りんごまの誕生から販売まで

キーワード「地元愛」

地域を支える「金属加工」職人
伝統的な産業「水引細工」
地元の専門学校生
この3つの事柄が起こすりんごまは、共同で作り上げた傑作品です

二人のおじいさんが手を取り合い地元の専門学校生との共同作業により
りんごまは誕生しました

販売されて3日で売り切れ!!

Sバード様と豊丘マルシェ様の協力により、1個1000円のりんごまを28個で販売した結果、なんと3日で完売することができました。なので現在は100個を目安に生産しています。再販は11月の始めからを予定しています。

りんごまの種類は3種類!!

りんごまは全部で3種類あります。
一つ目は、赤いりんゴマの「紅花」(くれない)
二つ目は、銀色に光る「白金」(しろがね)
三つめは、金色に輝く「黄金」(こがね)
以上の3種類となっております。

箱のデザイン・製作は地元の専門学校の飯田コアカレッジ様がお考えになられました!!

箱のデザインは、信州リンゴの出荷箱をイメージして飯田コアカレッジ様の生徒が、デザインから製作までされました。

りんごまの製作にご協力頂いたじいじ工房について

三和ロボティクス株式会社会長の沢章好様と松川光学会長の桐山國明様が長年の
経験で培ったそれぞれの得意分野で様々なアイデアを出しあってSRテクニカル・ライフ株式会社「じいじ工房」が誕生しました。そのお二人が、この飯田市下伊那をもっと活気のある町にしたいという思いから飯田コアカレッジ様の専門学生とのりんごまの製作に協力してくださりました。

お問い合わせ

場所 飯田コアカレッジ
代表者 ITビジネス学科 2年生
住所 長野県飯田市松尾明7591
電話番号 0265-22-5111




販売場所①
エス・バード おいでなんしょ
販売場所①住所
長野県飯田市座光寺3349番地1
電話番号 0265-52-1613
販売場所①
エス・バード おいでなんしょ
販売場所②
とよおかマルシェ
販売場所②住所
長野県下伊那郡豊丘村大字神稲12410番地
電話番号 0265-48-8061