吉祥寺
りんご市

2018年10月7日(日)・8日(祝)
(喫茶営業 10月4.5.6日)

リンゴの愉しみ、どこまでも!

南信州で丹念に育てられた善積農園のりんごたち。たわわに実った秋の味覚をみなさんにも味わっていただこうと始まった収穫祭が「りんご市」です。

会場は東京・吉祥寺にある「ふたつの木」。暮らしと食を軸に多様な人々が集う気持ちのいいカフェです。2015年からはじめた「りんご市」は今年で4回目の開催となります。

イベントでは、ふだんはあまり気にかける機会がない、りんご農家のりんごにかける想いやストーリーを感じていただけると思います。また、善積りんごを使用した焼きリンゴ、タルトタタンなど秋の恵みいっぱいのスイーツが勢ぞろい。イラストレーター梁川友世さんの作品展示グッズ販売、南信州のフラワーショップ「さくらびと」さんによる里山リース、京都の「maka」さんによるリンゴハーブティもお目見えします。

りんごの香りいっぱいの4日間、「りんご市」にぜひ遊びに来てください。

NEWS

2018年8月2日 2018年もりんご市の開催が決定しました!4回目となる今回もお客様に喜んでいただけますよう張り切って参ります。情報も徐々に充実させていきますので、今年もよろしくお願いします。
2017年9月24日 【りんご市紀行をアップしました】
cafeふたつの木の林愛が、りんご市に登場する善積農園や花店「さくらびと」さんを訪ねました。
あふれる想いをブログに綴っています。
→その1 旅のはじまり
→その2 里山リース販売 さくらびとさん訪問
→その3 善積農園 園主に会う
→その4 旅の番外編(駒ヶ根高原)
2017年9月1日 昨年のりんご市の様子をふたつの木facebookにてご紹介しています。今年で三回目となるりんご市。美味しいものいっぱい、笑顔いっぱいです。→詳しくはこちら
2017年9月1日 ふたつの木FACEBOOKページにりんご市のイベントページを開設しました。
美味しい情報を更新していきますので、ぜひご覧ください。→詳しくはこちら
2017年9月1日 昨年も好評だったイベントオリジナル手ぬぐいを今年も制作します。詳しくは追ってご案内します。
2017年9月1日 りんご市オフィシャルサイトをアップしました。当日、会場で皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします。
2017年9月1日 昨年も好評だったイベントオリジナル手ぬぐいを今年も制作します。詳しくは追ってご案内します。
2017年9月1日 昨年も好評だったイベントオリジナル手ぬぐいを今年も制作します。詳しくは追ってご案内します。

イベント情報

開催日

2018年10月7日(日)11:30−17:00 
2018年10月8日(祝)10:30−16:00
-----------------------
10/4.5.6(12:00-16:00)…喫茶営業
りんごの販売・軽食・喫茶など。どなたさまも気軽にお立ち寄りください。

会場 東京都武蔵野市吉祥寺本町4-6-10 
暮らしとたべごと ふたつの木
お問合せ先

電話 0422-21-3390
eメール futatsunoki.mail@gmail.com

入場料

無料

お問合せ先

電話 0422-21-3390
eメール futatsunoki.mail@gmail.com

出店者紹介

ふたつの木

【リンゴスイーツ・ドリンク・ランチの販売】
旬の食材と、きちんと丁寧に作られた調味料で、お料理をお作りしています。
現在はデリを中心とした業態に移行中。持続可能なもの、こと 手仕事を大切にしたいと考えています。

website

善積農園

【リンゴ・ジュース・ジャムの販売】
「大好物に囲まれて暮らしたい。」そして京都から一路、信州へ…!自分たちが毎日食べたくなる安全で美味しいリンゴ作りを心がけています。
当日来場予定。

website

梁川友世

【イラスト展示・グッズ販売】
埼玉県所沢市在住。二児の父。企業広報紙やカレンダー、パッケージのイラストなど、多方面で活躍中。当日来場予定。

website

さくらびと

【里山リースの販売】
大自然に囲まれた南信州・中川村のフラワーショップ。ブライダルブーケ、オリジナルのギフトフラワーなどを得意としています。

blog

maka

在りのままにしなやかに生きる植物のもつ「香り」に惹かれ学び、確かに在る力を人の手と、ハーブティやアロマテラピー、アロマトリートメント等で伝えている。
京都北山にmaka shopを週末オープン。

website

アクセス

会場は一軒家の「暮らしとたべごと ふたつの木」。吉祥寺駅から徒歩9分です。

【道順】JR吉祥寺駅北口を出て、ダイヤ街を通り、東急百貨店とみずほ銀行の間の昭和通りを直進。途中、右手に藤村女子学園、弁天湯をすぎ、そのまま三鷹方面に5分ほど歩くと左手に茶色と白の四角い一軒家。入り口にあるシマトネリコの木が、りんご市仕様になってお待ちしております。