が必要かもしれません。本当に塗装をする必要があるのかどうかわからないという人は、そのことをそのまま業者に伝えて、調査に来てもらうといいでしょう。その際は最低2社は見積りを取り検討する事をオススメ致します。その中に地域密着、名古屋市守山区に所在地を構える、外壁・屋根塗装専門店『りぺいんと』を入れてください。 ただし、契約先行の話に進んでしまっては同じことになってしまうので、業者えらびを参考にしてから、業者に連絡するようにしてみましょう。 本当に良心的な業者は、しなくてもいい家に対してはしっかりとその旨をアドバイスしてくれます。
2.塗装の時期は?タイミングは?
では、塗装時期とはいったいどの程度になったら、塗り替えなければならないのでしょうか。築年数でいえば、平均的に新築から10年前後(前回塗装から10年)です。稀に6年くらいでコーキングが割れた、剥がれてきた、外壁にヒビが入ってきた。というようなお話を聞く事があります。その場合、建元さんに一度問い合わせてみると良いでしょう。保証期間などで対応してもらえることもあります。自然的な傷みで言えば、外壁にカビが少し生えてきて塗装を考える人もいれば、1面にびっしり生えても 塗装をしない人もいます。びっしりと生えているのは美観的に少し問題ありですが、少しぐらいでは差し迫っての塗装の必要はありません。 汚れの場合でも築年数的に塗装時期ではあるけれども、汚れが目立たなければ塗装を考えない人もいますし、汚れていなくても塗装時期だということで、塗り替える人もいます。 塗装時期というのは、はっきり決まったというものはなく、その人の考え方によって大きく左右されることのほうが大きいともいえます。 塗装時期というもので考えれば、その人が汚れに対して気になってきたら、塗り替え時期であって、カビが気になりだしたら、その家の塗装時期とも言えると思います。また新築時に使用されている塗料の耐久から10年を超えてくると秩序に劣化が目視で分かるようになります。よって気になり始めた時が塗り替えのタイミングです。  どれくらいもつの?よく「塗装したらどのぐらい持つの?」と質問される方がいますが、その”持つ”というのも、あいまいです。確かに、その塗料は何年の耐用年数が期待できますという、10年とか15年とかのある程度の数字で表すことはできます。ある塗料メーカーでは、塗料自体の耐用年数をうたっているところもあります。業者にしても、シリコン塗装8-10年、フッ素15年などのような具体的な数字であらわしているところもあって、消費者にすればとてもわかりやすくていいと思います。塗装というものは、外壁や下地の状況や作業の仕方によって、耐用年数は断然にかわってきます。 あくまでも具体的な耐用年数だけを信用するのではなく、やはり工事の中身をみなければなりません。 その為当店ではご提案時に塗料の特徴から具体的な施工方法までしっかりとご提案させて頂いております。ご理解、ご納得いただいた上でご契約させて頂いておりますのでご安心くださいませ。
1.外壁塗装のタイミングと耐久年数
訪問販売の塗装業者に住宅の外壁の劣化等を指摘され、不安にさせられたり、なってしまう人たちがいます。そのような風にまだ、塗り替え時期ではないのにもかかわらず、外壁塗装を本気で考えてしまう方がいます。たしかに早いことにこしたことはありませんが限度があります。 以前こんな事がありました。見積り依頼があったので、お伺いさせて頂くと特に何でもない。言われてみれば確かに、ヒビのようなものがかすかにあります。でも、とてもじゃないけれど、塗り替えするほどではありません。外壁はまだまだ太陽の光に反射し、ピカピカにつやがあるし、ヒビも雨が侵入するほど大げさなものではありませんでした。しかも、まだ築6年の築浅の家。築年数や壁の状態からも考えて、あきらかに自分でも塗装しなければならないと感じている場合は別ですが、今の時代、すべて業者のはなしを鵜呑みにしてしまうのは少し注意が必要かもしれません。本当に塗装をする必要があるのかどうかわからないという人は、そのことをそのまま業者に伝えて、調査に来てもらうといいでしょう。その際は最低2社は見積りを取り検討する事をオススメ致します。その中に地域密着、名古屋市守山区に所在地を構える、外壁・屋根塗装専門店『りぺいんと』を入れてください。 ただし、契約先行の話に進んでしまっては同じことになってしまうので、業者えらびを参考にしてから、業者に連絡するようにしてみましょう。 本当に良心的な業者は、しなくてもいい家に対してはしっかりとその旨をアドバイスしてくれます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お気軽にご相談ください!
点検・調査・お見積りなど
無料で承ります