なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

特別なニーズのある子どもたちに読書の喜びを

左上の写真は「りんごの棚」というコーナーです。
アクセシブルな本に対する認識を高めるためにスウェーデンでうまれた取り組みです。
この棚には、布の絵本、点字図書、拡大図書、録音図書(音声デイジー)、マルチメディアデイジーなどが置かれています。

ディスレクシアや視覚障害のある人、知的障害のある人など紙に印刷された文字を読むことが難しい人も利用することができます。

この棚が図書館の一番目立つ場所に設置されることで、読書はすべての人の喜びであるということが感じられます。

「りんごの棚」シンボルマーク

世界図書館情報会議(WLIC)2010年イェーテボリィ
スウェーデン国立録音点字図書館(TPB)
ジェニー・ニルソン(Jenny Nilsson)

りんごプロジェクトについて

文字が読めない、本の内容が理解できない障害者に読書は必要なの?と思う人がいるかもしれません。
あるいは、障害がある子どもが自立するためにはいろいろな訓練が必要で、本を読んでいる時間がとれず、素敵な本の出会いが失われてしまっているかもしれません。

障害のある子どもも、さまざまなツールを使って読書に触れるなかで、想像力や言語力を培ったり知的好奇心が芽生えたりします。また将来、自分で情報を収集し活用する力が育ったり、余暇の充実につながったりすれば、より豊かな生活を送ることが出来るようになるでしょう。

私たちはアクセシブルな本がすでに世の中にあるのに、多くの人が知らない、多くの障害当事者も使ったことがないという事実に着目しました。
そこで実際にDAISYなど、さまざまな機器を一度に体験できる場を作るプロジェクトを立ち上げました。
名付けて、りんごプロジェクト!
ちなみにDAISYはDigital Accesible Informaition Systemの略です。

そして、障害の有無に関係なく、すべての人に、この体験会に参加してほしいと思っています。
なぜなら、みなさんが体験会に参加し、よりよい図書館のあり方を考えることこそがインクルーシブな社会を実現する一歩となるからです。

小中学校、高校・大学、特別支援学校のほか、放課後等デイサービス、親の会や図書館など、さまざまな場所で出前授業や体験会を行います。

また、このりんごプロジェクトでは、単なる疑似体験に終わらせず、日本中の図書館をよりよくするアクションにつなげること、障害の社会モデルについて皆さんと共に考える機会を持つことを通じて、誰一人取り残さない情報社会の実現をめざしています。

 

手でめくらない、文字を読まない、図書体験会
〜アクセシブルな読書法を体験しませんか?〜

体験内容について

(1)
読むことの”障害”を体験(視覚障害、発達障害、肢体不自由)
(2)
アクセシブルな本の説明
(3)
アクセシブルな本の体験
(4)
いろんな教科書の体験
(5)
質問コーナー
体験の流れや時間は調整可能です。事前にご相談ください。
(4)
いろんな教科書の体験

体験できるもの

大きな文字の図書
①大活字本、拡大写本  ②拡大読書器
耳で聴く図書
①デジタル録音図書デイジー  ②音声パソコン
触る図書
①点字、点字付き絵本  ②ユニバーサル絵本  ③布の絵本
耳と目で読む図書
①マルチメディアデイジー ②音声解説や字幕の入った映像資料
優しくわかりやすい内容の本
①LLブック  ②ピクトグラム
耳と目で読む図書
①マルチメディアデイジー ②音声解説や字幕の入った映像資料

パンフレットはこちら

下記のボタンをクリックするとパンフレットを開くことができます。
どなたでもダウンロードしてお使いください。(PDFデータです。)

図書体験会を開催してみませんか?

