ただひたすら働き続けてきた15年。ようやく気づいた。

人生で自分が望むものを手に入れるためにやることは、
弱みを克服することでも、
歯車のように、
ただ一生懸命にひたすら働き続けることでも、
苦しみや痛みに耐えることでも、
何かの犠牲を払うことでもありません。

私はもっと、簡単な方法を見つけました。

そして、その方法を活用して人生を変え、夢を叶え、本当の幸せを見つけ、
豊かな人生を手にすることができると知ったのです。

その仕組みをこれからお話ししていきます …

生まれてから今日まで、あなたの人生で
最高に楽しかった瞬間を思い出してみてください…

恐れを知らず、自分の可能性をただ信じ、自分でも驚くほどの力と勇気が湧いてきて、
いろんなことを乗り越えられたあの時…

言葉では言い表せないほどの生きる力に満ちていて、心が望むままに
わくわくするようなことが次々と浮かんできました…

あなたは物事を完全にコントロールし、明るい未来を想像し、
簡単には手にすることができないような自由を味わっていました。

あなたの人生が目的、意味、価値、平穏に満ちていた最高の瞬間です。

しかし、

それもすぐに過ぎ去ってしまいました。
あなたはまた中途半端な人生を送り、苦労を重ねています。

さて、これからどうしますか?

どれだけ頑張れば、またあのような瞬間が戻ってくるのでしょう…

1週間? 1ヶ月? 1年? 一生?
ひょっとすると、もう二度と戻ってこないのでは?

どうすれば、あなたの思いのまま、すぐさま豊かな人生を手に入れられるのか、その方法をお伝えします。
あなたの人生を変えるとてつもないパワーのある方法です…

他人の人生を生きるのは、もうやめよう

これは、誰にもコントロールされず、あなたのままで本当に豊かな人生を手に入れることができることをお伝えするものです。

自分を「自分のままでいい」とOKを出すことが出来ず、本来の自分で生きられないがゆえ、実に多くの人たちが、賢く、才能もあり、勤勉であるにもかかわらず、結局自分の望む人生、自分にふさわしい人生を送れずにいるのです。

