リフォームの手続きは高齢者では難しいため
変わって情報を得るようにしましょう

住宅には危険がいっぱい

住宅はデザインと性能ともう一つ大切なことがあります。
それは安全性です。

年齢が30代から50代には快適に住める住宅であったとしても
そのまま高齢にさしかかっても安全に住めるかというと疑問が残るものです。

なぜなら
高齢者と同居するか、自分が高齢となって
不自由にならなければ気がつかないことがいろいろあるからです。

チェック

  • 将来に備えた計画を必ずするべき
  • 危険な場所は階段だけではない【トイレの落とし穴】
  • 階段の手すりは両側に付けること
  • 高齢者の動線と行動を読む
  • 敷居ですらまたげない
  • 可動式の手すりの必要性(自作してみた)
  • その洗面脱衣室は使いやすいですか?
  • 玄関でのつまずき
  • リフォームの参考になるレポート(LINE@特典・無料)
  • リフォーム業者は責任能力で選ぶこと
  • そのリフォーム、適正価格ですか?(リフォームの相場を知る大切さ)
  • 戸建専門か、マンション、アパートが専門かで相場は変わる
  • 専門別のリフォーム業者
  • 将来に備えた計画を必ずするべき

将来に備えた計画を必ずするべき

リフォームに関して以前から、
もう少し考えてから決めたほうが良いと感ずることがたびたびあります。
それは、業者側にとっては頼まれる項目が多ければ多いほど
良いわけですから、あなたの考えを否定することはないからです。
さらに業者側にとって、面倒な仕事は引き受けたくないということも
あると思います。
つまり業者によって得意な事、苦手なことがあるということを知ってください。
ですから、業者さんに頼んでしまってから後悔しないように
何のためにリフォームするのかをもう一度考えることをおすすめします。

危険な場所は階段だけではない
【トイレの落とし穴】

高齢の親がいる家の階段とトイレには手すりを付けていたのですが、
ある日の夜間、「ガタッ」「ドタン」と大きな音が響き、
何の音だと思いその音のした場所に急いで向かった時、
トイレの入口で転倒して呻いていた高齢の親を見つけたのです。

その時にトイレに手すりはあっても、高齢者は入口のドアを開けた時にバランスを崩して転倒するのだと分かったのです。
ですから入口のドアのレバーハンドル付近にこそ手すりが必要だということで、トイレ内部も便座に座るまでの手すりも必要だということになります。
全てをこのページでは載せきれませんので、続きは以下のサイトをごらんになってください。



高齢者のためのリフォームの盲点、高齢の親が身をもって示した危険性とは