レナセルは公式サイトが最安値?お得に始められる店舗は?

レナセル
エイジングケア美容液のレナセル(renacell)は、公式サイトから買うのが最安値です。

\ 初回1,980円!90%オフキャンペーン中 /

レナセルは公式サイトの定期便が最安値!

レナセルは遺伝子検査の結果に基づいて自分の肌質に合ったアプローチをしてくれる美容液です。

遺伝子検査が付いてるなんて高額化粧品なのでは…と思ってなかなか挑戦しづらいですよね。


確かにレナセルの通常販売価格は1回の遺伝子検査に必要な費用が税抜24,800円、美容液が1個税抜19,800円、合計で税抜44,600円です。決して安い金額ではありません。

しかしそんな高額なレナセルを4万円以上安く購入できる方法があるんです!

それが公式サイトの定期便です。


遺伝子検査キット1回分と美容液約1ヶ月分がセットになって、なんと税抜3,980円で利用できるんです。

さらに送料無料で、2回目以降も美容液が通常価格から35%オフの税抜12,800円で購入できます。

この定期便には最低4回以上の継続が条件となっていますが、こんなにお得に購入できるのであれば、4ヶ月間試してみる価値はあります。

現時点ではレナセルは公式サイトのみでしか購入できません。

その為公式サイトの定期便は、レナセルの最安値購入方法なのです。

解約する時の手順

レナセルを解約する時は、メーカーのお客様サポートセンターに電話をかけます。

電話が繋がったら、オペレーターに解約をしたい旨を伝えて、オペレーターの質問に答えていきます。


お客様サポートセンターは、平日の10時から18時が受け付け時間になっています。

メーカーの休業日を挟む場合は、解約期限をしっかりと確認しておきます。


オペレーターに解約したい旨を伝えたら、先方から解約したいコースと購入者氏名と登録電話番語と解約理由が聞かれます。

この時にオペレーターから解約した後のデメリット等が教えられるが、これにより解約を渋られたりする事はないです。


解約の手続きは、次回お届けの10日前までに行う事です。

オペレーターに必要事項を伝えると、その場で解約が行われます。

基本的にはこれで終わりで、解約手続きは完了です。

所要時間は大体5分から10分もあれば大丈夫で、仕事や家事の合間にサッと解約が出来るのは良いです。

定期コースは継続回数の縛りがないため、いつでも解約が出来るようになっています。


レナセルの全成分を挙げて説明

レナセルの全成分の名前を取り上げて、成分の効果を説明します。


レナセルには3つの主役成分が含まれており、プロテオグリカン、アクアタイド、ロイヤルビオサイトが含まれています。

プロテオグリカンは肌のしみやたるみを防ぎ保湿を与えコラーゲンの育成を目指します。

アクアタイドは保湿の役割もしますが、老化と共に蓄積した不要なものを食べてくれる役割をします。

さらにロイヤルビオサイトはコラーゲンの育成を高める役割をし、サポートします。


しわを改善する成分としてはナールゲン、プロジェリン、リフトニンの成分が役割を果たします。

ナルールゲンにはコラーゲンの維持、プロジェリンはタンパク質を抑制し、リフトニンは肌のはりを作る役割をします。

乾燥に働きかける成分としては、HA-4、ヒト型ナノセラミド2.6、ヒアロオリゴ、ヒアロリペアの成分が含まれています。

HA-4は高保湿成分が入っており、ヒト型ナノセラミド2.6は保湿に関する浸透を高める役割をします。

ヒアロオリゴはヒアルロン酸と同じように保湿力と浸透を高め、栄養の流れをよくします。

ヒアロリペロはこれに加えて肌を守る機能をする効果も期待出来ます。


しみに関してですが、浸透型ビタミンC、複合機能ビタミンC、保湿型ビタミンCの3つが主に期待出来る成分であり、特にビタミンCに関係する成分が多く含まれています。

浸透型はビタミンCの浸透率よくし、複合機能はヒアルロン酸を作る効果があります。

保湿型はビタミンCとグリセリンが合わさり、保湿力を高めて肌をきれいにする役割があります。


以上がレナセルの全成分になります。


レナセルの使い方での最大の注意点

レナセルは美肌を求めている人にとってはかなり有益な美容液となる商品だと言えます。

しかし、正しい使い方を知っておかないといけないので、そこは注意をしておきましょう。


レナセルの使い方における最大の注意点というのは、やはりこれ単独では足りないということです。

レナセルはオールインワンアイテムではないという点が注意点で、レナセルを使用した後に乳液やクリームを使っていくことが理想となるのです。

レナセル自体に保湿力が備わっているので、人によってはこれで終わらせてもいいかもしれないですけど、上から蓋をしないとその保湿力が飛んでしまうことがあるのです。

だから、理想を言うならば、レナセルを使用した後にさらに乳液やクリームを使っていくということを考えておきましょう。


レナセルの使い方に関しては必ずしも正解があるとは言えませんが、レナセルは美容液としての位置づけになるので、保湿力をより発揮させるためにはこういったことも考えておいてほしいと言えます。


評判では保湿に優れているという声がある

レナセルは美肌にとって重要な役割を果たすことができる美容液で、アンチエイジング効果も持っているので、年齢を問わず多くの人たちに使ってもらうことができます。

そして、このレナセルにはいろいろな評判があることが確認できます。


どれもが肌にとってメリットを感じさせるものではありますけど、その中には保湿に関するものがあります。

このレナセルを使うとかなり潤いを感じられるという声が実際にありますし、それは要するに保湿力に長けているという評価になるのです。

レナセルは乾燥肌などにも効果を発揮することができるということで、これはレナセルの魅力として考えて良い部分です。

全員が同じように感じるとは言えませんが、レナセルを使うことで乾燥に悩まされていた人がその乾燥を感じづらくなったという声もあるので、保湿力はきちんとあると考えて良いと言えます。


乾燥で悩む人は結構多いでしょうし、レナセルの評判に関してはこういう部分も含めて特徴を捉えてほしいのです。