このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
Tel.045-532-5125
【受付】9:30〜18:00/月曜定休

資金ショートを回避して、大切な事業を継続。

こんな横浜市都筑区の事業所様、
ぜひ当センターにご相談を。

  • コロナ融資の据置期間が終わったが返済は厳しい…。
  • 月々の返済額が多く、資金繰りで毎月苦しい…。
  • 売上は上がっているのに手元にお金が残らない…。
  • とにかくリスケ出来ないと先の見通しが立たない…。
  • 補助金405事業について詳しく知りたい。などなど
  • 月々の返済額が多く、資金繰りで毎月苦しい…。

銀行・金融機関とのリスケ交渉に必要な経営改善計画書の作成を代行します。

ようこそ、横浜市都筑区「中小企業リスケ・資金繰り改善」サポートセンターへ。代表の安藤優介です。
当センターでは横浜市都筑区で事業を営む事業所様向けに「経営改善計画書」の作成支援を行う横浜市都筑区の行政書士事務所です。
「経営改善計画書」は借入金融機関に対して「返済計画の見直し(リスケ/リスケジュール)」の交渉をする際に必要となる事業計画書の一種です。この書類の内容・出来次第でリスケが認められるか否かが判断されますので、リスケが必要な事業所様にとっては大変重要な書類と言えます。

しかしながら金融機関様が納得されるような経営改善計画書の作成は中々に難しく、社長様が自力で作成されるのは非常にハードルの高い作業と言えます。そんな中小企業の社長様になり代わり、金融機関様の理解が得られ易く、且つ御社が確実に実行できる「経営改善計画書」を作成するのが当センターのお仕事になります。

資金繰りでお困りの横浜市都筑区の事業所様は、ぜひ当センターにご相談下さい。リスケを行い資金ショートを回避、大切な事業を継続して行きましょう。


当センターのサポートを受けて頂くと…

独りで思い悩む日々にサヨナラできる
お金の流れの問題点や、業績不振の原因を明確化。改善策を探ります。
金融機関に対し堂々とリスケ交渉できる
実行可能かつ金融機関の理解を得易い経営改善計画書を作成します。
その場凌ぎの自転車操業から脱却できる
破産を回避し、月々の支払いも楽になって本業に集中できる環境を整えます。
その場凌ぎの自転車操業から脱却できる
破産を回避し、月々の支払いも楽になって本業に集中できる環境を整えます。

経営改善計画書の作成費用2/3(上限200万円)を国が補助


現在資金繰りでお困りの事業所様は、外部の専門家に「経営改善計画書」の作成を依頼される費用の捻出も容易ではないと思います。そこで国(中小企業庁)が音頭を取って制定されたのが「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」、通称「405事業(ヨンマルゴジギョウ)」と呼ばれる補助金です。

405事業は「認定支援機関」と呼ばれる国家資格者に「経営改善計画書」の作成を依頼した場合には、掛かった費用の2/3(上限200万円)までが国庫から補助されるという制度です。補助金ですので返済の必要はありません。そして当センターの代表である安藤は「認定支援機関」の資格を有している都筑区でも数少ない資金繰り・資金調達の専門家です。

横浜市都筑区で資金繰りにお困りの事業所様、ぜひ一度当センターにご相談頂きリスケに取り組まれてみませんか。国への補助金申請などは全て当方にて行います。きっと経営するのが楽になり、本業に集中して打ち込めるようになる事でしょう。

