リノベーションコーディネーターはお客様と専門家の「通訳係」として
また現場を円滑に回すための「管理者」として
お客様の「夢」を聞き取り「未来」を変える
専門家チームをコーディネートいたします


空間を変えて人生を豊かにする
コーディネーター

空間をリノベーションする目的は人それぞれです。
そして、目的を達成するための方法は、100人いれば100通りあります。

あなたの夢を叶え、豊かな未来を迎えるためのリノベーションは?

まずは、リノベーションコーディネーターと話すことからはじめませんか。


リノベーションコーディネーターに相談してみよう

マンションを購入したいと思っている

リノベーションのスタートは、物件さがしをする前から始まっています。あなたやあなたの大切な人との豊かな人生をどのような空間で過ごしたいか?購入前にご相談ください。

「新築を購入するのか?」
「中古を購入してリノベーションするのか?」

あなたの夢を叶える空間はどんな空間でしょうか?

 

工務店さんに希望が伝わっているか不安

リノベーションコーディネーターは、お客様と専門家の通訳となってお客様のリノベーションをサポートいたします。

たくさんのお客様との関わりのなかで多く声をいただくのが、

「こんなことを聞いていいのかな?失礼じゃないかな?」
「わからない言葉があるけど、聞けなかった」

など、現場の専門用語を知っている前提の打合せではお客様が戸惑うのは当然のことです。

どんな些細なことでもけっこうです。
なんでもご相談ください。

どこに相談しに行けばいいのかわからない

リノベーションをしようと思っているけど、物件購入、設計、施工、どこに相談しに行けばいいのかわからない。

インターネットに情報はたくさんあるけど、自分にあったパートナーはどこなのか?

たくさんの会社に話を聞いたり、モデルハウスをたくさん見るのに疲れてしまった。

お客様の「夢」を叶え、「人生の目的」を達成するために、まずは、リノベーションをする「目的」をリノベーションコーディネーターとお話ししましょう。

どこに相談しに行けばいいのかわからない

リノベーションをしようと思っているけど、物件購入、設計、施工、どこに相談しに行けばいいのかわからない。

インターネットに情報はたくさんあるけど、自分にあったパートナーはどこなのか?

たくさんの会社に話を聞いたり、モデルハウスをたくさん見るのに疲れてしまった。

お客様の「夢」を叶え、「人生の目的」を達成するために、まずは、リノベーションをする「目的」をリノベーションコーディネーターとお話ししましょう。

これからの時代の「空間づくり」で必要な役割

~リノベーションで人生が豊かになる人を増やしたい~

建築士として約20年間、500件以上の空間づくりに携わってきたなかで気づいたのは、「空間づくりがいかにその人の人生を豊かにできるか?」ということ。そのため、スタートの段階で大切なのは「どういう空間をつくるか?」ではなく「どういう人生にしたいか?」を家族でしっかり考え、「人生の棚卸し」を家族みんなですることです。

ですから、お客様にお伝えしたいのは「いきなり物件を探し始めないでください」ということ。
そして、設計士にお伝えしたいのは「いきなり何部屋必要ですか?と聞かないでください」ということ。

 
でも、この「人生の棚卸し」って以外と難しいんですよね。家族だけで話をしてもなかなか本当に言いたいことを伝えられなかったり、「うちは普段からよく話をしているから」というお客様でも、お話をおうかがいしているうちに、「普段話さないことを聞けてよかった」と感謝されることが多々あります。空間づくりには、設計・現場管理・商品企画など多方面から携わってきたからこそわかる大切なポイントがあるんです。

しかし、私自身、建築士としてお客様と打合せをする時は決めなくてはいけないことがたくさんで、その大切なことまで手がまわらないことがたくさんありました。そこで、会社員時代はアシスタントを1人連れていくことでそれを解消していました。

「リノベーションコーディネーター」が、お客様の空間リノベーションのプロジェクトリーダーとなり、お客様と専門家の通訳になることで、人生を豊かにリノベーションできる人を増やしていきたいと思い、この協会を立ち上げました。 

ぜひ、私たちと一緒に「リノベーションで人生を豊かにする」方をたくさん増やしていきましょう。

                
代表理事 瀧澤佐江子

お客様の声

【お客様の声】通訳してもらったことで理想の空間が完成しました

古民家リノベーション 高野暢子さん
(里山テーマパーク「たわわの里」女将)

里山再整備の拠点とするための古民家リノベーションを計画しはじめたのは6年前のことです。CMをしているような大手ハウスメーカーに見積依頼をすると、解体料だけで予算の3分の1を使ってしまうことを知り、途方に暮れていたところへ、リノベーションコーディネーター協会さんとご縁があり、アシストしていただくことになりました。

私の夢や思いをしっかりと聴いて下さり、現地の設計士さんをしらみつぶしに探すところからやって下さいました。

リノベーションなんて初めてのことだし、えらい設計士さんに希望を伝えるなんてとてもハードルが高いのですが、中にコーディネーターさんが入ると、まるで通訳して下さっている感覚で思いを伝えることが出来ました。

「どうせなら可能な限り開放的な空間にしたい!」
という理想はあったのですが、構造云々と言われるとチンプンカンプン。

とても無理だろうと思っていたことまで叶えていただき大満足です。
本当に理想の空間が完成して「ああ、よかった〜」と
心の底から感じる毎日です。ありがとうございました。

【お客様の声】予算オーバーだった漆喰もDIYで地域とのつながりに

店舗リノベーション 池田奏水さん
予防医学推奨、看護師が作るミネラルキッチン『まるちゃん』店主

私がリノベーションをしようと思ったキッカケは人生の分岐点で、新たにチャレンジする新事業の店舗を作る事になり、初めての事で、不安もいっぱいの中 作り手の思いに寄り添ってアドバイスしてくれるからです。

実際依頼してみて、分からない事だらけだった私に沢山のアドバイスをして頂けた事。建てるうえで、大切な事を教えて頂けた事。私のやりたい漆喰にも子供達と一緒に作業出来た事は良い思い出になり、子供達の中でも楽しい経験と、お店の一部に自分で手を加えられた事を嬉しく思ってます。
お店オープン前に地域の方とつながることもできました。


又、リノベーションをする事で、仕事する姿勢や相手側に立って意思表示や必要な意思表示をしっかりする事、建築するうえでの大切なポイントも知る事が出来、大切さも学べました。


1年経過してみて感じた事は、特に最初は予定してなかった寒さ対策!
地域がら冬はかなり寒いのですが、1日作業するのに、寒くないようにと床下建築素材とペアガラスにした事で寒さ対策出来た事はとてもありがたかったです。極々小さな店舗ですが、素敵なお店になりました。1人で考えた店舗だったらどんな事になっていたかと今でもぞっとします。

リノベーションコーディネーター募集中!


お問い合わせ

リノベーション相談・リノベーションコーディネーター養成講座へのお問合せはこちらからどうぞ
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

リノベーションコーディネーター協会 公式Facebook

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

リノベーションで未来を変える情報発信をしています
リノベーションコーディネーター協会では、リノベーションに必要な情報だけでなく、リノベーションをする際の「考え方」など、様々な情報を発信しています。