太陽光パネル リサイクル

リーテムでは廃棄品の自社工場破砕処理(埋立処理ゼロ)、再利用品のリユース買取をご提案しています

廃棄に関する今後の課題とリーテムのサービス

太陽光パネル廃棄の課題 

このような廃棄の課題が想定されます

●天災(台風、雪害など)による突発的な廃棄
●デッドストック処分
●売電価格の大幅下落による早期撤去
●廃棄における受入れ中間処理施設の数
●埋立処理への懸念

リーテム 東京工場

リーテムでのリサイクルのメリット

●一元管理によるコストダウン
●一度に大量の破砕処理が可能
●法令を遵守した廃棄物運用
●埋立処理ゼロ(リサイクル率向上)
リサイクルフロー
災害による太陽光パネル破損
破砕、選別によるリサイクル
破砕、選別によるリサイクルのため、台風などの災害で使用できなくなったパネル、ガラスの割れ、変形なども問題なくリサイクル可能です。破砕、選別後の委託処分先も埋立処理ではありません
太陽光パネルリユース
リユース買取提案
リサイクルだけでなく、リユース買取、現場への回収などトータルにご提案ができ、コストダウンに繋がります
太陽光発電協会
JPEA 太陽光発電協会
リーテムは太陽光パネルの適正処理可能な中間処理業者として、太陽光発電協会の業者一覧に掲載いただいております
太陽光パネルリユース
リユース買取提案
リサイクルだけでなく、リユース買取、現場への回収などトータルにご提案ができ、コストダウンに繋がります

RE-TEM ECOTIMES

https://www.re-tem.com/ecotimes/column/jun2020/
増える太陽光パネルの台風損壊
2020年6月22日
・自然災害による太陽光パネルの被害
・太陽光パネルの価値と有害性
・太陽光パネルが使用できなくなったら所有者はどうしたらいい?

https://www.re-tem.com/ecotimes/column/2019jul/
太陽光パネル廃棄の課題
2019年7月19日
・太陽光発電設備の廃棄における課題
・住宅用太陽光発電設備は「一般廃棄物」?
・2030年になる前に太陽光パネル廃棄の前倒しもあり?
https://www.re-tem.com/ecotimes/column/2019jul/
太陽光パネル廃棄の課題
2019年7月19日
・太陽光発電設備の廃棄における課題
・住宅用太陽光発電設備は「一般廃棄物」?
・2030年になる前に太陽光パネル廃棄の前倒しもあり?

よくあるご質問

  • Q
    どのような太陽光パネルでも受け入れ可能でしょうか?
    A
    一部パネルに受入れ不可のものがあります。詳しくは営業担当にお問合せください
  • Q
    リユース買取は可能でしょうか?
    A
    可能です。物量やパネルの種類によって条件や買取可否が変わります
  • Q
    引取りは可能でしょうか?
    A
    可能です。回収エリアをご相談ください
  • Q
    処理費用はいくらかかるか?
    A
    パネルの種類、物量、リユース可否など状況により変動しますので、下記フォームからお問い合わせの上、営業担当に申し付けください
  • Q
    引取りは可能でしょうか?
    A
    可能です。回収エリアをご相談ください

会社概要

会社名 株式会社リーテム
住所 東京都千代田区外神田2-15-2
電話番号 03-5256-7401
代表者 中島 彰良
資本金 1億円
創業 1909年
コーポレイトサイト https://www.re-tem.com/
創業 1909年

お問合せ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。