お気軽にお問合せください!
 ※活動地域は東京・埼玉・神奈川となっております。その他はご相談ください。

活動報告

「品川区立図書館での体験会」

2022年3月21日(月・祝)、品川区立図書館で体験会を実施しました。12月の上旬にお問い合わせをいただき、すぐに当館を訪れ打ち合わせをさせていただきました。その頃はコロナの状況も落ち着いていて3月開催に向けて順調かと思われましたが、年明けからオミクロン株の感染が拡大。中止にならないよう祈りながら準備を進めていきました。 

今回は区報にも体験会の案内を掲載してくださり広く一般市民の皆様に「りんごプロジェクト」の活動を周知いただくことが出来ました。1月半ばには区報原稿のチェック、そして2月までに同時手話通訳者向けの原稿を準備し、講義内容をわかりやすく伝えるためにスライド資料の制作にも取り掛かりました。 

品川区立図書館では現在「音訳ボランティア」「点訳ボランティア」「さわる絵本製作ボランティア」「児童サービスボランティア」の4種類のボランティア活動が行われています。なかでも「さわる絵本」の所蔵が多く、この活動を長年続けておられる「むつき会」の活動は大変貴重です。
また今回は図書館間貸し出し制度を利用して、練馬区立光が丘図書館布の絵本を会場に展示することができました。布の絵本は視覚でも触覚でも楽しめ、親子のコミュニケーションや手指の巧緻性も育めます。

通常私たちの体験会は講師によるレクチャーを聞いてから実際にアクセシブルな図書に触れていただきます。レクチャーではりんごプロジェクトの成り立ちや私たちの目指す社会についても触れ、アクセシブルな図書についての説明やどこで手に入るかなどの情報提供と質疑応答含め40分程度の内容です。
-------------------------------------
(区報掲載内容)
〇共生社会をめざす図書館講座  
「誰でも読書!アクセシブルな図書の体験会 ~図書館からはじまるインクルーシブ社会~」  
読むことに困難さがあっても、さまざまな形で読書を楽しめるアクセシブルな本について学び、体験できる講座です。
・日時/3月21日(月・祝日)  
①講師によるレクチャーは、午後2時からと午後3時から(同内容で2回)  
レクチャー会場は、品川図書館4階・視聴覚ホール(各回先着30名)  
②体験コーナーは午後2時~4時 ・会場と定員  
体験コーナーは、品川図書館4階・第1会議室(自由に出入り可)
--------------------------------------

2021年度最後の体験会当日は久しぶりにメンバー全員が集まりました。
のべ30名ほどの参加があり、質疑応答では
Q.コロナ禍で対面朗読はどのような工夫がされているのか
Q.視覚障害のある図書館司書は全国に何人いるのか?    などの質問や

音訳ボランティアをしている。なるべく早く視覚障害のある人たちに届けたいアクセシブルな図書は障害のある人だけではなく全ての人にとって必要だと思う         などの感想が述べられました。
 
今回は図書館関係者の参加も多く嬉しかった反面、子どもの頃に自分にあった読書(勉強方法)との出会いがとても大事なので、今後は教育関係者の参加がもっと増えてほしいと願わずにいられません。

共生社会を目指す図書館講座を開催してくださった品川図書館の皆様ありがとうございました。

「ノーマライゼーションという言葉のい・ら・な・いまちづくりの輪(和・話)」

 2022年3月13日(日)、岩手県陸前高田市が主宰するSDGsイベント「ノーマライゼーションという言葉がい・ら・な・いまちづくりの輪(和・話)」に参加してきました。会場はアバッセたかたという市内中心部にあるショッピングモールのパブリックスペースです。
 
 音声D A I S Y、マルチメディアD A I S Y、大活字本、L Lブック、ユニバーサル絵本、布の絵本、それからS D G s書籍などを展示し自由に体験してもらいました。

 佐藤聖一氏による「手でめくらない、文字を読まない本」についての30分のレクチャーも2回行いました。買い物客や隣接する市立図書館に来館した人、チラシを見て興味を持って来てくれた人が本を手に取ってくれました。
「今日参加して本当に良かった!見えなくても読書を楽しめることができるんですね。」「マルチメディアデイジーや LLブックを初めて知った。自分に合う読書方法を探していきたいです。」
 そのほかにも、弱視のお子さんを園で見ている保育園の先生が、今後どのようにしていったらよいのかの相談に乗る場面もありました。また、用意していたクイズに一生懸命答えてくれた子どもや家族連れもいました。クイズに答えてくれた人には、本の読みたい行に合わせて置くと集中して読むことができる道具、”リーディングトラッカー“を今回はプレゼントさせて頂きました。
 