これは、あなたがあなたのままで、本来の力を使って人生を変え、夢を叶える方法です。 

人生で成功するために重要なこと

Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグ、数々の映画を世に生み出したスティーヴン・スピルバーグ、相対性理論を唱えノーベル賞を受賞したアルベルト・アインシュタインなど、成功者にはユダヤ人が多くいます。
そんなユダヤの教えの中に、こんな寓話があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■引用:2012年 アスキー・メディアワークス出版 博報堂ブランドデザイン[著・編] 『ビジネス寓話50選 物語で読み解く、企業と仕事のこれから』(アスキー新書)34p~37p『第3話 売春宿の門番』 
 売春宿で門番をしている男がいた。待遇もよくないし、あまり人に誇れた仕事でもなく、決して満足してはいなかったが、男は読み書きができないうえに、これといった取り柄もない。しかたなく、その仕事を続けていた。
 そんなある日、売春宿の主人が亡くなった。あとを継いだ息子は売春宿の経営が思わしくないことを知り、改革が必要だと考えたらしい。門番の男を呼び出してこう告げた。
「明日から報告書を出すように」
「はぁ。でも私は読み書きができないので……」
「なんだって? じゃあ、すまないが、辞めてもらうしかないな」
 突然仕事を失い、男は頭を抱えた。これからどうやって食べていこうか……。考えた挙げ句にようやく思いついたのは家具の修理だった。男は売春宿でよく、ベッドや家具の修理をしていたのだ。それを新しい仕事にしようと心に決めると男は金物屋がない自分の村を出て、2日がかりで離れた町に行き、工具を揃えた。
 家に戻ってしばらくすると、隣に住んでいる若い男がやって来た。
「金づちをお持ちじゃありませんか? あればお借りしたいのですが」
「持ってはいますが、商売道具だから貸すわけにはいかないんです」
「では、借り賃をお支払いします。それならどうですか?」
 男は金づちを貸すことにした。修理の仕事なんて、いつもあるわけじゃないし、もしかしたら当分ありつけないかもしれない。いま工具を貸してお金がもらえるなら、そのほうがいい……。そう考えたのだ。
 ところが村には金物屋がないだけに、その工具貸しの仕事が村人から重宝され、いい稼ぎになった。そのうちに工具の販売もはじめ、それも大繁盛して、みるみるうちに男は大金持ちになった。
 それからしばらくして、村に恩返しをしようと思い立った男は、大金を寄付して学校をつくった。その開校を祝う席で、村人のひとりに男はサインを求められた。
「申し訳ないのだけど、私は読み書きができないんです」
「あなたが?」その村人は、とても信じられないといった表情で訊き返した。
「読み書きができないのに、こんなに成功して、村に学校を寄付するまでになられたのですか? もし読み書きができたら、どんなに大きな仕事を成し遂げられていたことでしょう……」
「その疑問になら、答えることができますよ」男は静かに言った。
「もし読み書きができたなら、私はいまも売春宿の門番をしていたでしょうね」
 売春宿で門番をしている男がいた。待遇もよくないし、あまり人に誇れた仕事でもなく、決して満足してはいなかったが、男は読み書きができないうえに、これといった取り柄もない。しかたなく、その仕事を続けていた。
 そんなある日、売春宿の主人が亡くなった。あとを継いだ息子は売春宿の経営が思わしくないことを知り、改革が必要だと考えたらしい。門番の男を呼び出してこう告げた。
「明日から報告書を出すように」
「はぁ。でも私は読み書きができないので……」
「なんだって? じゃあ、すまないが、辞めてもらうしかないな」
 突然仕事を失い、男は頭を抱えた。これからどうやって食べていこうか……。考えた挙げ句にようやく思いついたのは家具の修理だった。男は売春宿でよく、ベッドや家具の修理をしていたのだ。それを新しい仕事にしようと心に決めると男は金物屋がない自分の村を出て、2日がかりで離れた町に行き、工具を揃えた。
 家に戻ってしばらくすると、隣に住んでいる若い男がやって来た。
「金づちをお持ちじゃありませんか? あればお借りしたいのですが」
「持ってはいますが、商売道具だから貸すわけにはいかないんです」
「では、借り賃をお支払いします。それならどうですか?」
 男は金づちを貸すことにした。修理の仕事なんて、いつもあるわけじゃないし、もしかしたら当分ありつけないかもしれない。いま工具を貸してお金がもらえるなら、そのほうがいい……。そう考えたのだ。
 ところが村には金物屋がないだけに、その工具貸しの仕事が村人から重宝され、いい稼ぎになった。そのうちに工具の販売もはじめ、それも大繁盛して、みるみるうちに男は大金持ちになった。
 それからしばらくして、村に恩返しをしようと思い立った男は、大金を寄付して学校をつくった。その開校を祝う席で、村人のひとりに男はサインを求められた。
「申し訳ないのだけど、私は読み書きができないんです」
「あなたが?」その村人は、とても信じられないといった表情で訊き返した。
「読み書きができないのに、こんなに成功して、村に学校を寄付するまでになられたのですか? もし読み書きができたら、どんなに大きな仕事を成し遂げられていたことでしょう……」
「その疑問になら、答えることができますよ」男は静かに言った。
「もし読み書きができたなら、私はいまも売春宿の門番をしていたでしょうね」
この物語を読んで、あなたは男が読み書きできる必要があったと思いますか?

きっと誰もが思わないでしょう。

読み書きができないことによって、男は人生において仕事を失うどころか、思ってもみなかった新しい仕事で
成功し、大金持ちとなり、さらには村に学校を寄付したのです。 

人生で成功するために重要なのは、
できないことがあったとしても、それに囚われず、

目の前の人のために
自分が今できることを全力でやってみることです。

雇われずに生きていく

私は、15年間、会社で事務職として働いていました。
やりたい仕事というより、安定した生活のため、その仕事を選び、続けてきました。
私は、何事も手が抜けず頑張りすぎてしまうタイプで、会社から任される多くの仕事をとにかくこなそうと必死でした。できないことも一生懸命取り組んで、できるようになっていきました。毎日遅くまで残業し、休日出勤もして、ひたすら働いていました。
「きっと世の中の仕事って、みんなそういうものなんだろうな」とあまり深く考えないまま、そんな毎日をずっと過ごしていました。
しかし、頑張れば頑張るほど、もっと大変な仕事を任されるようになりました。
そうやって報われないベテランの先輩たちも何人も見てきました。
何のためにこんなに頑張っているのか分からなくなりました。
「このままでは、自分もいつか潰れてしまう。ここで頑張り続けても、きっと私が生きたい未来にはたどり着けない」
そう気がつくのに、15年もかかってしまいました。
何のために、ここまで頑張ってきたのか・・・
意味のない時間を過ごしてしまった、と後悔しました。
でも、ここで方向転換しなければ、また同じような毎日を明日からも生きなければなりません。
会社員として働く限り、会社が求める期待に応え続けなくてはなりません。
「それはもう無理だ」
自分を潰さないために、会社を辞めようと考えました。
「でも、働かなければ生きていけない…。生きていくためには、働かないと…。
でも会社員として働き続けることはつらい。どうしたら…」
私は、会社員としての事務職の経験しかありません。
一人で仕事をしていけるような特別なスキルなんて一つも持っていません。
これからどうやって生きていったらいいのか、ずっと葛藤を抱えていました。