当センターにご依頼頂く6つの安心

初回のご相談は無料
ご相談は通常1時間5千円(税込5,500円)にて承っておりますが、初回のご相談は無料にて承っておりますので、安心してご相談ください。
土日祝OK・ご予約で夜間や休日でも相談可能
仕事が忙しく平日の日中は動きが取れない方もご連絡下さい。ご予約頂ければ夜間でも、早朝でも、休日であってもご相談に乗らせて頂きます。
出張対応も致します
「当センターへのご来所が難しい、又は、来てもらった方が話が早い。」そんな方は遠慮なく出張サポートをご利用ください。コチラも初回無料にて承ります。
後追い営業は致しません
正式にご依頼下さるかどうかはご相談時にその場で決めず、一旦お持ち帰り頂いて結構です。じっくりご検討下さい。後日に「その後どのような状況でしょうか?」と1度くらいは確認のお電話を差し上げるかもしれませんが、依頼を強いる事は決して致しません。
分かり易くご説明致します
リスケや資金繰りには様々な用語がございますが、全て噛み砕いて分かり易くご説明させて頂きます。一方的な説明にならぬよう、絶えず内容をご理解頂けている事を確認しながらジックリゆっくり進めさせて頂いております。
最後まで全て安藤が対応
当センターは行政書士 安藤優介が1人で運営しており、ご相談から実務まで一貫して安藤が対応させて頂きます。「相談に行ったら知らない人に対応された」「契約したら下っ端に交代された」といったお客様をガッカリさせるような対応は一切ございません。
出張対応も致します
「当センターへのご来所が難しい、又は、来てもらった方が話が早い。」そんな方は遠慮なく出張サポートをご利用ください。コチラも初回無料にて承ります。

サポート内容と料金

■ 初回のご相談:無料(業務依頼されない場合、2回目以降1時間5千円(税込5,500円))

サポート料金
30万円(税込33万円)~ /着手金は5万円(税込55,000円)

消費税を除く2/3の20万円は補助されますので実質10万円(税込13万円)~となります。
お客様がお支払い頂くのは、補助金を差し引いた金額のみで結構です。

サポート内容
ご契約後のご相談、お打ち合わせ(電話・メール・対面)は無制限

経営改善コンサルティング・アドバイス、経営改善計画書の作成代行、金融機関へのリスケ交渉対策と交渉当日の同行、国への補助金申請など。ご相談からリスケ、補助金受給までの全プロセスをサポート。

ご利用の流れ

Step
お問い合わせ
まずはお電話などでお問い合わせ下さい。ご相談日時の擦り合わせを致しましょう。訪問対応も可能です。
Step
初回無料面談
お約束の日時にご来所ください。もしくはご訪問させて頂きます。
現状をヒアリングさせて頂き、リスケの可能性や今後の方向性などお伝えさせて頂きます。経営改善計画書、405事業の詳細など、リスケに関するあらゆるご質問にも回答・アドバイスさせて頂きます。ご心配な事・ご不安な事は何でも遠慮なくご質問ください。【ここまで無料です】
Step
ご契約
サポート内容や費用、仕事の進め方にご納得頂けましたら正式に業務をご依頼頂き、着手金の5万円(税込55,000円)をお支払いください。
Step
業務開始
経営改善コンサルティングやアドバイス、経営改善計画書の作成・金融機関への交渉対策や同行、国への補助金申請など、ご契約内容に沿ってサポート致します。
Step
業務完了
お預かりした資料の返却。ご請求書の提出。費用残金のお支払いをお願い致します。お客様にお支払い頂く費用は国からの補助金を差し引いた金額のみで結構です。
Step
アフターサポート
お得な「財務相談よろず顧問契約」もご利用頂けます。(ご契約は任意です)
Step
初回無料面談
お約束の日時にご来所ください。もしくはご訪問させて頂きます。
現状をヒアリングさせて頂き、リスケの可能性や今後の方向性などお伝えさせて頂きます。経営改善計画書、405事業の詳細など、リスケに関するあらゆるご質問にも回答・アドバイスさせて頂きます。ご心配な事・ご不安な事は何でも遠慮なくご質問ください。【ここまで無料です】

よく頂くご質問

  • 🆀 都筑区以外の場所で営業してますが、ご対応頂けますか?
    はい。横浜市でしたら港北区・青葉区・緑区まで対応させて頂きます。
  • 🆀 個人事業主でもお願いできますか?
    いいえ。残念ながら個人事業主様は対象外とさせて頂いております。
  • 🆀 コチラにお願いすれば金融機関は必ずリスケに応じてくれますか?
    それは請け合いかねます。リスケ成功の見込みは無料相談時に判断させて頂き、可能性のある事業所様のみサポートさせて頂きますが、リスケを認めるかどうかの最終判断は金融機関様となりますので、100%のリスケ成功を保証するものではございません。
  • 🆀 金融機関がリスケに応じてくれなかった場合、サポート費用はどうなりますか?
    万が一、リスケに失敗してしまった場合には残金の費用請求は致しません。尚、着手金の5万円(税込55,000円)はお返しする事ができませんので予めご了解ください。
  • 🆀 実際の費用はどのように決まりますか?
    補助金(405事業)の対応をする国(中小企業庁)の窓口である「経営改善支援センター」が御社の事業規模などを勘案して決定されます。その決定費用で問題が無ければ正式に当センターにご依頼頂く という流れになります。