 イベントの一環で、SDGsに関する本を紹介する「ブックトーク」も行いました。SDGs推進プラットフォームの方をはじめ5名の方にご登壇頂き、それぞれの視点からSDGsの本についてご紹介を頂きました。『頼るスキルの磨き方』(KADOKAWA)は、多様性を認め、個を尊重し、持続可能な地域社会を目指す道標となるような本だそうです。防災にまつわる本もご紹介頂きました。その他にも、『お笑い芸人と学ぶ13歳からのSDGs』(くもん出版)、『はじめて学ぶLGBT』(ナツメ社)『デブになってしまった男の話』(アドレナライズ)『ぼくがラーメンをたべているとき』(教育画劇)など12冊、幅広く老若男女に親しめる本を紹介して頂きました。

 三陸海岸にある陸前高田市は、先の大震災で多くのものを失ったのは周知の通りです。最後に立ち寄ってくださったお子さん連れのお母さまは、「本が好きで、たくさん持っていたんですが全部流されました。被災して視力も失いました。」と、子どもの指を布の絵本や点字付きさわる絵本に指をなぞならえさせながら話してくれました。「でもこんな本があるんですね!今日ここに来て良かったです!」と目をキラキラさせて言ってくださいました。そのお子さんが、再びユニバーサル絵本やDAISYを通して本の世界を楽しんでくれることを願わずにはいられません。
 

 6時間あまりの体験会イベントでしたが、私たちにとっても中身の濃い時間となりました。お世話になった陸前高田市の皆さまありがとうございます。SDGs未来都市に選定された陸前高田市が、りんごプロジェクトと同じミッションでもある「誰一人取り残さない」街になるように心より応援しています!

「インクルーシブ図書の体験会」 

 2022年3月4日(金) 15:30~17:00、横浜市内にある放課後等デイサービス“エニィタイム”さんで「インクルーシブ図書の体験会」を行いました。
 小学生から高校生の男女児が、放課後の時間を様々なプログラムで過ごす活動の場での体験会は、初めての試みでした。横浜市教育委員会事務局 障害学習文化財の方も見学にいらしてくださいました。
 テーブルの上に置かれた図書の数々、知らない人たちが来てる“なに?なに?”と遠巻きに見ている雰囲気の中始まり、リモートでメイン講師:佐藤聖一氏の話に耳をしっかりと傾け、おやつを挟んで“自由に触っていいよー”恐る恐る・・・“めくって”“さわって”“見て”と徐々に図書との距離が近づいてくる。マルチメディアデイジーなどは、ちょっと教えただけでスイスイ自操作できてしまう。さすが!!現代っ子(⌒∇⌒)


職員さんからも

リーディングトラッカーの色違いが視覚的に難しい子に対して有効だと思った。
LLブックがわかりやすい。・布の絵本が、印象的でファスナーを開ける練習にもなりそう。
デイジーがタブレットに入れられたら好きな時に読めそう。
迷路の本が難しすぎて興味が持てていないように見えた。
思ったよりもスペースを取らずに出来たので、スペースが取りづらい放デイでも体験会は可能と思った
・これらの図書はどこで入手できるかなど。    数々のご意見やご質問も頂きました。

 
 何より、こどもたちが“アクセシブルな図書”を体験し、体感してくれている姿を見て「知らない・・」を「知ってる・・・」に、「やらない・無理かも・・」を「やったら出来た、楽しい!!」に変わるきっかけになるお手伝いが出来たこと嬉しく思っています。

 今回の“アクセシブルな図書”との出会いときっかけの種が、誰かの楽しみにつながって広がっていくことを願って、今後も活動を続けていきたいと思います。

  エニィタイムの皆さん、楽しい時間を共有させて頂き、本当にありがとうございました。


渋谷の超福祉ラジオ📻

 11月18日、渋谷の超福祉ラジオでりんごプロジェクトの取り組みについて紹介させていただきました。
 これからも“すべての人々に読書の楽しみを伝えるため”アクセシブルな図書についての情報を発信していきます。

 また、体験会の申し込みやイベント等へのお誘いお待ちしております!