私にとって、この「雇われない生き方」は、そんな時に出会った、まさに自分の心を守りながら自分らしく生きるために必要な方法でした。

今は会社を辞め、もともと好きで得意だった「作る」ことでこれからは仕事をやっていきたいと思い、ゼロからその勉強をしながら、「雇われない生き方」を実践しています。

先日、久しぶりに会ったある友人に「一年前より顔色が良くなったね。元気そう」と言われました。
当時どんな顔色をしていたのか、自分ではよく分かりませんが、そう言ってくれたその友人も楽しそうに笑ってくれていたので、私も嬉しかったです。
遠回りしてしまったけれど、このまま気がつけずに人生を過ごしていたと思うと、今気がつけて本当によかったと思っています。
私のやりたいことは、まだ始まったばかりですし、ゼロからのスタートなのできっとこれから大変なこともあるかもしれません。でも、やりたいと思えることだし、今の元気な私ならきっと乗り越えられると信じています。
だって15年間、どんなに辛くても、頑張ってこられた自分だから…

「雇われずに生きる」ことで、
本当に生きたい人生を生きることができます。

あなたを縛る
『時間』『お金』『場所』
『人間関係』
から解放され、

あなたを自由にする
『時間』『お金』『場所』
『人間関係』
を手に入れることができます。

  • 自由を手に入れたあなたは、人生に対し、より高い目標を見いだせるようになります。
  • 古いやり方や、自分で限界を決めてしまっている思い込みが消え去ります。
  • 人生においてどこまでも可能性が広がり、自分が本当にやりたいことを自分で選択できる人生と
    なります。
  • いいエネルギーで、心穏やかに、豊かな人生を生きることができます。
  • 古いやり方や、自分で限界を決めてしまっている思い込みが消え去ります。

「雇われない生き方」の方法を学ぶことは簡単です

この方法を学ぶのは簡単です。

それに、専門的な技術や特技がなくても、あなたの好きなこと、興味のあることでできます。

この「雇われない生き方」の方法やノウハウをプログラムとして完成させたのは、2度の事業に失敗し、
300万円の借金を抱えたうつ病のニートでした。

目からウロコが落ちるような情報、人生を一変させる戦略が語られているこのプログラムの提供者を
紹介します。
彼は、人生投資家チャンネルを通じて出会ったある大資産家から、商売の原理原則とインターネットビジネスをゼロから学び、できることをとにかく実践した結果、人生を変えることができたのです。
そして現在、自分が学び実践し成功した「雇われない生き方」を実現する方法を学べるプログラムを提供しています。

この「雇われない生き方」の方法が
学べる動画が現在、
無料で提供されています。 
下のボタンをクリックすると、
QRコードが表示されますので、
LINE登録すると、
その方法を知ることができます。 


それでも、また明日から雇われて生きようとする…

みんな「雇われずに生きる」と聞くと、起業だったり、フリーランスとして働いたりと、「なんか難しそう」「専門的な技術や特技がなければできないのでは?」と言います。
そして、「どうせ自分にはできない」と言って、また明日から雇われて生きていくことを選択します。

そう思いますよね。そう感じるのが普通です。でも、、、
無理だと決めてしまう前に、少しだけ話を聞いてみてください。

今までと同じ明日を選べば、今までと変わらない人生を過ごすだけです。

先ほどもお話ししましたが、その方法を学ぶのは簡単です。

無料でその方法を知ることが
できます。
下のボタンをクリックすると 、
QRコードが表示されますので、
LINE登録をして、
その方法を手に入れてください。


あなたも雇われずに生きることができます。

自分で人生をコントロールし、自分が正しいと感じる方向へ進み、日々、自分の人生を生きている喜びと安心を身をもって体験してください。

自由を手に入れ、最高の人生を手に入れてください。

今すぐ「雇われない生き方」を学び、生きるべき人生を生きることをおすすめします。

そして、あなたが情熱を感じられることをし、「雇われない生き方」で人生を豊かにしてください。