こんな経営者の方にアンケートをお願いします。

  • ハローワークに出しても募集が来ない
    1件くらい問い合わせが来てほしい
  • ネット広告を出しても反応がない
    高い広告費払っているから応募者が来てほしい
  • 広告代理店に任せっぱなし
    どんな人に向けて出しているのか知りたい
  • 採用してもすぐに辞めていく
    なぜ続かないのか分からない
  • 他の企業の労働条件は知らない
    他社のことは気にしたこともなかった
  • ネット広告を出しても反応がない
    高い広告費払っているから応募者が来てほしい

アンケートに答えてもらうと
次の4つが分かる特典をプレゼント!

特典でわかることのメリット

求職者がどのようなルートを辿って自社に応募してくるのか目処がつけば、応募の確率が上がる広告媒体が分かるようになりますので、応募の反応がないというストレスは軽減されます。
同じ業界の求人や業容が似ている異業種の求人の労働条件が分かると自社の労働条件と比較して、他社の弱い条件が分かるようになります。
求人募集を出して反応がある時期とない時期が分かれば、反応が薄いことでストレスになることを避けられます。反応が薄い時期に出すことになっても分かったうえで出せますから、他の施策を考えられるようになります。
競合先の労働条件が分かるのですから、自社の労働条件の強みも分かるようになります。自社の強みを求職者にアピールすれば、応募数の増加に繋がります。

アンケートはこちらから

求人募集に関わるアンケート

アンケート依頼者

アストラ 代表 吉倉 雅人
人材派遣会社と提携し、実質メイン担当者として中小企業30社、35職種の求人募集の仕組みづくりに取り組む。
取り組んだ職種として、
介護士、看護師、営業、製造作業員、士業、経理、講師業、その他パートタイム職員などがある。
求人募集が苦手な中小企業が、この募集の仕組みに取り組んだ結果、約7割が、求職者からの募集を増やした。
その他オンライン求人広告を活用した中小企業の求人募集にも取り組み応募率を大幅にアップさせ、担当したクライアントの求人応募数の増加に貢献。