  • 🆀 個人事業主でもお願いできますか?
    いいえ。残念ながら個人事業主様は対象外とさせて頂いております。

横浜市都筑区 中小企業リスケ・資金繰り改善 サポートセンター

運営
行政書士サポートオフィス横浜

経営革新等支援機関:20170123関東 第11号

代表者:安藤 優介(行政書士)
所在地

〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-8-9 仲町台フェニックスコート508(ローソンのあるマンションの5階)

お越し頂くには…
  • 【電車で】横浜市営地下鉄ブルーライン「仲町台駅」から徒歩2分。
  • 【お車で】近隣にコインパーキングが複数ございます。
  • 【お車で】近隣にコインパーキングが複数ございます。
認定支援機関の認定証
最寄りの仲町台駅
行政書士の永年精励表彰状
当事務所の書棚
最寄りの仲町台駅
仲町台駅から当事務所までの詳細なルート案内はコチラからご確認頂けます。
PDFファイル(0.8MB)ダウンロードOK

実務経験19年の行政書士 安藤 優介が対応いたします

事業を安定して継続されるには健全な資金繰りが何よりも大切だという事は、事業を営む者であれば誰しも異論の無いところでしょう。私も事業者の端くれとして資金繰りの大切さを身を以って知る1人です。
有難い事に国は中小事業者の資金繰りを助ける制度を設けており、当サイトでご紹介させて頂いた補助金「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」、通称「405事業(ヨンマルゴジギョウ)」もその1つです。この制度は特にコロナ禍に喘ぐ事業者の助けとなるよう運用方針が最適化され、とても使い易いオススメできる制度となっております。
コロナ融資の据置期間が終わり返済が始まったけど、どうにもこうにも資金繰りができない。そんな事業所様のリスケをサポートいたします。作成する経営改善計画書は今後の指針ともなり、作成後は迷う事なく経営に集中して頂ける事でしょう。赤字続きであった事業所が黒字体質に生まれ変わる事だって、決して夢物語ではないのです。

月々の返済や資金繰りでお困りの社長さま、ぜひ一度当センターにご相談ください。アナタの想いが詰まった会社を存続させ、雇用を維持し、継続的に社会貢献して頂けるようになる。そんなお手伝いが出来ましたらこれほど幸せな事はございません。ご連絡を心よりお待ちしております。
安藤 優介(あんどう ゆうすけ)
行政書士:日本行政書士会連合会登録 第01092061号
昭和51年9月23日、広島県生まれ。平々凡々で几帳面なA型。
小学生まで東京世田谷、以後、横浜市都筑区に在住。
国士舘大学法学部法律学科卒。在学中より行政書士を志す。
平成12年、行政書士資格取得。
平成14年、福岡県の加藤清正先生の事務所にて実務経験を積んだ後、横浜で独立開業。
平成22年、横浜市都筑区仲町台の現事務所に移転。
平成29年、経済産業大臣より「経営革新等支援機関」に認定される。
趣味は将棋とマンガ(ルパン三世・銀牙-流れ星銀-等)
座右の銘は「平凡は妙手に勝る。」(将棋の大山康晴第15世名人の言葉)

ご相談は初回無料

お一人様60分程度。経営改善計画書、405事業など、リスケに関するあらゆるご質問にお答え致します。

お問い合わせはお電話ください

Tel 045-532-5125
9:30~18:00/月曜定休

営業時間外はメールフォームからどうぞ

空欄に必要事項をご入力の上、ご送信ください。
受信内容を確認後、折り返しお電話にてご連絡させて頂きます。1営業日以内のお返事を心掛けておりますが、出張等で留守にする場合には2~3日を要します。万が一、3日を過ぎても当センターからの連絡が無い場合には送信エラーの可能性がございますので、誠に恐れ入りますが改めてお電話にてお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
内容OK 送信する
※確認画面を出さずに送信します。内容にお間違いが無いか、この画面でご確認下さい。