 そして、りんごプロジェクトについて知ってくださった皆様が一人でも多くの方へお伝えしていただきアクセシブルな図書の存在を広めていっていただけたら幸いです。
 当日のラジオは、下記のボタンをクリックしていただくと聞くことができます。(りんごプロジェクトについては、26:50~39:40でお話しさせていただいてます。)

超福祉の学校プロジェクトin陸前高田

 11月8日、陸前高田市高田町民の市民文化会館「奇跡の一本松ホール」での『超福祉の学校プロジェクトのシンポジウム』で、りんごプロジェクトの活動報告をさせていただきました。
 当日の様子はYoutubeから(りんごプロジェクトの報告は、22:00~34:15)ご覧いただくことができます。下記のボタンをクリックしてください。

『自費研フェスティバル 2021』

 2021年10月16・17日、五反田TOC Exhibition Hall にて開催された『自費研フェスティバル2021』マルシェコーナーに出展させていただきました。
 自費研とは、美容医療、再生医療、サプリメント療法など自費医療に関する展示ブースが200社以上出展する大規模なイベントです。医療関係者、カウンセラー、美容関係者の方などにブースに立ち寄っていただきました。LLブック音声デイジーを中心にアクセシブルな本に興味を持っていただきました。また、障害に関する相談も受けました。 ひとりでも多くの方に、りんごプロジェクトの活動やアクセシブルな本を知っていただける良い機会となりました!

 お立ちよりいただいたみなさん、主催の一般社団法人 日本顎顔面美容医療協会の担当者のみなさん、本当にありがとうございました。

『夏のおはなし祭り 2021』 

 2021 年8月 7 日(土)(11 時-14 時) 横浜市山内図書館(田園都市線あざみ野)の5日間に渡る『やまうちとしょかん夏のおはなし祭り2021』のイベントの一つとして「インクルーシブ図書の体験会」を行いました。神奈川県は緊急事態宣言下のため感染予防対策を徹底的しながらの開催となりました。

 オープンスペースでは、デイジー図書や LL ブックなどのアクセシブルな本の展示を行いました。お子様連れや学校関係者、図書関係者の方々に立ち寄っていただき、マルチメディアデイジーの体験や、ユニバーサル絵本を見たり、布の絵本に触ったりしていただきました。そして「おはなしのへや」では、メイン講師の佐藤聖一氏と限られた人数の参加者の方をZOOMで繋ぎ、アクセシブルな本についての説明を行いました。

 今年で横浜市立図書館は 100 周年を迎え、横浜中央図書館、山内図書館、南図書館「りんごの棚」が設置されています。今後は、まだまだ行き届いていない周知活動にも力を注いでいきたいとのことです。りんごプロジェクトの活動で一人でも多くの人に“アクセシブルな本の存在”と“誰もが読書をする楽しみ”に気がついてくれればと思います。
 
ご参加いただいたみなさん、横浜市山内図書館の職員のみなさん、本当にありがとうございました。

初のブース出展!リアルイベントで大盛況!

2021年4月24日(土)東京渋谷の代々木公園ケヤキ並木で開催された『バディウォーク東京2021for all』にブース出展させていただきました。

 このイベントはダウン症の啓発活動の一環として毎年都内で開催されているチャリティイベントです。
 昨年から新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、リアルイベントの開催が制限される中、こちらのイベントもギリギリまで予断を許さない状況にありました。東京は三度目の緊急事態宣言を25日からと決定したため、感染予防を徹底しながらの開催となりました。 

テーマは「今こそ共に歩こう、誰一人取り残さない世界へ」 
 ダウン症だけではなく、すべての人に向けたイベント。 その思いは私たち『りんごプロジェクト』も同じです。

