供血犬・供血猫の募集

ライト動物病院では供血にご協力頂ける
ワンちゃん、ネコちゃんを募集しております。

供血犬・供血猫とは?

大きなケガにより大量出血した場合や大きな手術をおこなう場合、また血液の病気のときなどには、人間と同じように、ワンちゃん、猫ちゃんも輸血が必要になります。
そういった子達の命を救うために、ドナーとして血液の提供に協力してくれるワンちゃん、猫ちゃんのことを『供血犬・供血猫』と言います。

供血犬・供血猫の必要性

人間の場合は、全国に血液センターがあり、輸血が必要になったとき、センターから血液を取り寄せることができます。
しかし、動物の血液センターは日本にはないため、採血した血液を長い期間保管しておくことは困難です。そのため輸血が必要になってもすぐに血液を用意することができず、十分な治療ができないこともあります。
そこでライト動物病院では、1頭でも多くの大切な命を救うため、供血に協力してくれるワンちゃん、猫ちゃんのドナー登録を募集しています。
ドナー登録できる条件
ワンちゃんの場合
健康な子
年齢 1~7歳
体重 10kg以上
ワクチン、狂犬病予防接種をしている
ノミ、ダニ、フィラリア予防をしている
妊娠・出産歴がない
輸血をされた経験がない
血液感染系の病気がない
 (バベシア、ブルセラ)
全身性の感染性皮膚トラブルがない
秋田犬以外

ネコちゃんの場合
健康な子
年齢 1~7歳
体重 4kg以上
ワクチン接種をしている
猫エイズ、猫白血病ウイルス検査陰性
妊娠・出産歴がない
完全室内飼いで、外猫との接触がない
輸血をされた経験がない
血液感染系の病気がない
 (ヘモプラズマ)
全身性の感染性皮膚トラブルがない
ネコちゃんの場合
健康な子
年齢 1~7歳
体重 4kg以上
ワクチン接種をしている
猫エイズ、猫白血病ウイルス検査陰性
妊娠・出産歴がない
完全室内飼いで、外猫との接触がない
輸血をされた経験がない
血液感染系の病気がない
 (ヘモプラズマ)
全身性の感染性皮膚トラブルがない
【共通事項】

採血前に貧血がないかなどの必要な検査を行います。

採血する際はあらかじめ輸血をする子と血液の相性を確認してから軽い鎮静をかけて採血します。

採血部位(首)の毛を剃らせていただきます。

穏やかで温厚な性格の子が望ましいです。


ドナー登録をご希望の際、可能であれば一度事前に診察に来ていただくとより安心です。


ご協力いただいたワンちゃん、猫ちゃんには感謝の気持ちとしてご飯、おやつなどをお渡しします。
また、ご希望であれば健康診断の血液検査項目を無料で検査させていただきます。

供血の流れ

輸血用血液が必要となった際に、こちらからご登録いただいたLINEにて、供血へのご協力をお願いする連絡をお送りします。
ご協力が可能であれば、折り返し病院へLINEにてご連絡ください。
実際に採血をお願いする飼い主様に病院から直接お電話をさせていただきます。
お時間を相談した上で、ご来院いただきます。(当日もしくは翌日)
5 事前に必要となる検査を行い、軽い鎮静をかけて採血します。
6 供血してくれたワンちゃん、猫ちゃんの状態を確認しお帰り頂きます。
(お帰りの際には感謝の気持ちとしてご飯、おやつなどをお渡しします。)
実際に採血をお願いする飼い主様に病院から直接お電話をさせていただきます。

よくあるご質問

Q
供血をおこなうときは入院が必要ですか?
A
ほとんどの場合は必要ありません。
鎮静後の状態によっては半日お預かりをお願いしたり、ご来院可能な時間が夕方になる場合は1泊のお預かりをお願いする場合もあります。
Q
1回の採血量はどのくらいですか?
A
ワンちゃんは10~20㎏の子は100~150ml、20㎏以上の子は150~200mlの採血をします。
猫ちゃんは約50mlの採血をします。
Q
どのくらいの頻度で供血は可能ですか?
A
ワンちゃん、猫ちゃんともに供血後、次回の供血までは1ヵ月以上の期間をあける必要があります。
Q
供血をおこなう際に事前の準備などはありますか?
A
直前にはご飯を食べさせないようにお願いいたします。
翌日にご来院予定の場合は、供血当日の朝の絶食をお願いする場合もあります。
Q
供血後に気をつけることはありますか?
A
採血をおこなった日は安静にしてよく様子を見られてください。
特に変わった様子がなければ、時間をおいて少量ずつ食事を開始してください。
Q
採血によって病気に感染することはありませんか?
A
器材は全て滅菌された新品を使用いたしますので、採血により病気が感染することはありません。
Q
供血をおこなうことでのリスクはありますか?
A
血液を高速で抜く場合ショックを起こすことはあります。
そのため事前に貧血がないか検査を行い、鎮静下で慎重に採血をおこなっていきます。
Q
供血をおこなうときは入院が必要ですか?
A
ほとんどの場合は必要ありません。
鎮静後の状態によっては半日お預かりをお願いしたり、ご来院可能な時間が夕方になる場合は1泊のお預かりをお願いする場合もあります。