世界遺産:高野山 蓮華乃会
蓮華乃会事務局

世界遺産高野山

弘法大師空海の手で
密教の道場が開かれてから
千二百年の時を刻んでいます

 高野山は今から1200年前、弘法大師空海が修行道場として
海抜およそ900mの紀伊山地の上に開けた聖地です。

2004年7月に世界文化遺産に登録されました。

世界遺産高野山は歴史や文化、自然などが凝縮した
素晴らしい景趣を誇っています。
高野山の広い境内の中には様々な名所が存在します。

世界遺産高野山を巡る
壇上伽藍

主要な法会の行われる高野山の中心で、金堂や根本大塔など諸堂が建並びます。

大門

高野山の入り口にそびえる五間二階の楼門で、一山の総門です。

金堂

平安時代半ばから、高野山の総本堂として重要な役割を果たしてきました。

六角経蔵

鳥羽法皇の皇后である美福門院が、鳥羽法皇の菩提を弔うため建立された経蔵です。

蓮池

干ばつに苦しむ人々を救うために善女竜王像と仏舎利を祀った池です。

高野山大師教会

本尊には弘法大師、 脇仏に愛染明王と不動明王が奉安されています。

中門

金堂の正面手前の一段低い所に、礎石のみを残す中門。

山王院

御社の拝殿として建立された、両側面向拝付入母屋造りの建物です。

御社

お大師さまが山麓の天野社から地主神として勧請し、高野山の鎮守とされました。

金堂

平安時代半ばから、高野山の総本堂として重要な役割を果たしてきました。

奥之院

高野山の信仰の中心であり
弘法大師さまが
御入定されている聖地です

生き続ける大師様へ
「生かされている命」自分史の記録

世界遺産高野山
蓮華乃会の活動

 永代供養とは、寺院が責任を持って先祖と死後の供養と管理を永代に渡って行うことです。

 永代供養が注目を浴びてきておりますが、何故なのでしょうか。

 本来、死者や先祖供養は身内が行うものですが、核家族化や少子高齢化など様々な事情でお墓参りに行けない人には、

 とても有り難い慰霊の手段となってきております。 時代背景もありますが、一生独身であったり、身寄りがいない人で

 あったり、自分の死後の面倒を身内に迷惑をかけたくないと理由で選択する人達が増えてきているのです。

 永代供養は宗旨・宗派の制約を受けませんので、永代供養をするにあたり改宗や入信を求められこともなく、現代人に

 とっても抵抗感なく受け入れられやすくなっております。

 お墓との一番の大きな違いは、生前から申し込みが可能で生前供養が可能なことです。生前供養は縁起がよく、長生き

 すると言われてます。現代において終活という言葉を耳にする機会が多くなりましたが、終活とは「人生の終わりをよ

 り良いものとするため、事前に準備を行うこと」です。永代供養は生前から行うことが可能です。

 死んでから慌ててするのではなく、身辺整理をして残された家族に迷惑をかけることなく安心して余生を過ごす。

 これからの時代に益々必要になってくるのではないでしょうか。

 そこで蓮華乃会は、永代供養ではなく、宗派・国籍を問わず、芳名刻印と言う形で、世界遺産高野山に名前を永久に刻

 む「自分史の記録」を提供いたします。


名だたる雄藩の廟所が並ぶ奥の院

高野山の「奥の院」には、歴史に名を遺した数多の偉人の魂が祀られています。
特に多いのが織田信長、明智光秀、武田信玄、上杉謙信といった、
いわゆる戦国武将を祀ったものです。

その名を聞けば歴史に詳しくない人でも知っているような著名な人物たちです。
生前、敵として戦った間柄の人物が同じところに祀られています。
主義主張も信仰していた宗派も違った人々の供養塔が、高野山に集まっています。

世界遺産高野山だけが全国各地の寺院の中で、特別な存在なのです。


蓮華乃会
千年看板(千年招牌)
「芳名刻印」


織田信長や豊臣秀吉など戦国武将をはじめ、
諸大名の墓や石塔と樹齢数百年の高野杉の並ぶ
神聖な世界遺産エリアに建立

蓮華乃会
千年看板(千年招牌)「芳名刻印」について

世界遺産高野山の聖地の中で奥の院に通じる公園墓地に
建立する千年看板(千年招牌)に「芳名刻印」します。
合祀墓にしなかったのは理由があります。
それは、そもそもお墓は不要との考えの方が増えている一方で、
既に菩提寺があったり、個人的に納骨堂を用意していたりして
合祀墓などに納まらない方も相当数いらっしゃるという時代の
趨勢(すうせい)があったからです。
これを永代にわたり守り続けていくことが、
私たち蓮華乃会の最重要の使命だと心得ています。

蓮華乃会会員の声
芳名刻印実施者様

蓮華乃会に入会し、高野山に芳名刻印をさせていただく機会をいただき感謝です。毎年高野山へ参拝に行っています。
50代 女性
緑に恵まれた自然環境、充実した蓮華乃会の管理システムが気に入り両親と妻と子供たち全員で芳名刻印しました。
50代 男性
いままで訪れることができなかった高野山に蓮花乃会とご縁をいただき「芳名刻印」を主人としました。先日参拝することができ家族一同喜んでいます。
60代 女性
高野山に供養塔を建立したかったのですが、いろいろ条件が合わず、高野山の関係者の方から蓮華乃会を紹介いただき芳名刻印しました。大変満足です。
70代 男性
高野山に供養塔を建立したかったのですが、いろいろ条件が合わず、高野山の関係者の方から蓮華乃会を紹介いただき芳名刻印しました。大変満足です。
70代 男性

世界遺産:高野山に永遠に名前を刻む

<<高野山は開創1200年>>

 816年、弘法大師空海が開いた高野山は、2004年に

 世界遺産に登録されました。

 そして2015年に開創1200年を迎えました。

 半世紀に一度の記念大法会の開催で、

 国内はもとより、海外のニュースでも大きく取り上げられました。

蓮華乃会は 

 高野山の聖地にあなたやご先祖様のお名前が刻まれ

 日々欠かす事無く、ご先祖様や皆様の浄福をお祈り頂けます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アステリア
蓮華乃会


代表理事 中崎克彦
理事  竹内良樹
理事 大西英一郎

設立年 平成27年1月1日
TEL 052-957-3585
住所(本部所在地) 〒460-0002 
名古屋市中区丸の内3-5-10 名古屋丸の内平和ビル
(旧:住友商事名古屋丸の内ビルディング)

事業内容
蓮華乃会の運営
世界遺産:高野山千年看板(千年招牌)の管理