 絶好のお天気に恵まれた朝10時少し前、メンバーが会場のテントに集合、入場制限をしているため比較的のんびりとした会場で、持参した図書をテーブルに並べ始めました。 本が並んでいると、それだけちょっと寄ってみたくなるようで、予想以上にたくさんの人が気軽に立ち寄ってくださいました。
 “アクセシブルな図書”との出会いは初めての方がほとんどで、どんな本なのか、どんな種類があるのか、どこで手に入るのか、など一人ひとりに説明しているとあっと間に時間がたってしまいます。
 
イベントで人気があったのは“LLブック” 
 これならうちの子どもでも読めそう、写真が多くて文章も簡単で分かりやすい、ピクトグラムが入っている本は初めて、子ども向けではなく大人向けもあるんですね、などなど好評です。
 マルチメディアデイジーや大活字本、布の絵本、ユニバーサル絵本など、普段手に取ることのない図書を実際に手に取って知ってもらう経験は貴重だと改めて感じました。    
 今後はレイアウトや説明資料など工夫を重ねて、よりよいブース出展ができるようにしていきたいと思います。

 お立ち寄りいただいたみなさん、ブースのお手伝をしていただいた方々、主催者のNPO法人サプライフさん、本当にありがとうございました。


筑波大学附属大塚特別支援学校「学校だより」に掲載されました

その他の活動


About us

<主催>

<協賛>

プロジェクトメンバー紹介

🍎りんごプロジェクトメンバーは、年齢、性別、仕事も違うごちゃまぜメンバー。ごちゃまぜだから楽しい!🍎

佐藤 聖一
(メインスピーカー)
公共図書館で働く視覚障害の図書館司書です。
図書館には障害者などに配慮されたさまざまな形式の図書があります。
また最近は、デイジーなどのデジタル形式のものもあり利用方法もいろいろです。
でも残念なことに、そのような資料や利用方法を知らない人がほとんどです。
ぜひ、皆さんに利用していただけるように、このプロジェクトに参加しました。
古市 理代
(ナビゲーター)
NPO法人アクセプションズでダウン症の啓発活動に取り組んでいます。
知的障害のある人にとっても読書との出会いは豊かな人生の一助になると信じ、りんごプロジェクトに参加しました。
アクセシブルな図書に出会える場所が日本中に広がっていきますように。
大島 啓輔
埼玉県の特別支援学校で働いています。
自分も学生時代にたくさん利用した図書館が、誰でもふらっとよれる場所になればと思いりんごプロジェクトに参加しました。
すべての人にとっての“図書館”や”読書”のイメージが、今まで以上に親しみやすいものに変えられるようにと思っています。
浅葉 紘子
障害をもつ子どもの親です。
障害のある方が学校卒業後も情報にアクセスでき、学習を続けられるようになること、どこの図書館もいつでもどこでも誰でも、ふらっと寄れる地域の図書館になったらいいなと思い参加しました。
文字を読まなくても、いろいろな読書の方法があることをお伝えしていきたいと思います!
足立 知穂
横浜市内で、障害児計画相談員をしています。日々、本人や親御さんを中心に学校や通所の方々とやり取りをする中で、どんな子も一緒に楽しく・安心して過ごせる居場所が少ないと感じています。
自分に合った洋服を着るように、自分に合った本がある場所、そんなところがあったら素敵だなと、このプロジェクトをお手伝いさせて頂いてます。
佐伯 美華
横浜の公立小学校で学校・地域コーディネーターをやっています。
縁あってこのプロジェクトに参加することになりました。
"図書館は自分とは関係のないところ"とは思えないような誰でも行きたくなる図書館を増やすことを目指したいと思っています。
佐伯 美華
横浜の公立小学校で学校・地域コーディネーターをやっています。
縁あってこのプロジェクトに参加することになりました。
"図書館は自分とは関係のないところ"とは思えないような誰でも行きたくなる図書館を増やすことを目指したいと思っています。